Life
Car Life





【Car】冷却スプレーを使って凹みを治す方法

【Car】
冷却スプレーを使って凹みを治す方法




車の軽い凹みは、
「冷却スプレー」で冷却することで、治る事があります。

物質の温度変化によって
「収縮」「膨張」する力を利用した方法で、
「冷却スプレー」で急速に冷却することで、 凹みを治す力を発生させる方法です。


冬になると
自然の「冷却」による
物質の温度変化によって、
凹みがいつの間にか治ったりすることもあります。

冬の凹み修復力は、
かなり強力です。
車全体が冷やされるので、
収縮力もかなり強いようです。



「冷却スプレー」で治る「凹み」の特徴


「冷却スプレー」で治る「凹み」の特徴は、

・軽い凹み
・小さな凹み
・線や角度がない凹み

という特徴があります。


「冷却」による「収縮距離」が短いので、
大きな凹みや伸びた金属を戻せるほどの「収縮力」がありません。
何度も繰り返すことで、少しずつ治る可能性はありますが、
かなりの「時間」「労力」「資金」が必要になります。


寒い冬にドライブをすると、
凹みが治る事があります。

細かい凹みは、冬の寒さを利用してみるのも面白い。
冬に高速道路を長時間走ると、車体がかなり冷えて収縮しそうです。
冬は、自然の熱収縮による凹み修理かもしれません。



暑い夏には、
車体が太陽に熱せられて、
冷却後の温度差が広くなり、
温度差による「収縮」「膨張」が得られやすいです。
「冷却スプレー」による凹み修理には、夏は最適かもしれません。

自然の力を考慮に入れて、対策するのも大切。



「冷却スプレー」で治らない凹みの特徴は、

・深くて鋭い凹み
・鋭角で、線のように見える凹み

などです。




Back

「冷却スプレー」で凹みを治す原理


「冷却スプレー」で凹みを治す原理は、
温度変化による「収縮」「拡張」する力です。
「収縮」「拡張」の力は、急激な温度変化によって、 引き起こされます。

「冷却スプレー」は、 部分的に狭い範囲に商社することによって、 「-200℃」程になるので、 温度差による「熱収縮」が起こり、 冷却部分が収縮により、引っ張られ、 凹みが解消する力が働く。


真冬に凹みが治ることがあるのは、
車全体が冷やされて、寒さで車体が収縮する力が働くから。
自然と凹みが治るのも、温度変化による物体の「収縮」「拡張」が起こるから。


Back

「冷却スプレー」の入手場所


「冷却スプレー」は、
「ホームセンター」「薬局」などの「スポーツ用冷却スプレー」が1番性能が良いと思います。
「工業的な冷却スプレー」を探してみましたが、
見つからなかったので、
「スポーツ用冷却スプレー」か、「LPガス」を使用したエアスプレーなどを利用します。


Back

「冷却スプレー」の原理


「冷却スプレー」は、
スプレー缶内部に充填されている「液体ガス」が、 外部に噴出されたことによって、 「液体ガス」が液体から気体へと気化します。
液体から気体へと気化する時には、 「熱」が必要になります。
気化に必要な「熱」は、周辺から奪うことになります。
スプレーを噴射した直後から、 「熱」が必要になり、「熱吸収」が始まるので、 噴射物が凄く冷たく感じます。

スプレー缶の容量にもよりますが、
噴霧した瞬間、噴射物は、「−200〜−100℃」ほどになります。 人体に直接噴霧すると、とても危険で、 確実に凍傷となります。
細胞が凍りつき、破壊され、死んでしまうので、 とても危険です。


「スプレー缶」の全てが冷却効果があるわけではなく、
「LPG(プロパンガス)」を利用した「スプレー缶」には、 先程ぐらいの冷却効果がありますが、
「フロンガス」を利用した「エアダスター」などは、 あまり冷却効果がありません。
「フロンガス」は、気化する際に必用とする「気化熱」が 「LPG(プロパンガス)」より少ないので、 気化するときに、周囲から熱を奪う必要があまりないのが理由です。

「冷却スプレー」の代用品を探すときに、 「LPG(プロパンガス)」を知っていれば、 簡単に探すことができます。


Back

凹みによっては、周辺から冷却して治す


「冷却スプレー」で、
凹みを直接冷却しても、凹みが治る事がありますが、
効果があまりない場合は、
凹みの周辺から円を描くように冷却していき、
最後に凹みを冷却するようにします。


周辺から冷却するのは、
凹みを引張する力を発生させるためです。
周囲が収縮すると周辺を引っ張る力が働きます。
凹みの周辺を冷やすと、凹みが引っ張られる力働きます。

円を描くように冷却すれば、
360度から凹みを引っ張る力が働くことになります。
軽く、ゆるい凹みであれば、「冷却スプレー」で治ることもあります。


Back