ITメモ
JavaScript
「Javascript」の基礎知識
「Javascript」の使い方【Javascript】エラーチェックをする方法【Javascript】変数【Javascript】配列(Array)【Javascript】「DOM(Document Object Model)」の使い方【Javascript】関数 / Function【Javascript】条件分岐・繰り返し【Javascript】イベントハンドラー(Event Handler)【Javascript】文字の操作方法【Javascript】文字の検索方法【Javascript】スコープ【Javascript】ファイルの操作方法【Javascript】画像の操作方法【Javascript】情報を出力・チェックする方法【Javascript】ヒアドキュメントの使い方【Javascript】Built-in Object(ビルトインオブジェクト)【Javascript】ライブラリー / Library
Library
「Ajax」の使い方
Library「jQuery」
【jQuery】とは【jQuery】の書式【jQuery】「Javascript」にリンクさせる方法【jQuery】「Javascript」に記述する方法【jQuery】のオブジェクト【jQuery】「CSS」を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」要素の情報を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」タグを追加する方法【jQuery】ユーティリティ関数【jQuery】イベントアクションを設定する方法【jQuery】イベントオブジェクト「.on」の使い方【jQuery】読み込み完了してから実行する「.ready」の使い方【jQuery】「Ajax」を使う方法【jQuery】「エフェクト」「アニメーション」を使う方法
Reference
数字
【Javascrpt】計算に誤差が出る時の解決方法
ファイル読み込み
【Javascrpt】「XMLHttpRequest」コンストラクタ - サーバーのファイルを読み込む方法
イベント
【Javascrpt】ページ読み込み時に「Javascript」を実行する方法【Javascrpt】画像読み込みが完了してから、次の処理を実行する方法【Javascrpt】「addEventListener()」の使い方 - イベントが発生したのを検知して実行する方法
要素情報
【Javascrpt】HTMLタグの「class」属性値を取得、変更する方法【Javascrpt】「querySelector()」の使い方 - HTML要素の情報を参照・設定する方法【Javascrpt】「querySelectorAll()」の使い方 - 要素内の指定した子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「classList」プロパティ - HTMLタグ属性値「class」の情報を参照・確認・追加・削除する方法【Javascrpt】「getElementById()」の使い方 - HTML要素の情報を「ID名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「getElemetnsByClassName()」の使い方 - HTML要素の情報を「クラス名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「Node.Childnodes」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「ParentNode.children」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】要素の配置位置を確認する方法
Style関連
スタイル属性(色・線・大きさなど)を参照・変更する方法【Javascript】「getPropertyValue」メソッド - 指定されたCSSプロパティの値などを取得する【Javascript】「getComputedStyle」メソッド - CSSを適用したスタイルを参照する
ページ関連
【Javascript】Webページのタイトルを変更する方法【Javascript】「モニター」情報を取得する方法【Javascript】「ブラウザ」情報を取得する方法【Javascript】「ページ」情報を取得する方法【Javascript】「イベント」情報を取得する方法【Javascript】「マウス」情報を取得する方法
サイズ関連
【Javascript】要素の縦・横サイズを参照・変更する方法【Javascript】「モニター」「ブラウザ」のサイズ情報を取得する方法
端末情報
【Javascript】スマートフォンからのアクセスを識別する方法





【Javascript】「マウス」情報を取得する方法









「Javascript」で取得できるマウス情報 一覧


マウスが動く度に、マウス情報を取得して表示するようにしています。



内容Javascript値(あなたのPC値)
ディスプレイ上のマウスのX(横)位置情報window.event.screenX
ディスプレイ上のマウスのY(縦)位置情報window.event.screenY
ブラウザ上のマウスのX(横)位置情報window.event.clientX
ブラウザ上のマウスのY(縦)位置情報window.event.clientY
要素上のマウスのX(横)位置情報window.event.offsetX
要素上のマウスのY(縦)位置情報window.event.offsetY
スクロールの縦位置情報document.documentElement.scrollTop
スクロールの横位置情報document.documentElement.scrollTop


Back



マウスの位置を確認する方法


マウス位置に何かを表示する時などに、マウス位置を取得する時に使える方法。
「イベントオブジェクト」を利用するので、関数を呼び出す時に、引数に、イベントオブジェクトを格納する「e」「event」という引数を、最初に記述する。
そうすると、関数内で、マウスイベントの情報を取得することができる。
引数は、他の引数も渡せるので、「イベントオブジェクト」の引数を先頭にして、その後に、複数の引数を記述することも可能。


イベントオブジェクトの取得方法。


javascriptで、マウスの位置を確認するには、イベントオブジェクトを利用して確認する。

IEは、「window.event」でイベントオブジェクトを取得できる。
他のブラウザは、「関数(e){プログラム}」で、「e」引数にイベントオブジェクトが代入される。

IEと他のブラウザに対応させるために、「if (!e) e = window.event;」でイベントオブジェクトを「e」に代入させることで、IEブラウザに対応させる。


イベントのみで引数なしの関数


function 関数名(e){
if (!e) e = window.event;

var Screen_Width=e.screenX;
var Screen_Height=e.screenY;
var Browzer_Width=e.clientX;
var Browzer_Height=e.clientY;
}



イベントのみで引数なしの関数呼び出し

関数名(event);

//クリックしたときに実行される
document.onmousedown = 関数名;

//マウスを移動させると実行される
document.onmousemove = 関数名;


イベントと複数引数の関数

function 関数名(e,変数名,変数名,・・・・){
if (!e) e = window.event;

var Screen_Width=e.screenX;
var Screen_Height=e.screenY;
var Browzer_Width=e.clientX;
var Browzer_Height=e.clientY;

}


イベントと複数引数の関数の呼び出し

関数名(event,引数,引数,・・・・);

//クリックしたときに実行される
document.onmousedown = 関数名(event,引数,引数,・・・・);

//マウスを移動させると実行される
document.onmousemove = 関数名(event,引数,引数,・・・・);


イベントのプロパティ

プロパティ名説明
screenXNumberモニタのスクリーン領域の左上を原点(0)とした水平位置( x 座標)
screenYNumberモニタのスクリーン領域の左上を原点(0)とした垂直位置( y 座標)
clientXNumberブラウザのクライアント領域の左上を原点(0)とした水平位置( x 座標)
clientYNumberブラウザのクライアント領域の左上を原点(0)とした垂直位置( y 座標)
offsetXNumberイベントが発生した要素上のX座標
offsetY Numberイベントが発生した要素上のY座標



Back



スクロール位置を確認する方法


スクロール位置を確認するとは

画像などを大きくして表示させたい時などに、スクロール位置を取得して、画像表示の位置を指定する時に使われる。
使える手法なので覚えておくと便利。



サンプルコード


画面をクリックした時に、実行されるJavascriptコード。

function MouseAction(e) {

標準モード
var ScrollTop_A=document.documentElement.scrollTop;
var ScrollLeft_A=document.documentElement.scrollLeft;

互換モード
var ScrollTop_B=document.body.scrollTop;
var ScrollLeft_B=document.body.scrollLeft;


var Get_ScrollTop=document.documentElement.scrollTop;
window.document.getElementById('id名').innerHTML=Get_ScrollTop+"px";
var Get_ScrollLeft=document.documentElement.scrollLeft; window.document.getElementById('id名').innerHTML=Get_ScrollLeft+"px";

}
document.onmousedown = MouseAction;



ブラウザ対応
FireFoxdocument.documentElement
IE ver.11document.documentElement
Chromedocument.body
Safaridocument.body


Back