Life
Car Life





【Car】「デントリペアハンマー」を使って「凹み」を治す方法

【Car】
「デントリペアハンマー」を使って「凹み」を治す方法




「デントリペアハンマー」は、
凹みの仕上げや、細かい微調整に使える凹み修理ツール。

凹みは、凹みの輪郭部分を叩くと、平らになるので、
ピンポイントで、凹みの縁を叩ける「デントリペアハンマー」は、
とても使えるツールです。

使い慣れてくると、どんな凹みでも使うツールになるので、
1番最初に購入すべき「凹み修理道具」かもしれません。



「デントリペアハンマー」とは



「デントリペアハンマー」は、
打撃による衝撃で、凹みを治すためのツールで、
主に凹みの周辺部分を叩く事で、
凹みを治す作業に使用されています。

どのような凹みでも使用する道具なので、
1番最初に購入するべき凹み修理ツールです。


「デントリペアハンマー」は、
「ポンチ」という「杭」のような先端が細くなっている道具を使って、
凹み修理で、打撃による衝撃を加えていきます。

「ポンチ」は、先端が細くなっているものや、
丸いもの、平らなものなど色々な形が用意されている。


「デントリペアハンマー」には、
下記のような「ラインボード」が必須です。



ボディの軽い凹みは、
場所をしっかりと把握して、
形状にあったポイントに、
衝撃を与える必要がありますが、
修理を進めていくと、
凹みが徐々に認識しにくくなります。

見当違いの場所を叩くと、
逆に凹みを作ってしまいます。


Back

「デントリペアハンマー」で凹みを治す原理


凹みは、
凹みの周辺の「凹みの際」が丸まる事で、凹みが始まっているので、
「凹みの際」の丸みを叩く事で、平らにすると、
凹みが治る力が生まれるという原理があります。

「デントリペアハンマー」は、
凹みが始まる「凹みの際」を叩いて平らにして、
凹みが治る力を利用するので、
大きい凹みや小さな凹みにも利用できます。

凹みは、
「凹みの際」が、「山なり」になることで、
角度が生まれ、凹み中心部が深くなっています。
「凹みの際」が、「平ら」になると、
凹み中心部も自然と浮かび上がってきます。

「デントリペアハンマー」で叩いて治すのは、
技術が必要で、むやみに叩くと、
新たな凹みを作ってしまったり、
凹みを悪化させてしまうこともあるので、
注意が必要です。


Back

「デントリペアハンマー」の使い方


「デントリペアハンマー」は、
直接凹みを叩くのではなく、
「ポンチ」と呼ばれる「杭」のようなセットになっている道具を使って利用します。


「デントリペアハンマー」で、叩いて凹みを治すには、
凹みの際にある、曲がり初めの部分を叩く事で、
平らに戻る力が生まれます。

凹みは、
「凹みの際」が、「山なり」になることで、
角度が生まれ、凹み中心部が深くなっています。
「凹みの際」が、「平ら」になると、
凹み中心部も自然と浮かび上がってきます。


「凹みの際」を少しずつ叩きながら、
慎重に「デントリペアハンマー」を使用していきます。


Back