【Car】【Dress up】「カーフィルム」の豆知識

【Car】
【Dress up】
「カーフィルム」の豆知識




「カーフィルム」の豆知識をまとめています。


「カーフィルム」は、
「目隠し」「紫外線カット」などを目的として利用されますが、
外見的なスタイルを良くすることを目的としても使用されています。

一般的には、
「カーフィルム」の専門業者に依頼して、
窓ガラスなどに貼りますが、
個人でも「カーフィルム」を貼ることは可能です。

ですが、
綺麗に「カーフィルム」を貼れるかは別です。
個人で、綺麗に貼るのは、
かなりの経験と技術が必要です。



詳しくは、
下記をご参照ください。



「カーフィルム」とは


「カーフィルム」は、
「プライバシーフィルム」とも呼ばれることもありますが、
「車」の「窓」に貼る「透明」「着色」した「ビニールシート」です。

一般的に、「黒」の「カーフィルム」が多く、
「車内」の「プライバシー」を守るために貼り、
車内を外部から見えにくくするアイテム。


ちなみに、
「車体」全体を保護する目的などで、
「車」の「ボディ」に、
「フィルム」を貼り付けたりすることができますが、
そちらは、
「ラッピングフィルム」「プロテクションフィルム」「カラーフィルム」
などと呼ばれているようです。



「カーフィルム」の種類は、
複数あって、「カーフィルム」の「構造」「品質」などに違いがあるようです。
販売会社によって、
色々な「カーフィルム」があり、 「製造方法」なども様々、
基本は同じでも、各社のこだわりがあるようです。
あえて製造コストのかかる原着タイプをメインで使用致しております。それは常にクリアな視界を確保しながら経年変化による退色(色あせ)や変色を防ぎ、他の製造方法のモノより長期にわたって高品質を保つことのできるフィルムだからです。
「カーフィルム」の種類
種類説明
原着タイプ 「原着タイプ」のフィルムは、
「染料」によって均一に着色された「PET樹脂」を使用した
高い「透明度」「耐久性」を持っているフィルム。
経年変化による「変色」が、極めて少ないのが特徴。
施工時の「濃度」を
「長期間維持」することが可能な「高品質カーフィルム」。
染色タイプ 「染色タイプ」のフィルムは、
「透明PETフィルム」を「染料」によって着色して作成されてフィルム。
「色剤」は、
「PETフィルム内部」で、光を拡散させ、
「PETフィルム」の表層部から中心部にかけて色の差を創り出し、
フィルムとしての色を作っている。
顔料タイプ 「顔料タイプ」のフィルムは、
「透明PETフィルム」に「顔料(インク等)」をコーティングして作成する。
「透明感」は、「原着タイプ」より劣るらしい。
  
  
断熱タイプ 「カーフィルム」の中には、
「太陽光」の熱などを
「断熱」してくれる効果がある「カーフィルム」もあります。
「赤外線」をカットすることで、
「断熱」するタイプなど、
色々な工夫があります。


Back

「カーフィルム」を貼れる場所


「カーフィルム」は、
「車」の

・フロントガラス
・運転席側の窓
・助手席側の窓
・リアシートの窓
・サンルーフ
・リアガラス

などすべての「窓」に貼ることが可能。
だが、
「車検」の関係上、
・フロントガラス
・運転席側の窓
・助手席側の窓
においては、
「透過率70%」以上にする必要がある。
「透過率70%」を下回った場合、
「車検」を通すことができない。


Back

「カーフィルム」を貼るときの「注意点」



「カーフィルム」を貼るときの「注意点」

「カーフィルム」は、
非常に繊細で、
雑に扱うと、フィルムが簡単に折れてしまい、
傷が残り、見栄えが悪くなってしまいます。


・「カーフィルム」フィルムは丁寧に扱う
・「カーフィルム」フィルムは折れると割れる
・「水抜き」は内側から外側へと確実に抜く
・「日陰」の場所で貼る(太陽光が当たると熱を持ち貼りにくくなる)
・風のない「日」「場所」を選ぶ


Back

「カーフィルム」を貼る「コツ」


「カーフィルム」を貼る「コツ」は、
・周囲の外せる部品は全て外す
・絶対に折り曲げない
・必ず位置を決めて貼り始める
・「洗剤液スプレー」をたっぷり吹きかける
・「水抜き」は中心から外側へ
などがある。



