Life
Car Life





【Car】「研磨剤」で傷を修理する方法

【Car】
「研磨剤」で傷を修理する方法




車にできた軽い傷は、
「研磨剤」で綺麗にすることができます。


「研磨剤」を付けて、
磨くだけなので、凄く簡単です。


ですが、
落とし穴もあります。
「研磨剤」で傷を治す方法は、
表面のコーティングを
少しずつ削ることで、
綺麗な状態にします。

何度も「研磨剤」で磨くと、
コーティングが全て取れてしまう可能性があります。
磨きすぎには、ご注意ください。


細かい傷を修理する方法には、
コーティング材を使用する方法もあります。
コーティングすることで、
傷を失くす方法なので、
研磨をして削る必要がありません。
予算が高くなりますが、
「コーティング剤」での補修も良い方法です。



光を当てると見える細かい傷を消す方法


細かい傷を修理する方法は、

・研磨
・コーティング

という方法があります。


細かい傷は、
光を当てたり、斜めから見ると、
とても目立ちます。
多くなると、車体全体の輝きがなくなって見えるので、
とても気になり始めます。


光を当てたりしないと見えないぐらいの傷なので、 放置しておいても問題はないですが、 車を大切に綺麗に乗りたいのであれば、 メンテナンスをしてあげた方が良いと思います。


「細かい傷」ぐらいだと、
「研磨」か「コーティング」で、
傷も消え、車もピカピカになりますが、
どちらが良いかというと、
「コーティング」する方が良いと思います。


「研磨」は、
回数を重ねると、
表面のクリアコーティングをすべて削ってしまうことがあり、
輝きを失ってしまい、塗装を剥がしてしまう古都にもなります。
結果として、再度クリアコーティングなどをし直すことになり、
修理費用がかなり高くなってしまいます。


「コーティング」での修理は、
「研磨」より料金は割高ですが、
表面のコーティングを保護してくれます。
「コーティング」効果の持続性が短いものもあるので、
持続性については、考慮が必要です。


Back

「研磨剤」で傷の修理をする方法


「研磨剤」で傷の修理をするには、

・研磨剤
・液体研磨剤

を使用します。




「研磨剤」による修理に必要な道具

・研磨剤
・液体研磨剤
・ウェス or スポンジ(研磨剤の番手ごとに1つずつ必要)
・ポリッシャー


「研磨剤」で面倒なところは、
研磨剤の番手ごとに、
「ウェス」「スポンジ」
を交換しなければならないこと。

研磨剤を変更するときには、
専用の「ウェス」「スポンジ」を使用します。


理由は、
粗い研磨剤の粒子が残っていると、
粗い研磨を続けることになり、
綺麗な表面にならないという現象が発生するから。




研磨する順序

・液体コンパウンド #9000(鏡面仕上げ用)

・液体コンパウンド #7500(仕上げ用)

・液体コンパウンド #3000(傷消し用)

・クリーム研磨剤 極細

・クリーム研磨剤 中細

・クリーム研磨剤 細目

・傷が消えた

・クリーム研磨剤 中細

・クリーム研磨剤 極細

・液体コンパウンド #3000(傷消し用)

・液体コンパウンド #7500(仕上げ用)

・液体コンパウンド #9000(鏡面仕上げ用)


一般的には、
「液体研磨剤(液体コンパウンド)」の方が、
目が細かく、とても小さな粒子の研磨剤です。


「研磨剤」による「傷」の修理は、
粒子が小さい(目の細い)、番号の大きな研磨剤から
研磨を始めます。
傷が残っていたら、
一つずつ粒子を大きくした研磨剤に変更します。

それを繰り返して、
傷が消えたのを確認出来たら、
今度は、
一つずつ粒子の小さい、目の細かい研磨剤で磨いていき、
綺麗な表面に仕上げます。


粒子の細かい研磨剤から始めるのは、
無駄な研磨をしないためです。
細かい粒子の研磨剤で傷が消えるのであれば、
最低限の研磨で済みます。

コーティングをできるだけ残すための方法になるので、
必ず守りたい手順になります。



Back

おすすめの液体コンパウンド「ソフト99 液体コンパウンドトライアルセット」





この「ソフト99 液体コンパウンドトライアルセット」は、凄いです。
愛用していますが、
少しの傷は、このセットで簡単に消えます。
「3000番」の液体コンパウンドは、
使用しすぎると、クリア塗装を全部はがしてしまうので、 注意が必要です。


傷が出来たら、まず「ソフト99 液体コンパウンドトライアルセット」を試してみましょう。
「7500」でも、綺麗な鏡面仕上げになりますが、 「9800」は、凄く鏡面仕上げ。

丁寧に作業すれば、 新車のようにピカピカになります。


Back

おすすめのポリッシャー「プロスタッフ シャインポリッシュ」



「プロスタッフ シャインポリッシュ」を購入してみて、
届いた時は、
「大きすぎだぁ」と思ってました。
あまり使わないかも・・・・とも。


でも、
使ってみると。。。。。。。
凄く使い勝手が良い。

音も静かなので、
DIYでやるのにもちょうど良く。
回転数も、
車を磨きあげるのに
ちょうど良い回転速度でした。

凄く使える。
車の磨きが簡単になりました。

簡単に磨きができるので、
磨きすぎに注意。

クリア塗装を簡単に削り落とせるので、
粒子の粗い液体コンパウンドを使いすぎると、
塗装を簡単に剥がしてしまいます。




ポリッシャーは、
広範囲の磨きなどをするときに、
あるとかなり便利なアイテムです。
回転専門の電動工具「サンダー」との違いは、
回転だけでなく、ランダムな縦横方向の振動が加わっています。


研磨剤や、傷消しワックスなどで、
傷が消えそうな場合は、
ポリッシャーを使うと、
簡単に綺麗にすることができます。


深い傷は、表面を綺麗に整えた後であれば、
最後は、ポリッシャーで綺麗に仕上げることができます。


ポリッシャーは、
一つ持っていると便利です。


Back