Life
Business & Money





【資産形成】お金を増やすには、収支の管理が基本

【資産形成】
お金を増やすには、収支の管理が基本







収支が管理できれば資産は形成できる


資産形成をするときに、
家計簿のように収支を管理することが必須です。


家計簿などの収支管理は、
お金の健康診断のようなもので、
「資産形成体質」か「借金体質」かなどが簡単にわかります。


もし「資産形成」を始める前に、
収入と支出を計算して、
収入の方が多い場合は、「資産形成体質」だと思います。

逆に、
支出が多い人は、
残念ながら、「借金体質」だと思われます。



収入の方が多い人は、
お金が貯まる流れの中にいるので、
効率的に「資産形成」ができるように、
お金の配分を考え、
資産が貯まりやすいように努力をします。


「借金体質」の人は、
少々苦労をします。

「資産形成」をするために、
まず、収支を把握し、
余計な支出を洗い出します。

支出を減らせることができれば、
まだ軽症ですが、
支出を減らしても、
支出が多い場合は、
かなりの重症と判断できます。


まずは、
現状を判断することが、
「資産形成」のスタート。

今、やるべきことが見えてくるはずです。


Back

「資産形成」の絶対法則


「資産形成」には、
絶対法則があります。


「資産形成」の絶対法則は、
収入 > 支出
です。
これを満たしていない場合は、
どんなに頑張っても、資産を形成することはできません。


少ないお金であっても、
「支出」より「収入」が上回っていれば、
資産が増える流れがあることになります。

あとは、この資産形成の流れを
大きくにはどうするかを考えて実行するだけです。


Back

支出が多い場合は、見直しを!


収入より支出が多かった場合、
まずは、
収入 > 支出
という、
収入の方が多くなるように努力をするのが、
第一段階となります。


「収入」が、
「支出」を上回ることが重要なので、
「支出」をすべて見直してみましょう。


余計な「支出」を省いて、
支出が少なくなれば良いですが、
かなり節約して継続できない状況で有れば、
収入を見直し、副収入などの方法も検討する必要があります。


収入が支出を越えていない「資産形成」は、
ほとんど上手く行きません。
恐らくギャンブルや投機的な手法に走り、
結局、資金を失ってしまう傾向が強くなります。


Back

転職は「あり」だが、自己分析が重要


「資産形成」をするには、
収入が大切です。

収入が多ければ、「資産形成」の難易度は低くなります。


もし収支を計算して、
支出が多い場合は、転職を考えるのも一つの方法です。
将来的に、
現在の職場で、
収入が安定し、多くなる場合は、
今の場所で、努力するのも良いと思います。

逆の場合は、
すぐに転職を検討した方が良いでしょう。
将来に渡って、
収入の安定が望めない場合は、
この先ずっと、収入が足りないことになります。
その場所で、努力をしても意味がないことになります。
迷わずに転職しましょう。



ですが、
転職は甘くありません。

今まで、自分で努力をして、
実力を付けている場合は、
転職は、良い道になります。

転職ができるスキルを持っていない場合は、
転職することもリスクになります。
転職ができるかもわからず、
転職先が良くなるという可能性も低くなると思われます。


転職は、自己分析が重要です。
自己分析で、
転職できる実力がある場合のみ、
今の場所から離れ、
新しい新天地へと飛び出せるはず。


Back