ITメモ
JavaScript
「Javascript」の基礎知識
「Javascript」の使い方【Javascript】エラーチェックをする方法【Javascript】変数【Javascript】配列(Array)【Javascript】「DOM(Document Object Model)」の使い方【Javascript】関数 / Function【Javascript】条件分岐・繰り返し【Javascript】イベントハンドラー(Event Handler)【Javascript】文字の操作方法【Javascript】文字の検索方法【Javascript】スコープ【Javascript】ファイルの操作方法【Javascript】画像の操作方法【Javascript】情報を出力・チェックする方法【Javascript】ヒアドキュメントの使い方【Javascript】Built-in Object(ビルトインオブジェクト)【Javascript】ライブラリー / Library
Library
「Ajax」の使い方
Library「jQuery」
【jQuery】とは【jQuery】の書式【jQuery】「Javascript」にリンクさせる方法【jQuery】「Javascript」に記述する方法【jQuery】のオブジェクト【jQuery】「CSS」を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」要素の情報を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」タグを追加する方法【jQuery】ユーティリティ関数【jQuery】イベントアクションを設定する方法【jQuery】イベントオブジェクト「.on」の使い方【jQuery】読み込み完了してから実行する「.ready」の使い方【jQuery】「Ajax」を使う方法【jQuery】「エフェクト」「アニメーション」を使う方法
Reference
数字
【Javascrpt】計算に誤差が出る時の解決方法
ファイル読み込み
【Javascrpt】「XMLHttpRequest」コンストラクタ - サーバーのファイルを読み込む方法
イベント
【Javascrpt】ページ読み込み時に「Javascript」を実行する方法【Javascrpt】画像読み込みが完了してから、次の処理を実行する方法【Javascrpt】「addEventListener()」の使い方 - イベントが発生したのを検知して実行する方法
要素情報
【Javascrpt】HTMLタグの「class」属性値を取得、変更する方法【Javascrpt】「querySelector()」の使い方 - HTML要素の情報を参照・設定する方法【Javascrpt】「querySelectorAll()」の使い方 - 要素内の指定した子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「classList」プロパティ - HTMLタグ属性値「class」の情報を参照・確認・追加・削除する方法【Javascrpt】「getElementById()」の使い方 - HTML要素の情報を「ID名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「getElemetnsByClassName()」の使い方 - HTML要素の情報を「クラス名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「Node.Childnodes」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「ParentNode.children」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】要素の配置位置を確認する方法
Style関連
スタイル属性(色・線・大きさなど)を参照・変更する方法【Javascript】「getPropertyValue」メソッド - 指定されたCSSプロパティの値などを取得する【Javascript】「getComputedStyle」メソッド - CSSを適用したスタイルを参照する
ページ関連
【Javascript】Webページのタイトルを変更する方法【Javascript】「モニター」情報を取得する方法【Javascript】「ブラウザ」情報を取得する方法【Javascript】「ページ」情報を取得する方法【Javascript】「イベント」情報を取得する方法【Javascript】「マウス」情報を取得する方法
サイズ関連
【Javascript】要素の縦・横サイズを参照・変更する方法【Javascript】「モニター」「ブラウザ」のサイズ情報を取得する方法
端末情報
【Javascript】スマートフォンからのアクセスを識別する方法





【Javascript】「ページ」情報を取得する方法









現在のWebページ情報を取得する方法


「ロケーション(Location)」オブジェクトは、
Webページのアドレス「URL」の情報を参照できるメソッドをまとめている。

Webページを他のページに振り分けたり、 強制的に再読み込みさせることができたりもします。



「ロケーション(Location)」オブジェクト 一覧

アドレス情報
window.location - 現在表示しているURLに関する情報を持つオブジェクト。
window.location.protocol - URL の各部を示す文字列を返す。
window.location.host - URL の各部を示す文字列を返す。
window.location.hostname - URL の各部を示す文字列を返す。
window.location.port - URL の各部を示す文字列を返す。
window.location.pathname - URL の各部を示す文字列を返す。
window.location.search - URL の各部を示す文字列を返す。
window.location.hash - URL の各部を示す文字列を返す。
指定アドレスにジャンプする
window.location.href - 現在表示しているURLを示す文字列。URL を代入すると、そのURLにジャンプ。
window.location.assign(url) - url を読込んで表示します。
window.location.replace(url) - url で指定されたページを読込みます。
window.location.reload([force]) - ページを再表示す。force に true を指定は、強制的リロード。



サンプルコード

URLの値が "http://○○.com:8000/first/second/filename.php?dir=dirname#ZZZ"
protocol: "http:"
host: "○○.com:8000"
hostname: "○○.com"
port: "8000"
pathname: "/first/second/filename.php"
search: "?dir=dirname"
hash: "#ZZZ"


location.href = "http://○○.com/first/second/filename.php";
location.hash = "XYZ";

top.migipage.location.href = "http://www.yyy.zzz/";


Back



Webページの過去履歴を取得する方法


「ヒストリ(History)」オブジェクトは、
Webページの閲覧履歴(ヒストリー)の情報を参照できるメソッドをまとめている。



「ヒストリ(History)」オブジェクトとは 一覧

戻ると進む
window.history過去に見ていたページなどの、ウィンドウのヒストリ情報を保持・操作するオブジェクト。
window.history.lengthヒストリの個数を返す。
window.history.currentヒストリ上の、現在の(current)アドレス(URL)を示す文字列を返す。
window.history.next次の(next)アドレス(URL)を示す文字列を返す。
window.history.previous前の(previous)アドレス(URL)を示す文字列を返す。
window.history.back()back() はひとつ前のページにジャンプ。
window.history.forward()forward() はひとつ先のページにジャンプ。
window.history.go(n)go(n) は n 個先のページにジャンプ。n に負数を指定も可能。



サンプルコード

<a href="#" onclick="history.back(); return false;">[戻る]</a>


Back