Life
Car Life





【Car】小さな塗装範囲に塗装スプレーをする方法

【Car】
小さな塗装範囲に塗装スプレーをする方法




小さな範囲にスプレー塗装をするにはコツがあります。

全体にスプレー塗装をするより、
一部分にだけ、
スプレー塗装をする方が難しい。



コツとやり方を知れば、
比較的簡単に、
部分的なスプレー塗装ができます。



塗装範囲以外をマスキングする方法


塗装の時の
一般的な方法が、
「マスキング」です。


塗装する部分と塗装しない部分の
境界線をはっきりとさせたい場合は、
マスキングテープを張り、
完全にカバーした状態で、
スプレー塗装をします。


乾き始めたら、
マスキングテープを剥がすと、
綺麗な境界線ができる塗装ができます。


マスキングテープを丁寧に張れば、
それだけ綺麗な境界線ができます。


マスキングテープを剥がすタイミングも重要で、
塗料が半乾きの状態で、
マスキングテープを剥がします。

完全に乾いた状態で、
マスキングテープを剥がすと、
塗料まで、一緒に剥がれてしまいます。


Back

厚紙に穴を空けて塗装範囲を絞る方法


スプレー塗装は、
塗装が広がる範囲が大きくなりがちです。

塗装したい範囲以上に、
スプレー塗料が広がってしまうのは、
失敗の原因になります。


スプレーの広がる範囲を抑えたい時は、
「厚紙」「段ボール」などの中心に、
塗装範囲より少し小さい穴を空けます。


「厚紙」「段ボール」の穴をかざして、
その上から、スプレー塗装をすると、
範囲が広がらないので、凄く便利です。


境界線をはっきりさせたいときは、
塗装対象面に重ねて、スプレー塗装をします。

境界線をぼかしたい場合は、
塗装対象面から距離を開け、スプレーをすると、
その距離に比例して、ぼかしが大きくなります。


小さな塗装面に塗装をするときの必須の技術です。


Back