【健康】「風邪」に役立つ豆知識

【健康】
「風邪」に役立つ豆知識




「風邪」に役立つ豆知識をまとめています。





詳しくは、
下記をご参照ください。



喉が痛い時の対策


「喉」が痛くなった時には、
下記の方法を試すと、
ほとんどの「喉の痛み」が治ります。
科学的な根拠などはわかりませんが、
基本的な予防策の域なので、
気軽に試すことができます。


「喉」が痛くなった時には、
・うがいをする
・のど飴を舐める
・うがい薬でうがいをする
・お風呂に入る
・アルコール濃度高めのお酒を飲む
・薬(風邪薬・炎症止め(ロキソニン)など)を飲む
・喉にシップ(鎮痛消炎薬入り)を貼る
などの方法を実行すると、
「喉の痛み」が改善していきいます。



「シップ(炎症鎮静剤入り)」は、
かなり効果があるので、
痛みが酷い時などに、
「喉」に貼って眠ると、
かなり改善するのでオススメです。


Back

「風邪」の引き始めには「お風呂」は効果的


風邪の引き始めには、
「お風呂」に入って、
「血流」を良くするのが効果的です。


「血流」が良くなることで、
身体の隅々に、
酸素と栄養を届け、
不純物・排泄物など、
滞っていたものを排出してくれます。

「血流」が良くなることで、
風邪などへの「抵抗力」も強くなるので、
風邪の引き始めであれば、
お風呂で治すことが可能です。


Back

「喉の痛み」には鎮痛消炎効果のある「湿布」を貼る


「喉」の痛みが酷くなった時は、
「鎮痛消炎効果」のある「湿布」を
「喉」に貼ると、
痛みが和らぎ、良くなります。


通常だと、
「ロキソニン」などの「解熱鎮痛消炎効果」のある
「錠剤」などを服用して治しますが、

酷くなった「喉の痛み」には、
「錠剤」だけの服用では足りないこともあります。

「鎮痛消炎効果」のある「湿布」は、
薬局でも市販されています。
「喉」の痛む部分に貼り付けることで、
「鎮痛消炎」の働きを助けることができます。



「鎮痛消炎効果」のある「湿布」

「鎮痛消炎効果」のある「湿布」は、
「鎮痛消炎効果」を持つ成分である

・ケトプロフェン(モーラステープ)
・ロキソプロフェン(ロキソニンテープ)

のいずれかが使用されている。
どちらでも、
「鎮痛消炎効果」の優劣はないそうです。


モーラステープ
「モーラステープ」は、
鎮痛消炎成分「ケトプロフェン」を使用し、
「シクロオキシゲナーゼ(COX)」を阻害することによって、
炎症を引き起こす「プロスタグランジン」が生成されるのを抑制し、
「炎症」「痛み」「熱」を抑制する効果を発揮する。


「ロキソニンテープ」
「ロキソニンテープ」の鎮痛消炎成分は、
「ロキソプロフェン」で、
「ケトプロフェン」と同じ効果を持っている。
「錠剤」などで、
「飲み薬」などでも使用されている。
「ロキソニン」という名前で知られている。


Back