【Car】「車修理」の豆知識

【Car】
「車修理」の豆知識




「車修理」の豆知識をまとめています。





詳しくは、
下記をご参照ください。



INDEX


白くなった「樹脂部品」の「艶」を取り戻す方法


「新車」にしておきたい「メンテナンス」

白くなった「樹脂部品」の「艶」を取り戻す方法


車の部品の中で、
未塗装の「樹脂」でできた部品は、
「太陽光」「温度変化」「雨」「風」などにより、
「樹脂」部分がダメージを受けることにより、
経年劣化することで、白く変化する「白色化」が発生するそうです。
によって、白く劣化していきます。


「樹脂」部品の劣化「白色化」は、
完全に防ぐことは、今のところ難しいと言われているそうです。
劣化「白色化」を予防することは可能なようなので、
その方法をまとめていきたいと思います。



「樹脂」が劣化「白色化」する原因

「樹脂」が劣化して「白色化」するのは、

・太陽光
・温度変化
・雨
・風
・時間

などが原因だと言われています。
完全に予防することは難しく、
劣化「白色化」するのを遅らせることしかできないとのこと。


「白色化」は、
「2年~3年」程で目視できるようになり、
更に放置すると、「白い粉」「ザラザラ感」が発生する。


「白色化」は、経年劣化なので、
「樹脂」部品の「白色劣化」は、素材の性質上避けられないものです。
「直射日光」を避けていても、
必ず発生する劣化とのことです。


メンテナンスで、
「白色化」を遅らせることができるようなので、
定期的なメンテナンスをして、予防します。



劣化「白色化」した樹脂部品の対応策

「白色化」して劣化した樹脂部品への対応策は、

・メラミンスポンジで研磨する
・シリコンスプレーで磨く
・樹脂パーツ用コーティング剤を使用する
・樹脂パーツ用の塗装をする
・ラッピングして隠す
・新品パーツと交換する

・要注意!「PP素材」の場合、耐熱温度140度~180度の温度を吹きかける

などがある。



簡単なのは、
「メラミンスポンジ」「シリコンスプレー」「樹脂パーツ用コーティング剤」
の3つ。
「樹脂」の劣化具合によっては、3つとも効果が無いこともあるそうです。


100円ショップで、
「メラミンスポンジ」「シリコンスプレー」は入手できるので、
気軽に試すことができます。


ですが、
「車種」「樹脂の種類」によっては、
更に悪化する可能性があるそうです。
目立たないところで、少し試してから実行しましょう。


「シリコンスプレー」は、
「石油系溶剤」を使った「シリコンスプレー」は「NG」らしいです。
「樹脂」が変色などをする可能性があるそうなので、
「木材」「プラスチック」にも使える「シリコンスプレー」を選ぶのが必須とのこと。


「樹脂パーツ用のコーティング剤」は、
500円~5000円ぐらいのものまで、
幅広く存在するそうです。
持続効果などが異なるようなので、
説明書をしっかり読んでから選択しましょう。



「メラミンスポンジ」で「白色劣化」を研磨する方法

「メラミンスポンジ」で「白色劣化」を研磨する方法は、
「水」に濡らして「白色劣化」した部分をこするだけです。


「樹脂」の種類によっては、
悪化することもあるようなので、
目立たないところで、少しテストしてから、
全体に使用するのが良いそうです。



「メラミンスポンジ」は、
表面を削っています。
同じ場所を繰り返し強く磨くと、
樹脂に付けられている「シボ模様」が削られてなくなることがあります。

「シボ模様」がある「樹脂」は、
模様で、表面に高低差が発生しているので、
低い部分が、なかなか削れないので、
「白化劣化」が、ポツポツと残ることがあります。



「シリコンスプレー」で樹脂の艶を取り戻す方法

昔から
「白色劣化」した「樹脂」は、
「シリコ―ンオイル」を塗布して、
新品のような「色合い」「艶」に復活させる方法が使われていました。


「シリコンスプレー」は、
「シリコンオイル」を噴霧するスプレーなので、
「白色劣化」に使えるアイテムです。



「シリコンスプレー」で、
樹脂の「艶」を取り戻すには、

「樹脂」部分に直接スプレーするのではなく、
「布」などに吹きかけて、染み込ませるように吹き上げます。


最初は、目立たない部分で、テストをして、
少し時間をおいて、問題がなければ、
全体を磨いていきます。



「シリコンスプレー」には、種類があって、
「プラスチック」にも利用できる「シリコンスプレー」が必要です。



「樹脂パーツ用コーティング剤」で樹脂の艶を取り戻す方法

「樹脂パーツ用コーティング剤」で樹脂の艶を取り戻すには、
ホームセンターやカーショップなどで販売されている
「樹脂パーツ用コーティング剤」を入手する必要がありますが、
色々な種類の「樹脂パーツ用コーティング剤」が販売されているようです。


ネットなどで見かけて、
良さそうな「樹脂パーツ用コーティング剤」は、

・樹脂艶コート
・99工房モドシ隊 ゴム&未塗装樹脂光沢復活剤
・ブラックパーツワン

などがありました。


使用方法は、
それぞれの説明書をしっかり読んで、ご確認ください。



樹脂の「艶」が戻った後、
3年間効果が持続するというコーティング剤も出ている用です。


最新のケミカル材を使用するのも良い方法です。
価格は、
500円~8000円と幅広く販売されているようです。



要注意!【PP素材】耐熱温度140度~180度の温度を吹きかける方法

「PP素材」の場合、
耐熱温度140度~180度の温度を吹きかけると、
「白色劣化」がなくなり、元の樹脂の艶に戻る習性があります。


ただし、180度を越えると、
「PP素材」は溶けだします。
「PP素材」の融点が「180度」のため、
熱すぎて溶けた場合は、取返しがつかず、
新品への交換になってしまいます。


