ITメモ
JavaScript
「Javascript」の基礎知識
「Javascript」の使い方【Javascript】エラーチェックをする方法【Javascript】変数【Javascript】配列(Array)【Javascript】「DOM(Document Object Model)」の使い方【Javascript】関数 / Function【Javascript】条件分岐・繰り返し【Javascript】イベントハンドラー(Event Handler)【Javascript】文字の操作方法【Javascript】文字の検索方法【Javascript】スコープ【Javascript】ファイルの操作方法【Javascript】画像の操作方法【Javascript】情報を出力・チェックする方法【Javascript】ヒアドキュメントの使い方【Javascript】Built-in Object(ビルトインオブジェクト)【Javascript】ライブラリー / Library
Library
「Ajax」の使い方
Library「jQuery」
【jQuery】とは【jQuery】の書式【jQuery】「Javascript」にリンクさせる方法【jQuery】「Javascript」に記述する方法【jQuery】のオブジェクト【jQuery】「CSS」を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」要素の情報を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」タグを追加する方法【jQuery】ユーティリティ関数【jQuery】イベントアクションを設定する方法【jQuery】イベントオブジェクト「.on」の使い方【jQuery】読み込み完了してから実行する「.ready」の使い方【jQuery】「Ajax」を使う方法【jQuery】「エフェクト」「アニメーション」を使う方法
Reference
数字
【Javascrpt】計算に誤差が出る時の解決方法
ファイル読み込み
【Javascrpt】「XMLHttpRequest」コンストラクタ - サーバーのファイルを読み込む方法
イベント
【Javascrpt】ページ読み込み時に「Javascript」を実行する方法【Javascrpt】画像読み込みが完了してから、次の処理を実行する方法【Javascrpt】「addEventListener()」の使い方 - イベントが発生したのを検知して実行する方法
要素情報
【Javascrpt】HTMLタグの「class」属性値を取得、変更する方法【Javascrpt】「querySelector()」の使い方 - HTML要素の情報を参照・設定する方法【Javascrpt】「querySelectorAll()」の使い方 - 要素内の指定した子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「classList」プロパティ - HTMLタグ属性値「class」の情報を参照・確認・追加・削除する方法【Javascrpt】「getElementById()」の使い方 - HTML要素の情報を「ID名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「getElemetnsByClassName()」の使い方 - HTML要素の情報を「クラス名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「Node.Childnodes」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「ParentNode.children」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】要素の配置位置を確認する方法
Style関連
スタイル属性(色・線・大きさなど)を参照・変更する方法【Javascript】「getPropertyValue」メソッド - 指定されたCSSプロパティの値などを取得する【Javascript】「getComputedStyle」メソッド - CSSを適用したスタイルを参照する
ページ関連
【Javascript】Webページのタイトルを変更する方法【Javascript】「モニター」情報を取得する方法【Javascript】「ブラウザ」情報を取得する方法【Javascript】「ページ」情報を取得する方法【Javascript】「イベント」情報を取得する方法【Javascript】「マウス」情報を取得する方法
サイズ関連
【Javascript】要素の縦・横サイズを参照・変更する方法【Javascript】「モニター」「ブラウザ」のサイズ情報を取得する方法
端末情報
【Javascript】スマートフォンからのアクセスを識別する方法





要素の縦・横サイズを参照・変更する方法



「Japascript」で、要素のサイズなどを知りたい時は多いので、覚えておくと便利。
基本の記述で、必ず使う。


HTMLファイルを読み込み直後の最初の操作では、「CSSに指定したサイズ」は読み込めない。
「style.height」「style.width」は、読み込み時にサイズを読み込めない。






要素の縦・横サイズを参照・変更する書式


要素のスタイル属性に指定されている高さと幅の指定値は、
HTMLファイルを読み込み直後の最初の操作では参照できない。
指定値を設定することは、HTMLファイルを読み込み直後の最初の操作でも設定可能。

要素の縦・横サイズを参照する書式


//要素の「padding」を含む高さを参照する
var 変数名 = window.document.getElementById("ID名").clientHeight;

