【ダイエット】「ダイエット」に「ゼリー」は効果的

【ダイエット】
「ダイエット」に「ゼリー」は効果的




「ダイエット」における「ゼリー」の効果をまとめています。


お腹が空いた時に、
「ゼリー」を食べるだけで、
かなりのダイエットができました。



詳しくは、
下記をご参照ください。



痩せる「ゼリー」の食べ方


痩せる「ゼリー」の食べ方は、
小腹が空いた時に、「ゼリー」を食べる。
です。


カロリーの少ない「ゼリー」を食べて、
無駄なカロリー摂取を控えることで、
ダイエット効果が期待できます。

3kg程の体重を落とすことができました。
他に、「夜の食事はお腹9割まで」と一緒に実行した結果です。
朝・昼は、お腹6割ぐらいの食事にしています。



余計な間食をしなくなるので、
「摂取カロリー」を抑えられ、
お腹を満たすこともできるのが、
「ゼリー」の良いところです。


Back

「ゼリー」は「ダイエット」に効果的だった


「ダイエット」を積極的にしていたわけではなかったのですが、
「食事」を控えめにし、
「空腹」を感じたら、「ゼリー」を食べていたら、 自然と体重が減っていきました。


「食事量」と「ゼリー」で、
ちょうど良い「摂取カロリー」になったみたいで、
「空腹感」や「精神的負担」も感じることなく、
体重を減らすことが出来ました。


知らぬうちに、
ゼリー」は「ダイエット」に効果的だったことを実感です。


Back

カロリーの高い「ゼリー」もあるので注意


「ゼリー」は、
「カロリー」が低い食べ物の印象がありますが、
「カロリー」が高い「ゼリー」もあります。

「ぜりー」自体にも「カロリー」があるので、
食べても太らない食材ではない。
他の食品と比べて、

カロリーが少ない程度で考えて置く。


加えて、
「ゼリー」には、
味の原料が含まれていて、
「ゼラチン」「寒天」などの材料だけではない。
主に、味付けで使用されている原料の方が、
「カロリー」が高い場合が多い。


「ゼリー」を購入するときは、
背面などに記載されている
「栄養素」を確認してから購入すると良いと思います。


「栄養素」を見てみると、
「ゼリー」も食べ過ぎたら
「太る」ということがわかります。

美味しい「蒟蒻畑」は「6個」ぐらい食べたら、
お茶碗1杯分のお米を食べたのと同じぐらいになる。



各種ゼリー「100g」当たりの栄養成分
品名エネルギー量(カロリー)糖質量
白米156kcal-
玄米152kcal-
ゼラチン80kcal-
寒天306kcal2.97g
ペクチン325kcal-
プリン126kcal12.61g
  
  
蒟蒻畑(4個)100kcal24.4g
ララクラッシュ(4個)29kcal9g
  
  
オレンジゼリー(100gあたり)79kcal19.6g
コーヒーゼリー44kcal10.3g
ミルクゼリー103kcal14.4g
みかんゼリー53kcal12.1g
カスタードプリン116kcal14.0g
水ようかん168kcal37.7g


Back