RenojiStock IT Design 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs





ダイエット【ファーストステップ編】



ダイエットをする時の最初のステップは、 筋トレや食事制限ではなく、ただ身体を動かすこと。
今ある筋肉を少しずつ動かすことで、身体の準備ができて、 現在の太ってしまう体質を転換する分岐点にすることができます。


ダイエットが上手くいかない原因は、 過剰な筋トレや、過剰な食事制限です。
負荷のない筋肉痛にならない動きで、 食事も少し減らすだけなら、ダイエットも成功しそう。



INDEX


まずは屈伸運動10回から
身体の大きな筋肉




まずは屈伸運動10回から


ダイエットを始めるのに最適な運動は、 地味ですが「屈伸運動」です。
ただしゃがんで立ち上がるだけを、午前と午後に10回ずつするだけで、 運動していない身体には、良い運動になります。
「壁」「机」「椅子」などにつかまって、膝を痛めないように数回からはじめます。
辛かったら、ちょこっと膝を曲げるだけでも大丈夫です。
1回でも大丈夫。
身体をじっくり育てていきます。

慣れてきたら、徐々に回数を増やすのも良いですが、 10回を行う時間帯を1日2回から徐々に増やしていって、 1時間に1セットを行うように増やしていくのがコツです。

長続きのコツは、「苦しい無理なことはしない」です。
食事もきちんと食べて、気持ち少なめ程度で良いです。
その分消費を増やせば良いだけです。

「屈伸運動」の良いところは、 大きな筋肉を使うことです。
「お尻」「太もも」「ふくらはぎ」といった、 身体の中でも大きな筋肉を動かすので、 血流も良くなる上に、大きな筋肉なので、消費エネルギーも多くなります。
かなり良いことづくめです。

「掘進運動」は、痛めやすい側面がありますので、 膝を痛めないことだけ注意してください。


Back



身体の大きな筋肉


エネルギーを大きく消費するには、大きな筋肉を動かすのが効率的です。
大きな筋肉を大きくすると、基礎代謝も多くなるので、痩せやすい太りにくい体質になるので、
筋肉をつけるトレーニングをする時には、意識すると効率的です。

身体で、1大きな筋肉は、「お尻」「太もも」「フクラハギ」にあります。
なので、屈伸運動は効率的なダイエット運動になります。
「肩まわり」「背中」にも、大きな筋肉があるので、意識的に動かしていくと、 少しの運動でも、多くのエネルギーが消費されます。



大きな筋肉

順位部位筋肉名筋肉の大きさ
(対大腿四頭筋)
1位太もも大腿四頭筋100
2位お尻大臀筋45.2
3位三角筋41.4
4位太もも後ハムストリングス40.6
5位大胸筋35.3
6位二の腕上腕三頭筋32.4
7位フクラハギの下部ヒラメ筋30.1
8位背中の腰〜脇広背筋28.8
9位僧帽筋23.9
10位二の腕上腕二頭筋19.1
11位フクラハギ腓腹筋16.8
12位腰から首筋脊柱起立筋11.8
13位お腹腹直筋8.9
14位前腕前腕の筋肉8.5
15位脇腹腹斜筋7.5


Back