Life
Business & Money





【Business】仕事の辞め方

【Business】
仕事の辞め方




「仕事」を辞める時の考え方をまとめています。

仕事を辞めるか、勤め続けるか。
誰もが考えることですが、
なかなか判断がしづらい状況があります。


辞め時が、
スッキリと見えるときも有れば、
見えない時もある。


意外と判断基準を持ってみると、
辞め時は、見えてきます。


詳しくは、
下記をご参照ください。


「石の上にも3年」には条件がある


良く
「石の上にも3年」
という言葉を耳にします。

仕事をすぐに辞める時などに
頭に浮かぶ言葉でもあります。


実際に、
「石の上にも3年」
は正しいのか?


正直、
正しい時と、
すぐに辞めた方が良いときがあります。


「石の上にも3年」が正しい時というのは、
未来に何らかの「メリット」があるときです。

自身の中に、
何かしらの「成長」「蓄積」が期待できる仕事なら、
続ける「メリット」があります。
「石の上にも3年」という言葉が当てはまります。
3年で、できるだけ「成長」「蓄積」を獲得してから、
「転職」するのが良い方法です。



「成長」「蓄積」もなく、
犯罪の被害にあったり、
ただ、ブラック企業で働いていたり、
した場合は、
「石の上にも3年」ではなく、
即刻、辞めるべきだと思います。
少しは身になることがあると思いますが、
身に着けるべきは、
「マイナス」な事でなく、
「プラス」になる収益が上がる事なので、
時間を大切にする意味でも、
転職するのが良いと思います。


「転職」するときには、
いかに分析をし、
いかに自身をコントロールし、
どのような方向性を目指しているかが重要。
それをしっかり説明できない状況では、
「転職」は難しいでしょう。


「石の上にも3年」という言葉に惑わされず、
現状をしっかりと分析し、
将来を見据え、
判断することが、
とても重要で、
自身を助けることになるでしょう。


会社経営をしていて、
収益を上げられない事業に、
3年も時間を費やしたら、
普通は「倒産」です。

自身という「会社」をどう運営するかが重要です。


Back

「やりたいこと」が見つかったら辞めても「OK」


仕事をしていて、
辞めて良いときなのは、
「やりたいこと」が、
自身の中にしっかりとある時です。


ただ、
なんとなく仕事を辞めるのは、
最悪な状況になりかねません。
「転職」をすることも難しいと思います。
転職活動で、採用担当の人に、
すぐに見抜かれるので、
なんとなく仕事を辞めるのは厳禁です。


「やりたいこと」というのは、
意外と重要で、
自身に能力が備わっていなくても、
「やりたいこと」がある人というのは、
吸収して、すぐに能力が備わります。

「転職」をしても、
すぐに何を身に着けるべきかも、
判断できるので、
転職後の仕事もすぐに決まる傾向があります。
自身で開業することもあるでしょう。


ある意味、
「やりたいこと」に向かうというのは、
それを実現するための「仕事」をしているようなもの。
会社に所属していなくても、
自身の仕事をしているのと同じ。
環境が変わるだけなので、
一歩前に進んだことになります。


ただ、
中途半端に「やりたいこと」を持っている人は、
ご注意下さい。
途中で変わりそうな「やりたいこと」では、
挫折する可能性もあります。
正直、
「やりたいこと」という道は、
険しい道なことが多いです。
覚悟が決まってから、
「転職」を決めてください。


Back

「ブラック企業」を退職するには、しっかりとした見定めが必要


「ブラック企業」を退職するには、注意が必要です。

「ブラック企業」を退職するのに注意が必要なのではなく、
次の就職活動における「情報収集」「情報整理」をしっかりとしておかないと、
再就職が難しくなるので、
注意が必要です。


対策をせずに、
ただ退職をしてしまうと、
ただ退職したのと変わらず、
印象としては、
「すぐ辞める人」というイメージがついてしまいます。


「ブラック企業」を退職する際は、

・なぜ「ブラック企業」なのか?
・第三者から見ても「ブラック企業」か?
・どのような悪影響があったのか?
・犯罪行為があったのか?
・犯罪行為をさせられそうだったのか?

などの客観的な分析が必要です。
その分析を、
次の就職活動での面接などで、
答えることができて、
自分の正当性を明確にできます。

「判断」「分析」「行動」「プレゼン」
の能力があることも実証できるチャンスでもあります。
的確に分析し、考えを構成することが重要です。




悪いパターンもあります。

・残業が多いから
・上司に叱責されるから
・同僚が悪い
・職場の雰囲気が悪い

などの理由だけであるならば、
どの企業にも相手にされないと思ってください。

明確な理由がなく、
「分析」「判断」能力を疑われます。


他の企業でも、同様のことはあるので、
明確に、
退職に至った理由が重要になります。




Back