「バイク(二輪車)」の豆知識

「バイク(二輪車)」の豆知識




「バイク(二輪車)」の豆知識をまとめています。





詳しくは、
下記をご参照ください。



「バイク」の「排気量(cc)」とは


「バイク」の「排気量(cc)」は、
「バイク」が、
「エンジン内部」に、
取り込むことができる「空気」「燃料」の量
を示しています。


「エンジン内部」に、
取り込める「空気」「燃料」が多くなれば、
「爆発力」が上がり、
「エンジン」の「パワー」が大きくなる。


「排気量(CC)」の数字が大きいほど、
「パワー」が向上し、
・加速が速くなる
・最高速度が向上する
ことに繋がります。




「排気量(cc)」別の特徴

排気量(cc)特徴
〜50cc 排気量「50cc」までの「バイク」は、
主に「原動付自転車(原付)」と呼ばれる。
「スクーター」と言われる種類が多い。

運転するのには、
・「普通自動車免許」
・「原付免許」
・「小型二輪免許」以上
が必要。

「原付免許」は、
「1日」で取得できる。

「車体」「税金」も安く、
「車両重量」が軽く、扱いやすい。
初心者にも運転しやすい。


注意点は、
・制限速度「30km」までの走行しかできない
・「片側3車線(右折車線を含む)」以上の道路での「右折」は、「2段階右折」
などの「制限」がある。
51cc〜125cc 排気量「51cc〜125cc」のバイクは、
「原付二種」と呼ばれる「バイク」。

運転には、「小型二輪」以上の「免許」が必要。

「税金」も「原付(〜50cc)」と同様に安く抑えられる。

「原付(〜50cc)」での
・走行制限「時速30km」
・2段階右折
などの制限もなくなります。

扱いやすく、
「税金」も安い
とても便利なバイク「原付2種」。
126cc〜250cc 排気量「126cc〜250cc」のバイクを運転するには、
「普通自動二輪」以上の「運転免許」が必要になる。
「車検」がないのも特徴で、
「バイク」を「維持」しやすいのも特徴。
その分、メンテナンスが疎かになりやすいので、
注意が必要。

「126cc〜250cc」の排気量を持つ「バイク」から、
「走行性能」が飛躍的に向上する。
「車体重量」が軽量で、
「スピード」も出やすい車種が多く存在する。
〜400㏄ バイクは、
「256cc」以上から「車検」を実施する必要が出てきます。
バイクの重量も増えてきますが走行性能も高く、パワーのあるバイクが増えてくるので一定の技量が要求されることになります。 この区分からナンバープレートに緑の縁がつくようになります。
401cc〜750㏄ 「401cc」以上から、
必要になる免許証が、
「大型二輪免許」となります。

「エンジン」のパワーが強くなり、
高速道路を安定して走行できる「排気量」。

ひと昔前は、
「750㏄」は、
「ナナハン」と呼ばれていた。
751cc〜 「751cc」以上になると、
バイクメーカーの「最上位クラス」のバイクになります。

あらゆる機能が、
その時代の最高性能を有した部品が使われており、
走行性能が最高峰のバイクが並びます。

高性能すぎることもあり、
日本の公道では、
とても扱いきれないぐらいの性能で、
価格もかなり高くなります。


Back