RenojiStock IT 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs
Life

水太り・むくみの改善方法



顔がむくんだ時に調べた時のメモ。
顔がむくむのも、身体がむくむのも原因があるようです。
生活スタイルがむくみを引き起こしているそうなので、 むくみがちな人は気をつけた方が良いかもしれません。



「水太り」と「むくみ」


水太りは、水を栄養素として太るのではなく、
摂取した水分が体内に留まり、不要な水分を体外に排出できない状態の事を言う。

水分代謝がうまく機能していないことが多い。

水太りの初期状態が「むくみ」の状態で、
体外に不要な水分を排出できないので、水分により体が膨張している状態になっている。


むくみの状態が継続すると、水太りとなり、
体内に溜め込んだ水分などの老廃物が脂肪と結びついて塊となり、「セルライト」が形成される。
セルライトは、一度できるとなかなかなくすことができないので、
セルライトができる前に、「水太り」「むくみ」を改善するのが望ましい。

水太りは、肥満ではないが、水太り(セルライト)が肥満の招く可能性もある。
水分代謝の機能を良くすることで予防できる。



「水太り」と「むくみ」の原因


「水太り」と「むくみ」の原因は、 ・水分代謝機能の低下
が考えられることが多い。


「水分代謝機能」を低下させる原因は、いくつか考えられる。
・泌尿器系の老化・病気・機能低下
・腎臓(尿を作る臓器)の老化・病気・機能低下
・塩分の過剰摂取
・カリウム不足(カリウムには、余分な塩分を尿として排出させる効果がある)


「腎臓」は、
「尿を作り出す臓器」であり、体内・血液内の「ろ過装置」の役割を担っている。
30代以降に、腎臓機能の老化・低下現象が始まると言われている。

腎臓に良くないこと
・多すぎる「塩分」と「カリウム」
・すべての食事・栄養の過剰摂取
・炭酸飲料(炭酸には、泡立ち維持のため、塩分が含まれていることが多く、過剰摂取になりやすい。腎臓に良くないリン酸も含まれる。)



腎臓の働きを助ける食べ物
・魚介類・海藻類のすべて
・しじみ
・昆布
・イワシ
・カツオ
・ブリ
・牡蠣

・豆類・・・・利尿作用や解毒作用がある
・ごま
・大豆
・黒豆
・あずき

・適量の水分摂取(1日2リットル)
・キャベツ
・ニンニク
・ほうれん草
・はとむぎ


しじみには、「オルチニン」というアミノ酸が含まれており、
「オルニチン」は、腎臓障害の改善に良いとされる成分で、ビタミンやたんぱく質、ミネラルも含まれていて栄養豊富。



カリウムが豊富で過剰摂取が注意な食べ物
・バナナ
・ジャガイモ

カリウムが豊富なので、塩分を多く摂取している人には良いが、
塩分摂取量が少ない人は、カリウム過剰で腎機能に良くない場合がある。



「水太り」体質の特徴


・冷え性
・立ち仕事
・長時間同じ姿勢
・締め付けのきつい服が多い
・トイレの回数が少ない
・汗をほとんどかかない
・身体がだるい・疲れを感じる
・濃い味の食事が好き
・運動不足
・朝、顔がむくんでいる
・ジュース類の清涼飲料水を1日1本飲む
・歩いていて、ときどきつまづく
・持っているものを時々落とす
・就寝2時間以内に飲食をすることがある
・飲酒週間がある


既に「水太り」状態になている人の特徴
・ぽっちゃりしていて色白
・脂肪がの部分が柔らかく「ぷよぷよ」している
・下半身太り



「水太り」「むくみ」の改善方法


・塩分をとりすぎない
・カリウムが不足しないように摂取する
・下半身を鍛える
・足を定期的にあげる
・体をあたためる
・水分をしっかりと摂る
・半身浴
・足湯
・有酸素運動を行う(ランニング・ウォーキング)
・少し足を高くして寝る