【ダイエット】「ダイエット」の豆知識

【ダイエット】
「ダイエット」の豆知識




「ダイエット」の豆知識をまとめています。





詳しくは、
下記をご参照ください。



ダイエットには「絶対条件」がある


ダイエットを成功させるには、
摂取カロリー < 消費カロリー
という、
「絶対条件」をクリアしなければならない。

どのようなダイエット法も、
この「絶対条件」を満たさなければ、
ダイエットが成功することはない。


Back

「腹8分目」ぐらいの食事量だと自然と痩せる


食事の量は、
お腹の8分目(腹8分目)にしておくと、
普通に仕事などの生活をしていれば、
自然と痩せます。

もし痩せない時は、
「腹7分目」「腹6分目」・・・・
と少しずつ減少していってください。

少し痩せ始めたぐらいの時の食事量が、
自分の適正な食事量です。

自分の適正な食事量を
カロリーに換算すると、
1日にどれくらいの食事が必要かが
理解できます。


自分の適正な食事量以下の食事にすると、
色々な健康障害が発生してきます。
集中力なども落ち、
忍耐力や持久力も無くなり、
仕事や勉強はうまくいかず、
精神的にも不安定になり、
イライラすることが多くなるはずです。


Back

「脂肪1g」のエネルギー量は「9キロカロリー」


「脂肪」のエネルギー量は、「9kcal/g」です。
「脂肪1g」=「9kcal」=「9000カロリー」
凄く多いように見えます。
「白米」の「ご飯1杯(150g)」のエネルギー量と比較してみると、
「脂肪1g」が大きな存在かがわかります。

「白米」の「ご飯1杯(150g)」のエネルギー量は、
「白米」の「ご飯1杯(150g)」=「234kcal」
「白米」の「ご飯1g」=「1.56kcal」
ほどだと言われています。

「脂肪1g」は、
「白米ご飯1g」の「約9倍」のエネルギー量です。


「脂肪1kg」を消費するには、
「9000kcal(キロカロリー)」を消費する必要がある。
成人男性の1日の消費カロリーは、「約2600kcal」。
成人女性の1日の消費カロリーは、「約2000kcal」。
「白米御飯」で言えば、「5769g」=「白米御飯38杯分」です。
「腹8分目(80%)」ぐらいの食事をしていれば、
1ヶ月ほどで、「1kg」ぐらいは簡単に減量できそうです。


Back

1日に必要なカロリー量ってどれくらい?


人が1日に消費するエネルギー量は、
「活動量」「運動量」などによって前後しますが、
男性であれば「約 2600 kcal」。
女性であれば「約 2000 kcal」。
となっています。


摂取カロリーが、

1日の消費量以下に抑えられれば、
自然と痩せていくことを意味しています。



人は、
生命維持に、必ずエネルギーが必要なので、
最低限の食事を摂取する必要があります。

何もしないでも人が消費する基礎代謝カロリーは、
男性が「約 1600 kcal/日」。
女性が「約 1300 kcal/日」。
と言われています。

最低でも、
毎日基礎代謝カロリー分の食事は摂取しないといけません。
健康な身体を維持できなくなります。



男性における1日の必要摂取カロリー(kcal/日)
身体活動レベル
年齢低い(Ⅰ)普通(Ⅱ)高い(Ⅲ)
18〜29歳2300kcal2600 kcal3050 kcal
30〜49歳2300kcal2700kcal3050 kcal
50〜64歳2200kcal2600 kcal2950kcal
65〜74歳2050kcal2400kcal2750kcal
75歳以上1800kcal2100kcal


女性における1日の必要摂取カロリー(kcal/日)】
身体活動レベル
年齢低い(Ⅰ)普通(Ⅱ)高い(Ⅲ)
18〜29歳170020002300
30〜49歳175020502350
50〜64歳165019502250
65〜74歳155018502100
75歳以上14001650


Back

「ダイエット」に適した「摂取カロリー」


「ダイエット」に適した「摂取カロリー」は、
「基礎代謝カロリー」と「必要摂取カロリー」の間に位置する範囲内にする。
身体的にも負担が少なく、健康的にダイエットをすることができます。

基礎代謝カロリー ←←←←←←←←←← ダイエット用摂取カロリー →→→→→→→→→→ 必要摂取カロリー


個人差もあるので、
「基礎代謝カロリー」「必要摂取カロリー」には誤差があるので、
ダイエットをしながら、
自分自身に適切な「摂取カロリー」を見つけることがポイント。


Back

ダイエットの失敗原因は、ほとんどが「栄養不足」


ダイエットの失敗原因は、
ほとんどが「栄養不足」。

人が何もしない状態でも、
「内蔵」などの働きを維持するために、
エネルギーが消費され、 「基礎代謝エネルギー」と呼ばれています。


「ダイエット」が失敗するときは、
ほとんどが「栄養不足」による
イライラや集中力欠如、思考停止などが原因となっています。

その原因は、
必要な「基礎代謝エネルギー量」を下回る
「食事制限」などを行っていることが原因で、
簡単に言えば「栄養不足」です。


「基礎代謝エネルギー量」を下回ると、
身体が「栄養(エネルギー)」を必要とし、
「脳」が食事を促し、
身体に栄養を蓄積するように指令を出します。

これが「ダイエット」の「リバウンド」です。


「基礎代謝エネルギー量」を下回る「カロリー制限」は、
「ダイエット」ではなく、太るための活動になってしまいます。


若い人に多い「絶食ダイエット」は、
実は、「ダイエット」活動ではなくなっています。


Back