//画面上に表示されていないコンテンツを含む高さ
要素の「padding」を含む画面上に表示されていないコンテンツを含む高さ
var 変数名 = window.document.getElementById("ID名").scrollHeight

//要素の「border」「padding」「スクロールバー」を含む高さ
var 変数名 = window.document.getElementById("ID名").offsetHeight

//要素のスタイル属性に指定されている高さを取得する
var 変数名 = window.document.getElementById("ID名").style.height
var 変数名 = window.document.getElementById("ID名").style.maxHeight
var 変数名 = window.document.getElementById("ID名").style.minHeight

//要素の「padding」を含む幅
var 変数名 = window.document.getElementById("ID名").clientWidth

//要素の「padding」を含む画面上に表示されていないコンテンツを含む幅
var 変数名 = window.document.getElementById("ID名").scrollWidth

//要素の「border」「padding」「スクロールバー」を含む幅
var 変数名 = window.document.getElementById("ID名").offsetWidth

//要素のスタイル属性に指定されている幅を取得する
var 変数名 = window.document.getElementById("ID名").style.width
var 変数名 = window.document.getElementById("ID名").style.maxWidth
var 変数名 = window.document.getElementById("ID名").style.minWidth



要素の縦・横サイズを設定する書式


var Size_Height=window.document.getElementById("要素のID名").clientHeight;
var Size_Width=window.document.getElementById("要素のID名").clientWidth;

var Contents_Width=window.document.getElementById("要素のID名").offsetWidth;
var Contents_Height=window.document.getElementById("要素のID名").offsetHeight;

下記の記述で、「要素の幅・高さ」も取得可能、、HTMLファイルを読み込み直後の最初の操作では、CSSに指定したサイズは読み込めない。
var Style-Width=window.document.getElementById("要素のID名").style.height;
var Style-Height=window.document.getElementById("要素のID名").style.width;


Javascriptで「要素の幅・高さ」を変更したい時の方法

window.document.getElementById("要素のID名").style.height="100px";
window.document.getElementById("要素のID名").style.width="100px";

サイズを指定するときは、サイズ単位「px」を記述しないとサイズ指定が反映されない。




Back



要素のサイズを参照・変更できるプロパティ


要素のサイズを参照・変更できるのは、
プロパティ説明
高さ
clientHeight「padding」を含む高さ
scrollHeight「padding」を含む画面上に表示されていないコンテンツを含む高さ
offsetHeight「border」「padding」「スクロールバー」を含む高さ
style.height要素のスタイル属性の「height」プロパティの値を取得・設定する。。「height」プロパティは、要素の高さを指定できる。
style.maxHeight要素のスタイル属性の「max-height」プロパティの値を取得・設定する。「max-height」プロパティは、要素の高さの最大値を指定できる。
style.minHeight要素のスタイル属性の「min-height」プロパティの値を取得・設定する。「min-height」プロパティは、要素の高さの最小値を指定できる。
  
  
横幅
clientWidth「padding」を含む幅
scrollWidth「padding」を含む画面上に表示されていないコンテンツを含む幅
offsetWidth「border」「padding」「スクロールバー」を含む幅
style.width要素のスタイル属性の「width」プロパティの値の値を取得・設定する。「width」プロパティは、要素の幅を指定できる。
style.maxWidth要素のスタイル属性の「max-width」プロパティの値を取得・設定する。「max-widthプロパティは、要素の幅の最大値を指定できる。
style.minWidth要素のスタイル属性の「min-width」プロパティの値の値を取得・設定する。「min-width」プロパティは、要素の幅の最小値を指定できる。
  
  
ウィンドウサイズ
window.innerWidthスクロールバーを含まないウィンドウの幅
window.innerHeightスクロールバーを含まないウィンドウの高さ
window.outerWidthスクロールバーを含むウィンドウの幅
window.outerHeightスクロールバーを含むウィンドウの高さ
  
  
などがあります。


Back