Life
Business & Money





【Business】ビジネスを円滑に進めるためのコツ

【Business】
ビジネスを円滑に進めるためのコツ




「仕事」をスムーズに進めるためのコツをまとめています。


収益に繋がる事業・仕事が手に入っても、
日常の仕事が滞ると、
せっかくの仕事も、
滞ってしまい、失ってしまいます。


常日頃の行動が、
意外と大切です。



詳しくは、
下記をご参照ください。


マイルールを作る


人は、
完璧に行動できる人は少ない。

一人一人の特性・欠点もあるので、
同じやり方では上手くいかないことが多い。


自分の特性・欠点は、
自分自身でなければ、
わからないことも多い。
ビジネスでは、
自分自身を
上手にコントロールすることが必須なので、
自分なりのルールを作って行動すると、
効率的に行動できます。


自分の特性を活かす方法や、
自分の欠点を補う方法など、
自分自身でルールとして決めておくと、
問題に直面した時に、
次への行動が早くなり、
上手に対処できることが多くなります。


Back

長期的な「目標」「プラン」を持つ


仕事において、
長期的な「目標」「プラン」を持つことは、
とても重要で、
長期的な「目標」「プラン」があることで、
短期・中期的な目標や、
行動計画がスムーズに決まります。


今何をすべきか、
これからどうすべきかは、
長期的な「目標」「プラン」があるだけで、
見失うことなく、
歩き続けることができます。


意思決定をしっかりするためには、
目的をしっかり認識することが、
最良の手段となります。


Back

1日の予定・すべきことを把握する


仕事において、
1日の予定・すべきことを把握することは、
とても重要です。


1日の予定・すべきことを把握するためには、
長期的な「目標」「プラン」が必要です。


1日の予定・すべきことをしっかり把握することで、
1日の限られた時間を効率的に使うことができます。


過ぎてしまった時間だけは、
取り戻すことはできません。
時間を大切に使えることが、
仕事を円滑にする最大の要因の一つです。


Back

情報を常にインプット・アウトプットする


仕事の上で、
常に、
情報を「インプット(入手)」し、
的確に「アウトプット(出力)」することが、
とても重要です。


日々変化する状況に対応するには、
周囲の状況を把握し、
自分の「立ち位置」「方向性」を
決定することが大切になっていきます。


Back

すべきことを判断する


日々過ごしている中で、
自分が「すべきこと」を判断することが、
とても大切になっています。


多くの情報が溢れる中、
自分や、現在の状況、将来に至るまで、
自分が「すべきこと」を見つけ、
行動することで、
時間を効率的に使用することができます。


「すべきこと」の判断ができない時は、
自分の「方向性」を見失っていることが多いです。
判断ミスも多くなると思います。
そして、
事業・仕事が上手く行かなくなってくるはずです。


ニーズを把握することができないと、
仕事の波に乗ることすらもできないはずです。


Back

思いついたことは小まめにメモする


人は、
忘れやすい生き物です。

思いついたことは、
小まめに「メモ」をすることが、
年齢とともに大切になってきます。


貴重なアイデアを思いついても、
しばらくして忘れてしまうのはもったいないことです。
思い出せない時間を短縮することになるので、
「メモ」をすることは、
現在でも有効な気がします。



「メモ」と行っても、
「紙」「ペン」を使用する必要はなく、
「スマートフォン」のメモ機能でもOKです。

「情報」をストックしていることが大切になっています。


Back

思いついたら必ず試す


思いついた「アイデア」は、
必ず「試す」ことが大切です。


「頭」で考えたことは、
実際に思った通りになる可能性は、
あまり高くありません。
逆に、思わぬ収穫になることもあります。

足りない要素に気付いたり、
しばらくして、
偶然に出会った人・部品・機能などで、
実用化することが可能になったりします。



思いついたら、
必ず試すことは、
とても楽しみなイベントになります。


Back

やるべきことを後のばしにしない


やるべきことを
「放置」「後のばし」「忘却」することは、
無駄な時間を築いてしまうことになります。


「やっておけば今頃は。。。。。」
と思うことは、
誰でも経験があることです。


基本的に、
「やるべきこと」を後伸ばしにすると、
次も、後伸ばしにするので、
仕事が片付かなくなる。


時間が足りないなどの
理由はあると思うが、
実行できるように工夫をしていかないと、
仕事・事業として成立しなくなる。


「後回し」は、
良くない方向へ進んでいる「前兆」と思った方が良い。


Back

他人に期待・依存をしない


仕事・事業において、
他の人に「期待」「依存」をしている場合は、
近い将来、
良くない方向に進んでいることに気が付くはずです。
最悪、「倒産」「破綻」にまで進みやすいです。


自分でできない仕事・事業では、
ダメだということを知っておく必要がある。


金銭を支払って、
サービスとして依頼するのは良いが、
ただ他人の能力に依存するのは、
自身の破滅になる。


お金の流れを把握する「会計」「経理」を
他の人に任せている人は、
高い確率で、
お金を持ち逃げされているか、
資金繰り悪化で、倒産する傾向がある。


一つの個人・会社との取引に依存する形態も良くない。
取引先に頭が上がらず、
言われる無理難題を押し付けられる関係の第一歩となってしまう。


Back

できないことに怒らず、やってもらえることに感謝する


他の人と共同で仕事・事業をする際は、
自分だけではできない範囲までできることに感謝し、
できないことに怒ったりするのは、
しないでおこう。


給与・依頼金などを払っていても、
人には能力というものがある。
能力以上のことはできないことを知って、
できることをお願いし、感謝することで、
かなり効率的に仕事が進む。


できないことを怒る前に、
できない環境であるかを確認しよう。
大型トラックの荷物を、
2人乗りのスポーツカーに依頼しているのなら、
依頼者の判断能力の問題。


怒っても、
作業環境の雰囲気が悪くなるだけなので、
どうしたらできるようになるかを考え、
問題を解決する方が得策である。


Back