ITメモ
JavaScript
「Javascript」の基礎知識
「Javascript」の使い方【Javascript】エラーチェックをする方法【Javascript】変数【Javascript】配列(Array)【Javascript】「DOM(Document Object Model)」の使い方【Javascript】関数 / Function【Javascript】条件分岐・繰り返し【Javascript】イベントハンドラー(Event Handler)【Javascript】文字の操作方法【Javascript】文字の検索方法【Javascript】スコープ【Javascript】ファイルの操作方法【Javascript】画像の操作方法【Javascript】情報を出力・チェックする方法【Javascript】ヒアドキュメントの使い方【Javascript】Built-in Object(ビルトインオブジェクト)【Javascript】ライブラリー / Library
Library
「Ajax」の使い方
Library「jQuery」
【jQuery】とは【jQuery】の書式【jQuery】「Javascript」にリンクさせる方法【jQuery】「Javascript」に記述する方法【jQuery】のオブジェクト【jQuery】「CSS」を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」要素の情報を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」タグを追加する方法【jQuery】ユーティリティ関数【jQuery】イベントアクションを設定する方法【jQuery】イベントオブジェクト「.on」の使い方【jQuery】読み込み完了してから実行する「.ready」の使い方【jQuery】「Ajax」を使う方法【jQuery】「エフェクト」「アニメーション」を使う方法
Reference
数字
【Javascrpt】計算に誤差が出る時の解決方法
ファイル読み込み
【Javascrpt】「XMLHttpRequest」コンストラクタ - サーバーのファイルを読み込む方法
イベント
【Javascrpt】ページ読み込み時に「Javascript」を実行する方法【Javascrpt】画像読み込みが完了してから、次の処理を実行する方法【Javascrpt】「addEventListener()」の使い方 - イベントが発生したのを検知して実行する方法
要素情報
【Javascrpt】HTMLタグの「class」属性値を取得、変更する方法【Javascrpt】「querySelector()」の使い方 - HTML要素の情報を参照・設定する方法【Javascrpt】「querySelectorAll()」の使い方 - 要素内の指定した子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「classList」プロパティ - HTMLタグ属性値「class」の情報を参照・確認・追加・削除する方法【Javascrpt】「getElementById()」の使い方 - HTML要素の情報を「ID名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「getElemetnsByClassName()」の使い方 - HTML要素の情報を「クラス名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「Node.Childnodes」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「ParentNode.children」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】要素の配置位置を確認する方法
Style関連
スタイル属性(色・線・大きさなど)を参照・変更する方法【Javascript】「getPropertyValue」メソッド - 指定されたCSSプロパティの値などを取得する【Javascript】「getComputedStyle」メソッド - CSSを適用したスタイルを参照する
ページ関連
【Javascript】Webページのタイトルを変更する方法【Javascript】「モニター」情報を取得する方法【Javascript】「ブラウザ」情報を取得する方法【Javascript】「ページ」情報を取得する方法【Javascript】「イベント」情報を取得する方法【Javascript】「マウス」情報を取得する方法
サイズ関連
【Javascript】要素の縦・横サイズを参照・変更する方法【Javascript】「モニター」「ブラウザ」のサイズ情報を取得する方法
端末情報
【Javascript】スマートフォンからのアクセスを識別する方法





【Javascript】ビルトインオブジェクト



「Javascript」には、
標準で組み込まれているオブジェクトとして、
「ビルトインオブジェクト(標準オブジェクト)」があります。






ビルトインオブジェクトとは


「Javascript」には、標準で組み込まれている「オブジェクト」があります。
他の「オブジェクト」は、ユーザースクリプトによって作られたり、
アプリ製作者などによって作られたものが提供されたりしています。

「ビルトインオブジェクト」は、「Javascript」の標準オブジェクトを意味しています。


Back



ビルトインオブジェクト一覧


標準オブジェクト (カテゴリ別)

値プロパティ
これらのグローバルプロパティは、単なる値を返します。これらはプロパティもメソッドも持ちません。
Infinity 
NaN 
undefined 
globalThis 
  
  
関数プロパティ
これらのグローバル関数 (オブジェクト上ではなくグローバルに呼ばれる関数) は、呼び出し元に直接結果を返します。
eval() 引数に記述された「Javascript」コードを評価するメソッド。
式であれば計算した値を表示。
比較式であれば結果「true」か「false」を表示。
uneval() 標準化されておらず、使用しない方が良い。廃止された模様。
isFinite()引数の値が「有限数」かを判定するメソッド。
isNaN() 
parseFloat() 
parseInt() 
encodeURI() 
encodeURIComponent() 
decodeURI() 
decodeURIComponent() 
Deprecated 
escape() 
unescape() 
  
  
基本オブジェクト
これらは、他のすべてのオブジェクトの基礎となる、主要な基本オブジェクトです。これらには、一般的なオブジェクト、関数、そしてエラーを表すオブジェクトが含まれます。
Object 
Function 
Boolean 
Symbol 
  
  
エラーオブジェクト
エラーオブジェクトは基本オブジェクトの特殊型です。これらのオブジェクトには、基本的な Error 型の他に、いくつかの特殊なエラー型があります。
Error 
AggregateError  
EvalError 
InternalError 
RangeError 
ReferenceError 
SyntaxError 
TypeError 
URIError 
  
  
数と日付
これらは数、日付、数学計算を表す基本的なオブジェクトです。
Number 
BigInt 
Math 
Date 
  
  
テキスト処理
これらのオブジェクトは、文字列表現および文字列操作をサポートします。
String 
RegExp 
  
  
索引付きコレクション
これらのオブジェクトは、インデックス値で順序付けされたデータのコレクションを表します。これには、(型付けされた) 配列や配列に似た構造体も含まれます。
Array 
Int8Array 
Uint8Array 
Uint8ClampedArray 
Int16Array 
Uint16Array 
Int32Array 
Uint32Array 
Float32Array 
Float64Array 
BigInt64Array 
BigUint64Array 
  
  
キー付きコレクション
これらのオブジェクトは、キーを使ったコレクションを表します。これらは、挿入順に反復可能な要素で構成されています。
Map 
Set 
WeakMap 
WeakSet 
  
  
構造化データ
これらのオブジェクトは、構造化データバッファおよび JavaScript Object Notation (JSON) を用いて書かれたデータを表現、操作します。
ArrayBuffer 
SharedArrayBuffer 
Atomics 
DataView 
JSON 
  
  
制御抽象化オブジェクト
制御抽象化オブジェクトは、特に非同期のコードを構造化するために役立ちます (例えば深く入り組んだコールバックを使用しないなど)。
Promise 
Generator 
GeneratorFunction 
AsyncFunction 
  
  
リフレクション
Reflect 
Proxy 
  
  
国際化
ECMAScript コアに追加された言語の扱いに影響する機能です。
Intl 
Intl.Collator 
Intl.DateTimeFormat 
Intl.ListFormat 
Intl.NumberFormat 
Intl.PluralRules 
Intl.RelativeTimeFormat 
Intl.Locale 
  
  
WebAssembly
WebAssembly 
WebAssembly.Module 
WebAssembly.Instance 
WebAssembly.Memory 
WebAssembly.Table 
WebAssembly.CompileError 
WebAssembly.LinkError 
WebAssembly.RuntimeError 
  
  
その他
arguments 
  
  


Back