熟知している人だけが利用できる技術なので、
あまり気軽に手を出しては行けない方法です。


Back

「新車」にしておきたい「メンテナンス」


車を購入したら、

・「ボディ」の保護コーティング
・「ガラス窓」の撥水コーティング
・「樹脂パーツ」の保護コーティング
・「ゴムパーツ」の保護コーティング
・「タイヤ」の保護コーティング

などのメンテナンスをしておきたい。


各パーツに、
安全に長く乗れるよう、
保護コーティングなどを行いたいですが、
エンジンルームはちょっとハードルが高い。
知識と技術を身につけてから、
いじりたいところです。


外装であれば、
市販品もたくさん出ているので、
簡単に自分でメンテナンスすることができます。


乗っている時も、
車を下取りするときなども、
綺麗な状態だと良いものです。


車は、時間をかけて劣化していくものなので、
最初に保護しておくと、
パーツも綺麗な状態で、
長持ちします。


車を購入したら、
各パーツを保護メンテナンスしておきたいものです。


「ボディ」の保護コーティング




新車で購入すると、
オプションのことが多いですが、
「ボディーコーティング」をしてくれます。
価格は、かなり高額なことも。

ですが、
車を長持ちさせるには、
必ず行っておきたい保護コーティングです。


太陽の直射日光があたる駐車場などでは、
紫外線による劣化が激しくなるので、
「ボディ保護コーティング」は必須です。


市販品でも、
簡単にコーティングできるものから、
本格的なものまで、
ホームセンターや車部品販売店で
入手することができます。


洗車用洗剤に、
コーティング剤が含まれているものがあります。
定期的にも、
ボディの保護コーティングをするのが良いので、
色々な方法を知っておくのも役立つと思います。


コーティングにも、
品質があります。
良いものと、耐久期間が短いものもあります。



万能タイプもあって、
「ボディ」以外に、
「樹脂パーツ」「ゴムパーツ」「タイヤ」「ホイール」
などに利用できるものもあります。


Back


「ガラス窓」の撥水コーティング




車のガラスにも、
「保護」「撥水」をするコーティングがあります。

最近だと「保護フィルム」を貼り、
飛石などによる
フロントガラスの「ひび割れ」などを
防ぐこともできるようです。


自分でできる「窓ガラス」のメンテナンスは、
主に「撥水」機能を重視した保護コーティングです。
雨の日の視認性は、
意外と、想像より悪くなります。
撥水コーティングをしているだけで、
かなり視界がクリアになります。


前進より、
駐車場などに入庫するときの、
後退(バック)の時に、
撥水性の必要性を感じます。
サイドミラーに付いている水滴は、
周囲の暗さに比例して、
視認性を悪化させます。


油膜のついた夜間の雨に遭遇すると、
おそらく、窓は常に綺麗にしておこうと思います。


Back


「樹脂パーツ」の保護コーティング




「樹脂パーツ」は、
時間が経過するとともに、
紫外線を浴びる量に比例して、
白っぽく変色します。


樹脂の劣化は、
必ず起こるものですが、
メンテナンスをすると、
新車のように戻ったり、
綺麗な状態が継続します。


最近は、
専用の製品も多く販売されているので、
購入して、
塗布するだけで良いので、
コーティングするのは簡単です。



Back


「ゴムパーツ」の保護コーティング




「ゴム」でできたパーツも、
定期的にメンテナンスをしないと、
数年で劣化してしまうパーツです。


ゴムに含まれる油分などが抜けてしまうと、
ひび割れなどを起こし、
伸縮性も失われます。


「ゴム」専用の保護剤も、
ホームセンターなどで販売されていますので、
気軽に入手できます。


保護コーティングをするのも簡単で、
布につけて、
ゴム部分に塗るだけです。


新車でも、中古でも、
ゴムパーツには、
定期的にメンテナンスが必要です。
劣化してしまった場合は、
ゴムパーツを交換するしかありません。


Back


「タイヤ」の保護コーティング




「タイヤ」は、
車のパーツの中で、
最も過酷な状況になるパーツです。


ホームセンターなどで、
300円ぐらいから、
タイヤのメンテナンス製品が販売されています。
お手軽に、保護コーティングもできるので、
初めてに、行っておくと良いメンテナンスです。


タイヤクリーナーと
保護成分が一緒になっているものもあるので、
タイヤに吹きかけるだけで、
保護コーティングが完了するものもあります。


「タイヤパーツ」は、
かなり頑丈に作られていて、
とても丈夫で長持ちしますが、
タイヤの素材は、「ゴム」が主成分です。


何もメンテナンスをしないと、
劣化し、「ひび割れ」などを起こします。


「ひび割れ」を起こしたタイヤは、
「車検」を通過できないので、
必ず交換する必要があります。


「ひび割れ」は、
走行中の「パンク」「破裂」にもつながりますので、
車検でなくても、
注意が必要です。



Back