周囲の外せる部品は全て外す

「フィルム」を貼る「窓」の周辺に設置されている
外せる部品は、全て外します。

窓全体が見えると、
フィルムを貼る作業が簡単になる。

フィルムを綺麗に貼るために必須の「位置決め」が、
正確にできるようになるので、
できるだけ、
周辺の部品を外す。


絶対に折り曲げない

「カーフィルム」は、
折り曲げると、割れてしまって、
折れてしまい、
白い線ができてしまいます。

できるだけ折り曲げないように、
丸めて、
無理に力を加えないように、
慎重に作業します。

「位置決め」から「台紙フィルム」を剥がすまでが、
フィルムが折れやすい作業。

「台紙フィルム」を剥がすときは、
2点以上を持って、
無理な力がかからないように、
「台紙フィルム」を剥がします。

片手で、「台紙フィルム」を剥がすと、
力が偏り、「フィルム」に傷がつきやすい。


必ず位置を決めて貼り始める

「カーフィルム」を貼る「位置決め」は、
フィルムを貼る作業の「基点」を定める作業。

綺麗に貼るためには、
必須の作業です。

4角の位置を確認して置くと、
位置の修正がしやすくなる。

「位置決め」の作業で、
「カーフィルム」が綺麗に貼れるかが決まります。


「洗剤液スプレー」をたっぷり吹きかける

「洗剤液スプレー」をたっぷり吹きかけると、
「カーフィルム」と「窓」の間に、
「水の膜」ができ、
移動させることができます。

「正しい位置」に配置できるまでは、
「カーフィルム」「窓」の両方に、
たっぷりと「洗剤液」を吹きかける。


「水抜き」は中心から外側へ

「カーフィルム」を正確な位置に配置できたら、
「窓」と「カーフィルム」の間にある「洗剤水」を
「水抜き」する作業に取り掛かります。

「カーフィルム」を正確な位置に固定するために、
「水抜き」は、
「カーフィルム」の「中心」から「外側」に向かって、
水を抜くように、「ゴムヘラ」「スキージ」などで、
「カーフィルム」をなぞる。

1番最初に、
「十字」を描くように、
「上下左右」に「水抜き」すると、
位置の「ズレ防止」になる。


「内側」に「水」が残ってしまうと、
周辺が固定された後は、
「水抜き」ができなくなる。
時間が経過すると、
揮発して、
「カーフィルム」が膨れ上がり、
見た目が悪くなる。


内側に水が残って、
水抜きができない場合は、
「カーフィルム」を一部剥がして、
再度、「洗剤液スプレー」をたっぷりと塗布して、
内側から「水抜き」をし直す。


Back

「カーフィルム」の「貼り方」


まず、
最初にですが、
「カーフィルム」は、
簡単に貼ることができますが、
「プロ」のように綺麗に貼るのは、
経験が必要です。

綺麗に貼りたい方は、
プロに依頼することをおすすめします。

加えて、
窓に凹凸などがある場合は、
難易度がかなり上がります。


「カーフィルム」は、
3回ほど貼る作業をすると、
慣れて、綺麗に貼り付けられる。



「カーフィルム」に必要な道具


「カーフィルム」を貼るには、
専用の道具が必要で、
必須のツールになる。


「カーフィルム」を貼るためには、

■ 車種専用の「カーフィルム」

■ スプレーボトル(水「1L」に中性洗剤「3cc」)
■ フェルトスキージ
■ プラスチックヘラ(大・中・小)
■ 薄いプラスチックヘラ
■ シリコンスキージ(ゴムヘラ)

■ デザインカッターナイフ
■ カッター
■ ダマート(フィルム型取り用)

■ マスキングテープ
■ 布・窓用クロス(毛が抜けないもの)
■ バスタオル(水よけ用・水吸収用)
■ 養生テープ(防水対策)



などが必要です。

薄いヘラのような道具は、
「カーフィルム」を貼るのに便利なので、
持っていたら活用するのも良いです。
調理用の「スキージ」なども使えます。


「パワーウィンドウ」に「カーフィルム」を「綺麗」に貼る流れ

■ 車種専用の「カーフィルム」を購入する

■ 窓周辺の外せるパーツを全て外す

■ 窓のシールなどを剥がす

■ 【下準備】位置決めしやすいように、余分な「透明フィルム」部分をカットする(フィルムより1~2mm程大きくカット)

■ 【下準備】「フィルム」を「透明フィルム」から剥がしやすくする
作業しやすいように、
「透明フィルム」と「フィルム」の間に、「洗剤液」を吹き付ける。
できるだけシワにならないように、「透明フィルム」を戻す。


・外側の窓ガラスに、「洗剤液スプレー」を全体に吹きかける

・外側の窓ガラスに、「カーフィルム」側を窓に貼り付けるようにフィルムを広げる

・透明フィルムを半分はがし、「洗剤液スプレー」をたっぷり吹き付けて、透明フィルムを戻す

・透明フィルムを戻し、反対側も同様に「洗剤液スプレー」を吹き付ける。


フィルムは、割れやすいので、
折り目がすぐに「割れ」に繋がります。
広い場所で、
慎重に行うのがおすすめ。

■ 貼り付け位置を確認する

■ 窓を綺麗に掃除する(埃などは跡になる)(スクージなどで汚れを綺麗に除去する)

