Life
Food
【FOOD】美味しい「ホルモン」の種類【FOOD】「和からし」と「マスタード」の違い【Kitchen】フライパンの種類と選び方【Kitchen】アルミ製フライパンの使い方
DIY
【DIY】DIYに使える便利な部品【DIY】あると便利なDIYツール
電動工具
【切削加工】「ルーター」「トリマ―」
健康
【健康】熱中症対策【冷却スプレーの仕組み】【健康】「痛風」になってしまった!!時の対応方法【健康】筋肉痛を解消する方法【健康】確実にダイエットをする方法
掃除
【掃除】「部屋」を綺麗に掃除する方法【掃除】「キッチン」を綺麗に掃除する方法
洗濯(Washing)
【洗濯】汚れが良く落ちる弱アルカリ性洗剤【洗濯】洗濯物が臭い時の対応策【洗濯】シミ取りの方法【洗濯】アイロンのかけ方
Money
【Money】シワシワのお札を綺麗にする方法
Car Life
【Car】車にできた凹みを修理する方法【Car】車にできた傷を修理する方法【Car】迷惑駐車に遭遇した時の対処方法Past Topics【Car Life】
Pet
【Pet】愛犬と暮らすインテリア【ベッド編】【Pet】気に入ったPet Goods【ドッグウェア編】【Pet】気に入ったPet Goods【愛犬散歩グッズ編】【Pet】気に入ったPet Goods【愛犬との旅行編】【Pet】愛犬が液体を吐いた時の対処方法





【健康】確実にダイエットをする方法

【健康】
確実にダイエットをする方法




ダイエットを成功するのに、
必要な知識や、役立つ知識を、
まとめています。

基礎知識があるダイエットは、
比較的、成功する気がします。








ダイエットの絶対法則


ダイエットには、
絶対に成功する法則が一つある。
守らないと絶対に失敗することにもなる法則。

どんなダイエット方法も、
この法則を基礎に考えられています。


ダイエットには、

摂取したカロリー < 消費カロリー

という絶対法則がある。

摂取したカロリー < 消費カロリー = 痩せる
摂取したカロリー > 消費カロリー = 太る


どんな運動でも、
どんな栄養素でも、
この法則にそった考えで開発されています。


自分で行うダイエットでも、
絶対法則さえ守っていれば、
楽をしていても、
苦しい思いをしても、
最終的に、ダイエットが確実にできます。


脂肪の分解を促進するサプリがありますが、
食事をたっぷりとった状態では、
身体は、脂肪を分解しないので、
脂肪分解を促進するサプリは、
無駄になります。

脂肪を分解して、エネルギーにしても、
エネルギーの行き場がありません。
ダイエットが成功するはずがありません。

絶対法則の「摂取したカロリー < 消費カロリー」を
守っていれば、エネルギーの行き場ができるので、
ダイエットは成功しそうです。

脂肪分解を促進するサプリも効果的なはずです。


Back





ダイエットには食事が必須


脂肪を分解して消費するのにも、
色々な栄養素が必要になります。

脂肪を分解する栄養素がなければ、
脂肪を使えないので、
いつまでも、ダイエットは成功しないことになります。

「全然食べてないのに、全然痩せないの。」
という言葉は、よく耳にします。
栄養不足で、身体が機能できないのかもしれません。


何も食べないダイエットは、
かなりの高確率で失敗します。
身体がエネルギを蓄えようとする体質になるので、
高確率でリバウンドをするそうです。
以前より体重が増える結果が多いそう。


人は、毎日何もしなくても、
エネルギーを消費する「基礎代謝」というものがあるので、
「基礎代謝」+「活動エネルギー」より、
少し少ない食事をすることが大切です。

エネルギーというより、
身体が機能するための栄養素を摂取することを
意識すると良いと思います。

栄養素を意識すると、
偏りなく、食事を摂取することが
自然と必要になってきます。
最終的に、

「バランスの良い食事」が1番

というところにたどり着きます。


Back





脂肪細胞の種類


脂肪細胞の種類は、
の2種類。



白色脂肪細胞

白色脂肪細胞は、一般的に「脂肪」と認識されている脂肪細胞で、体内で余ったエネルギーを「中性脂肪」として蓄える働きがあり、脂肪が増える原因となる細胞。
皮下組織(皮下脂肪)・内臓周囲(内臓脂肪)に多く存在している。

