「洗濯」の豆知識

「洗濯」の豆知識




「洗濯」の豆知識をまとめています。





詳しくは、
下記をご参照ください。



「撥水生地」の「撥水性」を復活させる方法


「撥水生地」の「撥水性」を復活させる方法があります。
「撥水生地」メーカーが提示する内容でもあるので、
公式WEBなどにも掲載されているはずです。
「撥水生地」の種類によって、
方法が若干異なるようなので、
「洗濯表示タグ」や「公式WEB」などで、
実行前に必ずご確認下さい。



「撥水生地」の仕組みは、
「撥水基」と呼ばれる微細な「突起」が、
いくつも立ち並ぶことで、
水を弾く仕組みを構成しています。
「撥水基」は、水の分子よりも細かいので、
「撥水基」が立ち並ぶと隙間に入ることができなくなります。
「撥水基」によって
「撥水生地」に染み込むことができなくなった水は、
表面を流れるように弾かれます。

「撥水生地」の防水は、
「撥水基」による仕組みによるものです。



「撥水機能」が弱くなった状態というのは、
「撥水基」が倒れたりしてしまうことで、
水の分子が入る隙間ができている状態です。


「撥水機能」は、
「撥水基」の状態を元に戻すことで、
「撥水力」が復活するようになっているそうです。
「撥水基」を起こして、規則正しく立ち並ぶようにすることが重要です。



「撥水生地」と呼ばれる生地の種類

「撥水生地」には、

・ゴアテックス社製品

などの様々な種類の生地があります。

それぞれの生地で、
処理方法が若干異なる可能性があります。
公式WEBや、「洗濯タグ」で処理方法をご確認下さい。




「撥水力」を復活させる方法

「撥水力」を復活させる方法は、
「撥水基」を起こしてあげる作業になります。


「撥水基」を起こし復活させるには、
・洗濯をする
・乾燥させる
・熱を加える
という作業だけです。

簡単に言えば、
・乾燥機をかける
・ドライヤーをかける
・低温アイロン(80~120℃)をかける
という方法があります。


「乾燥機能付き洗濯機」であれば、
乾燥までを行えば、
「撥水力」が復活するそうです。

「ドライヤー」の「熱風」でも、
「撥水基」が起き上がり、
復活するそうです。


洗濯後に、
陰干しをして乾燥させた後、
低温(80~120℃)のアイロンを、
必ず「あて布」してかけると、
「撥水基」が立ち上がるそうです。


「アイロン」は、
「高温」でかけると、
「撥水生地」「ゴム部分」などが溶けてしまうので、
「絶対NG」の行動とのこと。



「撥水性能」が復活しない場合の対応策

「撥水基」が立ち上がらず、
「撥水性能」が復活しない場合は、

・市販の「撥水スプレー」を使う
・撥水剤を使う

などの方法もあります。
しかし、
注意が必要です。

「撥水スプレー」「撥水剤」の中には、
「透湿性」を失わせてしまうものがあります。
「透湿生地」には、
「ニクワックス」などの専用の撥水剤を使用します。


「撥水剤」は、
繊維を個別にコーティングするので、 どのような繊維にも使えます。
「撥水剤」に漬け込むことで、
繊維を全体的にコーティングします。
プロも「撥水剤」を利用して、
撥水効果を適用しています。

「撥水剤」は、
温度管理をしっかりすることが大切。


Back