■ 窓を「5cm」ほど開ける(上部から貼り付けやすいように)

■ 上部の台紙「透明フィルム」を剥がし、「洗剤液」をたっぷり吹きかけ、配置位置に固定する。(全体の位置が決まるので慎重に)

■ 窓を閉める

■ 下部を滑り込ませるように入れる
下部は、
ヘラで「窓」と「水切り」部分に隙間を作り滑り込ませます。
フィルムの中間部分に隙間を作り、
「洗剤液」をたっぷり吹きかけることで、
滑り込ませやすくします。

ヘラと手を使って、
根気よく、滑り込ませる。

■ 全体の配置を確認する

■ 「水抜き」をする
水抜きは、
「フィルム」を傷つけないように、
「フェルトスキージ」を使用して、
中心から外側に向かって「水」を抜いていきます。

中心部に「水」が残ると、
「水抜き」が難しくなります。
中心部から、
確実に「水抜き」をする。

■ 外した窓周辺の部品を戻す

■ 「フィルム」が定着するのに1日ほど置く
「フィルム」の接着剤は、
「白く」なるが、
定着すると「透明」に変化する。

フィルムが定着するまでは、
フィルムに貼り付ける部品などは、設置しないようが無難。

■ フィルムに貼り付ける部品を付ける

■ フィルム貼り付けの終了



Back

「カーフィルム」の「剥がし方」


「カーフィルム」は、
貼るのも難しいですが、
剥がすのも難しい。


「カーフィルム」は、
「糊」で「ガラス」と密着させています。
時間が径かすると剥がしくくなる特性があります。


簡単に剥がれてはくれないので、
「道具」と「工夫」が必要です。


「カーフィルム」を剥がすには、
・「スチーマー」を使う
・「石けん水」を使う
・「ドライヤー」を使う
などの方法があります。
どの方法が良いというより、
すべての方法を同時に使って剥がすのが良い。



「スチーマー」の使い方

「カーフィルム」を剥がすのに、
「家庭用スチーマー」があると便利です。

剥がしたいカーフィルムに、
「スチーマー」を剥がす部分にあてて、
湿らせることで、
「カーフィルム」の「糊」が溶け始め、
綺麗に剥がせるようになります。

剥がしながら「スチーム」で湿らせるという手順を繰り返しながら、
「カーフィルム」を剥がしていきます。

季節では、 「夏」の方が、
気温が高く、湿度も高いので、
「カーフィルム」が剥がしやすい。


「石けん水」の使い方

「石けん水」の使い方は、
「カーフィルム」の「端」に、
「石けん水」を吹きかけて蒸らします。
「蒸らす」ことで、「カーフィルム」が剥がれやすくなりますが、 「石けん水」は、
「蒸らし効果」をさらに効果的にしてくれます。


「スチーマー」「ドライヤー」と併用すると、
さらに効果的になりますが、 「中性洗剤水」でも同様の効果が得られます。

「石けん水」が「糊」を溶かしてくれることが、
剥がしやすくしてくれる。
「石けん水」を塗布してから、 「時間」を置くか、
「ドライヤー」などで温める。

「石けん水」が乾いたら、
また塗布して、時間を置くか、温めるを繰り返す。



「石けん水」と使うときは、「新聞紙」などを敷いて作業する。
落ちた「石けん水」で「ベタベタ」になってしまう。
「石けん水」は乾くので、「20分おき」ぐらいに、
「石けん水」を吹きかけると良い。


「ドライヤー」の使い方

「ドライヤー」は、 「カーフィルム」を温めて、
「糊」を熱で溶かしながら、
「フィルム」を剥がすのに使用する。

「熱」で「糊」が溶けると、
「カーフィルム」が剥がしやすくなります。


「夏」には、
「太陽光」の「熱」で剥がしやすくなります。


注意点があり、
ガラスは、熱しすぎると、ひびが入り、割れることもあるので注意。
寒い「冬」は、特に注意が必要です。



「カーフィルム」を剥がす「ポイント」

カーフィルムを剥がすポイントは、
■ 「カーフィルム」は、下に引っ張らず、上に持ち上げるように剥がす
■ 極力「ガラス」に近い部分を持つ
■ 「リアガラス」の「熱線」を切らないように注意する
■ 「ガラス」に残った「糊」は、「消毒用アルコール」で拭き取る
■ 「コーティング」が剥げるので「カッター」「ナイフ」は「NG」
■ 「糊」部分は、「中性洗剤」「熱」が効果的
■ 「フロントガラス」は、「内側」が「コーティング」されていて剥がれやすいので難しく「道具NG」
などがあります。
状況によって使い分けると、
「カーフィルム」を綺麗に剥がすことができます。


Back