妊娠末期・乳幼児期・思春期に集中して増殖して、一度作られた白色脂肪細胞の数は減少しにくい。
これまでは、思春期までに障害の脂肪細胞の量が決定すると言われていたが、最近では、思春期以降にも脂肪細胞が満杯になれば、新たな脂肪細胞が増えて栄養を蓄えられることがわかったそうです。



褐色脂肪細胞

「褐色脂肪細胞」は、脂肪を燃焼してくれる細胞として知られている。
脂肪細胞で、脂肪を燃焼してエネルギーを消費してくれる細胞で、成人だと、首回り_肩甲骨付近・腎臓付近・胸部大動脈周辺に少量存在しているらしい。
幼児期には、筋肉が発達していないので、褐色脂肪細胞が多く、脂肪を燃焼させて熱を発生することで体温を維持し、成長と共に骨格筋が発生し、褐色脂肪細胞の量が減少していく。
褐色脂肪細胞が褐色なのは、赤褐色の鉄を含んでいる「ミトコンドリア」を多く含みから。
「ミトコンドリア」に存在する「熱産生タンパク質」が、白色脂肪細胞から分離した脂肪酸を吸収し、エネルギーへと変換するらしいです。



Back





脂肪燃焼の流れ


脂肪燃焼は、過剰エネルギーを蓄えている白色脂肪細胞の貯蔵エネルギー「中性脂肪」を消費することを意味する。

脂肪燃焼をするには、まず脂肪(白色脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪)を分解する必要がある。
「中性脂肪」は分解しないと消費することができず、「遊離脂肪酸」に分解して消費する必要がある。

体内のエネルギーが減少すると、「リパーゼ」という酵素が活性化し、中性脂肪を「遊離脂肪酸」とグリセロールに分解してくれる。
余っている「遊離脂肪酸」は、肝臓へと送られ脂肪で中性細胞に戻ってしまうので、肝臓に戻る前に、各筋肉・臓器で消費しなければならない。
分解された「遊離脂肪酸」を「ミトコンドリア」に存在する「熱産生タンパク質」がエネルギーへと変換してくれて、各筋力・臓器などでエネルギー消費する。


エネルギー不足

酵素「リパーゼ」が活性化し、中性脂肪を「遊離脂肪酸」に分解。

「ミトコンドリア」に存在する「熱産生タンパク質」が、「遊離脂肪酸」をエネルギーへと変換。

各筋力・臓器などでエネルギー消費する。


という流れで脂肪が消費される。



脂肪燃焼に貢献してくれる酵素「リパーゼ」

脂肪燃焼に貢献してくれる酵素「リパーゼ」は、
中性脂肪を「遊離脂肪酸」へと分解し、
「ミトコンドリア」の「遊離脂肪酸」が、エネルギーへと変換して、
筋肉や臓器がエネルギーを消費する機能の一部に貢献している。

「リパーゼ」は、
「野菜」「果物」「大豆」などに多く含まれるが、
高温に弱く、活性を失ってしまうため、
サプリメントで摂取することも選択肢の一つになる。

「サプリメント リパーゼ」と検索すると、
「消化酵素系のサプリメント」が表示され、
「リパーゼ」が含有されている表示が確認できます。

「リパーゼ」は、体内でも分泌され、
「膵臓」が分泌する消化酵素。




ミトコンドリアとは

「ミトコンドリア」は、エネルギーを作り出す細胞内小器官。
ミトコンドリアは、細胞の種類によって異なるが、一つの細胞に数十から数万という数を含むと言われれている。
ミトコンドリアは、食事から得た「栄養」と「酸素」を原料に、「ATP(アデノシン三リン酸素)」というエネルギーを作り出す。
身体の中でのエネルギーは、リン酸1分子が結合・分離を繰り返すことで、エネルギーの放出・貯蔵や、細胞などの代謝・合成をしている。
全ての真核生物が、エネルギー「ATP(アデノシン三リン酸素)」を直接利用し、活動・代謝を行なっている。
全ての活動のエネルギーになっていることから、エネルギー「ATP(アデノシン三リン酸素)」は、「生体のエネルギー通貨」と言われる。

ミトコンドリアは、エネルギー不足を感じると増えるので、 ミトコンドリアを増やすには、
・カロリーを制限する
・運動をする
・寒さを感じる
といったエネルギーを必要とする状況をつくりだすことで、「ミトコンドリア」を増やすことができるらしい。


