【掃除】「キッチンコンロ掃除」の豆知識

【掃除】
「キッチンコンロ掃除」の豆知識




「キッチンコンロ掃除」の豆知識をまとめています。


「油汚れ」や「焦げ付き」が多い「キッチンコンロ」は、
「キッチンコンロ」使用後に、
一拭きするだけで、
綺麗な「キッチンコンロ」を維持することができます。


詳しくは、
下記をご参照ください。



「キッチンコンロ」を綺麗にする方法


「キッチンコンロ」を綺麗にする方法は、
・使用後の拭き取り(キッチンペーパー・布など)
・日々の軽い汚れには「台所用中性洗剤」
・「油汚れ」は「アルコールスプレー」で綺麗にする
・「油汚れ」は「重曹スプレー(アルカリ性洗剤)」で綺麗にする
・しつこい汚れにはまず「タワシ」「ブラシ」
・焦げ付きには「スチールウール」
などの方法があります。


「キッチンペーパー」は「油汚れ」を凄く吸収してくれる

「キッチンペーパー」は、
キッチンでは必須のアイテムです。

料理にも使えて、
掃除にも使える、
かなり万能なアイテム。

キッチンの日々の「油汚れ」は、
「キッチンペーパー」で軽く拭くだけで、
かなり綺麗な状態を維持できます。

換気扇周辺の「油汚れ」も、
かなり吸収してくれます。



日々の軽い汚れには「台所用中性洗剤」

「キッチンコンロ」は、
「油汚れ」が主な汚れです。
定期的に「台所用中性洗剤」を
「キッチンペーパー」「スポンジ」「布」
などに付けて、拭き取るだけで、
綺麗になります。


「油汚れ」は「アルコールスプレー」で綺麗にする

「アルコール」は、
「油」を溶かす性質があるため、
「油汚れ」を綺麗に落とすことができます。

洗剤の種類にも寄りますが、
「油汚れ」なら「アルコール」の方が綺麗になります。 「中性洗剤」は、
「油」を中和できないので、
「アルコール」の方が「油汚れ」を落とせる性質を持っています。


「油汚れ」は「重曹スプレー(アルカリ性洗剤)」で綺麗にする

「油汚れ」は、
「酸性」の汚れなので、
「アルカリ性」の洗剤で「中和」することで、
かなり綺麗にすることができます。

「重曹」は、
比較的強い「アルカリ性」物質なので、
水に溶かしたり、
ペースト状にしたりすることで、
「アルカリ性洗剤」として使用することができます。


Back

「五徳」を綺麗にする方法


「五徳」を綺麗にするには、
・日々の軽い汚れには「台所用中性洗剤」
・頑固な汚れには「つけ置き洗い」
・酷い汚れには「煮沸洗い」
・食器洗浄機に入れて洗う
などの方法があります。



掃除が終わった後は、
焦げとサビ防止に「サラダ油」を塗っておくと良いようです。


「ステンレス製五徳」の「変色」には、
専用のクリーナーがあります。


Back

「焦げ付き」には「スチールウール」



「スチールウール」は、
本当に汚れが良く落ちる。
「五徳」の「焦げ付き」などにも最適です。


ですが、
「キッチンコンロ」によっては、
「スチールウール」が「NG」のものもあります。
説明書を必ず読んでから実行してください。

テフロン加工してあると、
簡単に削り取ってしまうので、
「スチールウール」は絶対に使用しないこと。


「ガスコンロ」の
硬くなった「焦げ付き」が落ちない時などは、
「スチールウール」で優しくこすってあげると、
ほとんどの「焦げ付き」を落とせます。

力を入れすぎると、
素材を簡単に傷つけるので注意。



「スチールウール」は、
「鉄」の細い糸をまとめたものなので、
繊細ですが、強力で、汚れを削り落としてくれます。
「鉄」なので、
強く削り過ぎると、素材を簡単に傷つけます。
使用にはご注意ください。



「スチールウール」の良い点は、
「汚れ」を凄く落としてくれることと、
価格が凄く安いところ。

100円ショップでも購入できるので、
かなりお手軽。
100円なのに、6個ぐらい入っています。



「スチールウール」は、着火剤としても使えます。
着火した後に、酸素濃度が濃くすると、
凄く燃焼します。
空気中でも、地味に燃えるので、
「新聞紙」の下に、「スチールウール」を置き、
その上に、「薪」を組んだら、
比較的簡単に、着火することができます。
「火吹き棒」で酸素を送り込むと、赤く激しく燃焼します。


「スチールウール」を伸ばして、
電池の両端に触れさせても、
着火することができます。


Back