【Car Life】「洗車」の豆知識

【Car Life】
「洗車」の豆知識




「洗車」の豆知識をまとめています。




詳しくは、
下記をご参照ください。



「タイヤ掃除」に役立つグッズたち



車の「タイヤ」は、
1番汚れる車のパーツ。
「油汚れ」「泥汚れ」「鉄粉汚れ」など、
環境的な汚れから、
ブレーキパットの「鉄粉」などの性能的な汚れまで。

車の「タイヤ」「ホイール」は、
汚れやすいパーツでもあり、
「ホイール」の形は複雑で、
掃除するのも、手間がかかります。


掃除用具を準備していないと、
あまり綺麗にすることができません。

最終的に、
1番便利な「タイヤ」「ホイール」掃除グッズは、
「軍手」です。
手に付けて、
撫でるように汚れをとれるので、
非常に役立ちます。


「タイヤ掃除」に役立つグッズは、

・軍手
・棒状ブラシ
・洗剤(タイヤ・ホイール用)

の3つがあれば、
ほとんどの汚れを綺麗にできます。


加えて、

・タイヤクリーナー
・タイヤワックス

などがあると、
掃除に加えて、保護するのにも役立ちます。



「タイヤ」のゴム部分は、
紫外線や乾燥に弱く、劣化しやすいので、
タイヤワックスなどで保護してあげると、
タイヤの寿命が長くなります。
何もしないと、タイヤゴムにヒビが入り、
車検を通すことができず、交換することになります。
定期的に、メンテナンスが必要です。



最近の「ホイール」は、
コーティングがしてあるので、
「軍手」「棒状ブラシ」だけで、
凄く綺麗になります。



「タイヤ掃除」での「軍手」の使い方


「タイヤ」「ホイール」を掃除するのに、
「軍手」は、凄く便利な掃除ツール。
「水」を自由に使えない環境では、
かなり重宝するアイテム。

汚れが酷い時には、
5組ぐらいの軍手が必要になるので、
多めに用意しておくと良いです。

使い終わったら、
そのまま捨ててもOK。
再利用するために、洗うのもOK。

価格も安く、入手も簡単な上に、
綿素材なので、
車を傷つけることがありません。


デメリットもあります。
縫い目が荒めなので、
汚れがひどいと、
手まで真っ黒に汚れることがあります。

そんな時は、
ゴム手袋をした上に、
「軍手」をつければ解決です。



「軍手」を使っての掃除方法

・「ゴム手袋」をつける

・「軍手」をつける

・「タイヤ・ホイール用洗剤」をそれぞれに吹き付ける

・「ホイール4本」の汚れから、撫でるように綺麗にしていく

・細かいホイール汚れには、「棒状ブラシ」を使用する

・「軍手」を交換する

・「タイヤゴム」を撫でるように汚れをとる

・「軍手」を交換する

・「タイヤゴム」を磨き上げる

・「タイヤワックス」を塗る

・「終了」


掃除の順序は、
「洗剤」「ワックス」などの
特徴によって変更。

基本的には、
「ホイール」「タイヤゴム」
の順番が良い。

「タイヤゴム」の汚れが酷い時は、
ある程度、水などで落としてからか、
「タイヤゴム」「ホイール」「タイヤゴム」
の順番に変更。


Back



「棒状ブラシ」は「100円ショップ」で


「ホイール」の細かい場所の汚れは、
「棒状ブラシ」が便利です。

ですが、大きなブラシなどは必要なく、
「100円ショップ」で売っている
掃除グッズの「棒状ブラシ」が便利です。


「ホイール」の形状や複雑さによって、
必要となるブラシサイズも異なります。


価格も安く入手できるので、
とても便利に使用できます。



「細いサイズ」のブラシは、
どんな「ホイール」形状にもおすすめです。
タイヤを止めている「ナット」周辺部分の掃除に最適です。


Back



普段は便利なスプレータイプ「タイヤクリーナー」でOK





普段のタイヤメンテナンスは、
スプレータイプの「タイヤクリーナー」が便利。

「タイヤゴム」のメンテナンスを考えると、
季節が変わるごとに、
スプレータイプ「タイヤクリーナー」を吹き付けるのが良い気がします。



「ホイール」の汚れがひどくなったら、
掃除する合図なので、
手や道具を使って洗車してあげましょう。



スプレータイプ「タイヤクリーナー」は、
「ホームセンター」で、
1本300円ぐらいで販売されています。
色々な種類があるので、
色々試すと、
自分に合ったものを見つかります。


Back