ミトコンドリアの栄養素

・酸素
・乳酸(運動)
・鉄
・ビタミンB群
・CoQ10




エネルギーを消費するには

エネルギーを消費するには、筋肉を動かすことが一番。
なので、運動が一番効果的。
筋肉は、エネルギーを消費する人のエンジンです。
減量するには、適度な強度の運動を1日30分以上必要とされているらしいですが、10分を3回に分けていても大丈夫みたいです。

各臓器でも、エネルギーを消費しますが、一番燃費が悪いのが筋肉だと言われています。
脳細胞もエネルギーを消費する臓器の一つ。



Back





野菜などで「食物酵素」を摂取すると代謝が良くなる


最近、身体に良いとよく聞く「酵素」。
実際に「酵素」っていうものを調べてみました。

知らなかったですが、
「酵素」は、人の身体にとって、
凄く密接なもの。
「酵素」のおかげで、人の身体は機能している。

人の体内でも、「酵素」は分泌されていますが、
「食物酵素」はその中の「消化酵素」をサポートすることができるので、
食べ物を消化するのに使われる「消化酵素」に余裕が生まれ、
その結果、「代謝酵素」が増え、
新陳代謝が良くなり、病気の予防や、解毒作用が高まるとのこと。


身体の代謝が良くなると、
基礎代謝の消費エネルギー量も増えるので、
自然とダイエット効果が生じます。

食生活を気を付けることは、
健康にもダイエットにも大切そうです。
詳しくは、下記に掲載中です。



酵素の種類

人の健康に関係する酵素は、
・消化酵素
・代謝酵素
・食物酵素
がある。

「消化酵素」は、
主に
・「でんぷん」を分解する「アミラーゼ」
・「タンパク質」を分解する「プロテアーゼ」
・「脂肪」を分解する「リパーゼ」
がある。
人が食事をすると、
体内で、「消化酵素」として分泌されるもの。



「代謝酵素」は、
「消化酵素」によって、
栄養素が体内でエネルギ―に変換したものを、
身体を動かすための使用する役割を持つ。
・運動
・呼吸
・脳機能
・老廃物の排出
・ウィルスの撃退
・肌の新陳代謝
などの人間の生命活動の中で活躍する。



「食物酵素」は、
「消化酵素」を節約することで、
「代謝酵素」の量を増やす機能を持っていて、
「代謝酵素」の働きをサポートすることができる酵素です。

「食物酵素」は、

・生野菜
・果物
・新鮮な食品
・発酵食品
・お刺身
・納豆
・味噌

などに含まれ、
消化の助けをしてくれる。
お寿司やサラダ、果物などを食べた後に、
お腹がスッキリした感じがするのは、
「食物酵素」が消化をサポートしている効果。

「食物酵素」により「消化酵素」が節約されることで、
「代謝酵素」に余裕が生まれ、
新陳代謝が良くなり、
病気の予防や、
解毒作用が高まる、
などの効果が出てくることが知られている。


酵素の多い野菜

・ダイコン
・キャベツ
・イモ ___(デンプンを分解する「アミラーゼ」)
・トウモロコシ ___(脂肪の分解を助けるリパーゼ)
・タマネギ ___(タンパク質の分解を助けるプロテアーゼ)


食物酵素を有効に摂取できるおすすめの食べ方は、
「すりおろす」と良いらしい。
細胞壁が破壊され、「食物酵素」が活発に働くことが知られている。
普通に食べるより、2~3倍の量の酵素を摂取することができるとのこと。

「だいこん」「にんじん」「たまねぎ」などは、
「すりおろし」のおすすめ食品。
「すりおろし」は酸化しやすいので、
食べる直前に「すりおろす」のが良い方法。



大根は、
・デンプンを分解する「アミラーゼ」「ジアスターゼ」
・タンパク質を分解するのを助ける「プロテアーゼ」
・脂肪を分解する「リパーゼ」
など、多くの酵素が含まれる。


キャベツは、
・デンプンを分解するのを助ける「ジアスターゼ」
・胃薬にもなっているビタミン「キャベジン」
・脂肪を分解する「リパーゼ」 が含まれる。
「胃もたれ」や「胸やけ」などにも効果がある。


イモ類は、
デンプンを分解する「アミラーゼ」がデンプンを糖に分解しているため甘くなる。



Back