【Car Life - OutDoor】車内で家電製品を使う方法





車の中で、
自宅で使っている家電製品や、
修理のための電動工具などを使うためには、
大きな電力が必要になります。


最近では、
車の電気を、
家庭用レベルの電気に変換できたりします。

「大容量バッテリー」の性能も上がり、
「1000W」以上の家電製品・電動工具も使えるようになっています。


車で使える電源情報をまとめています。








定格出力「1500W(最大3000W)」のインバーター


車の電気を、家庭用の「100V」の電気に変えてくれる「インバーター」で、 ドライヤーや、電動工具も使えそうな「1500W」のアイテムがありました。
一時的なら最大「3000W」まで対応するらしいです。

なんだか凄いインバーターなので、 ちょこっとメモがわりに掲載。

購入はしていません。
数値だけで、気になって掲載しているので、 購入検討の方は、自身で調査検討をお願い致します。


価格も1万円ほどなので、 車に一台、置いておいても良さそうな気がします。


簡単な車の修理にも役立ちそう。



Back





定格出力「1800W」の大容量バッテリー「Jackery ポータブル電源 1500」


大容量バッテリーの人気ブランド「Jackery」の最高クラス「Jackery ポータブル電源 1500」。
定格出力が「1800W」なので、 プロ仕様の電動工具も使えるハイパワー電源。


最高クラスなので、価格も18万円ほど。
かなり高価ですが、使用頻度が高いのなら、 最高クラスを持っていた方が あとあと後悔はしなそう。



Back





車内で家電製品を使うには


車の中では、
自宅のように家電製品を使うことはできませんが、
色々なツールを使うことで、
車の中でも、家電製品を使うことができます。


車で、家電製品を使うためには、


などが必要です。


「インバーター」は、
車の「12V」の電気を、
家レベルの「100V」に変更して、
家電製品を動かすことができる機械です。
「インバーター」の種類は、たくさんあって、
「ワット数」が大きいほど、
電力を多く必要とする家電製品を使用することができます。

「1200W」のドライヤーは、
「1500W」ぐらいの電力へと変換できる「インバーター」でないと、
正常に動作してくれないはずです。


「大容量バッテリー」は、
車や家の電気で充電して置いた電気を、
家庭用の「100V」の電気で出力することで、
家電製品を動かすことができます。

「大容量バッテリー」にも、
「ワット数」が関係してきます。
「400W」の大容量バッテリーでは、
「1200W」のドライヤーは、使用することができません。
「1200W」のドライヤーを使用するには、
定格出力が「1500W」以上ある「大容量バッテリー」が必要になります。

「大容量バッテリー」を選ぶときは、
「定格出力」に記載されている「ワット数」が重要になります。
「定格出力」の「ワット数」が大きい「大容量バッテリー」ほど、
プロ仕様と言われ、高額な商品になります。


Back





家と車の電気の違い


車と家の電気の違いは、「電圧」です。

車では、バッテリーの「12V」か「24V」の電気が使用できます。
普通の自動車は、「12V」のバッテリーで、
大型のトラックなどになると「24V」のバッテリーが使われています。

自宅の電気は、通常「100V」が主流で、
工事などをすることで、「200V」に変更することも可能です。


要するに、
家電製品は、「100V」の電気であれば、通常に機能します。
「100V」の電圧と、十分な「電流」があれば、
車の車内でも、家電製品は使えるということでもあります。


Back



; ;