ITメモ
JavaScript
「Javascript」の基礎知識
「Javascript」の使い方【Javascript】エラーチェックをする方法【Javascript】変数【Javascript】配列(Array)【Javascript】「DOM(Document Object Model)」の使い方【Javascript】関数 / Function【Javascript】条件分岐・繰り返し【Javascript】イベントハンドラー(Event Handler)【Javascript】文字の操作方法【Javascript】文字の検索方法【Javascript】スコープ【Javascript】ファイルの操作方法【Javascript】画像の操作方法【Javascript】情報を出力・チェックする方法【Javascript】ヒアドキュメントの使い方【Javascript】Built-in Object(ビルトインオブジェクト)【Javascript】ライブラリー / Library
Library
「Ajax」の使い方
Library「jQuery」
【jQuery】とは【jQuery】の書式【jQuery】「Javascript」にリンクさせる方法【jQuery】「Javascript」に記述する方法【jQuery】のオブジェクト【jQuery】「CSS」を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」要素の情報を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」タグを追加する方法【jQuery】ユーティリティ関数【jQuery】イベントアクションを設定する方法【jQuery】イベントオブジェクト「.on」の使い方【jQuery】読み込み完了してから実行する「.ready」の使い方【jQuery】「Ajax」を使う方法【jQuery】「エフェクト」「アニメーション」を使う方法
Reference
数字
【Javascrpt】計算に誤差が出る時の解決方法
ファイル読み込み
【Javascrpt】「XMLHttpRequest」コンストラクタ - サーバーのファイルを読み込む方法
イベント
【Javascrpt】ページ読み込み時に「Javascript」を実行する方法【Javascrpt】画像読み込みが完了してから、次の処理を実行する方法【Javascrpt】「addEventListener()」の使い方 - イベントが発生したのを検知して実行する方法
要素情報
【Javascrpt】HTMLタグの「class」属性値を取得、変更する方法【Javascrpt】「querySelector()」の使い方 - HTML要素の情報を参照・設定する方法【Javascrpt】「querySelectorAll()」の使い方 - 要素内の指定した子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「classList」プロパティ - HTMLタグ属性値「class」の情報を参照・確認・追加・削除する方法【Javascrpt】「getElementById()」の使い方 - HTML要素の情報を「ID名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「getElemetnsByClassName()」の使い方 - HTML要素の情報を「クラス名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「Node.Childnodes」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「ParentNode.children」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】要素の配置位置を確認する方法
Style関連
スタイル属性(色・線・大きさなど)を参照・変更する方法【Javascript】「getPropertyValue」メソッド - 指定されたCSSプロパティの値などを取得する【Javascript】「getComputedStyle」メソッド - CSSを適用したスタイルを参照する
ページ関連
【Javascript】Webページのタイトルを変更する方法【Javascript】「モニター」情報を取得する方法【Javascript】「ブラウザ」情報を取得する方法【Javascript】「ページ」情報を取得する方法【Javascript】「イベント」情報を取得する方法【Javascript】「マウス」情報を取得する方法
サイズ関連
【Javascript】要素の縦・横サイズを参照・変更する方法【Javascript】「モニター」「ブラウザ」のサイズ情報を取得する方法
端末情報
【Javascript】スマートフォンからのアクセスを識別する方法





【Javascript】画像の操作方法



「Javascript」では、画像をクリックで変更したり、
一定時間で変更することも可能。
サイズ変更はもちろん、色々な操作が「Javascript」で画像操作が可能です。






画像を読み込む方法





サンプルコード


var GetImg = new Image();
GetImg.src = "読み込みたい画像のURL";
GetImg.onload = function() {
alert("画像ファイル読み込み完了");
}
document.body.appendChild(GetImg);



Back



画像を「Javascript」で変更する方法


「javascript」では、画像を変更する事も簡単。
画像を変更するだけならば、いくつかの方法がある。
「javascript」以外でも、「CSS」だけでも画像を変更する事が出来る。
どれが正解というのもない。きちんと機能するのが大切。


画像変更の「javascript」コードの記述方法

  • HTMLコードの「img」タグのイベントハンドラに直接「javascript」コードを記述する。
  • 「javascript」で、画像変更を実行する関数を記述して、「img」タグのイベントハンドラで、関数を呼び出す。



イベントハンドラに直接記述するサンプルコード

<img src="./最初の画像ファイル名.jpg" onMouseOver="this.src='./マウスを乗せたときに表示する画像ファイル名.jpg'" onMouseOut="this.src='./最初の画像ファイル名.jpg'">
<img src="./最初の画像ファイル名.jpg" onMouseOver="javascript:this.src='./マウスを乗せたときに表示する画像ファイル名.jpg'" onMouseOut="this.src='./最初の画像ファイル名.jpg'">




「Javascript」外部ファイルに記述した関数を呼び出すサンプルコード


HTMLファイル

<img id ="SampleImage" src="./最初の画像ファイル名.jpg" onMouseOver="javascript:ImageChangeFunc('マウスを乗せたときに表示する画像ファイル名.jpg');" onMouseOut="javascript:ImageChangeFunc('./最初の画像ファイル名.jpg');">

「Javascript」外部ファイル

function ImageChangeFunc(url){
window.document.getElementById("SampleImage").src=url;
}



もう一つのパターンは、

HTMLファイル

<img id ="SampleImage" src="./最初の画像ファイル名.jpg">

「Javascript」外部ファイルに一括記述する

function ImageChangeFunc(url){
window.document.getElementById("SampleImage").src=url;
}
window.document.getElementById("SampleImage").addEventListener('mouseenter',ImageChangeFunc('マウスを乗せたときに表示する画像ファイル名.jpg')) window.document.getElementById("SampleImage").addEventListener('mouseleave',ImageChangeFunc('./最初の画像ファイル名.jpg'))



補足


イベントハンドラ「onMouseOver」「onMouseOut」

画像を変更させるのは、「onMouseOver="this.src='ファイルURL'"」の部分で、画像を元に戻すのは、「onMouseOut="this.src='ファイルURL'"」の部分。

  • 「onMouseOver」=マウスを対象の上にかぶせた時にする行動を記述する属性。
  • 「onMouseOut」=マウスを対象の上からはずした時にする行動を記述する属性。
  • 「this.src='ファイルURL'」=画像のURLを変更するというコード。



「this.src」の意味

  • 「this」=属性が記述されているタグ(要素)
  • 「src」=画像のURLを指定する属性



「”(ダブルクォート)」と「’(シングルクォート)」

「onMouseOver="this.src='ファイルURL'"」で、「”(ダブルクォート)」と「’(シングルクォート)」の二つが利用されています。
両方とも「”(ダブルクォート)」の場合、「onMouseOver」と「this.src」の区切りである「”(ダブルクォート)」が混在してしまいます。
それを避けるために、「”(ダブルクォート)」の中で、「”(ダブルクォート)」を使いたい場合、「’(シングルクォート)」を利用します。
逆でも記述可能です。
「’(シングルクォート)」の中で、「”(ダブルクォート)」を使うことで混在を防ぐことができます。



Back



画像・ファイルの読み込み完了のタイミングを知る方法


「ページ読み込み完了時に処理を実行させる」と同じように、「onload」イベントを利用する。


画像などを、「javascript」で変更させたりするときに、
画像が読み込まれていないと表示されないなどの状況が発生する。
そんな時に、「onload」イベントを利用して、
画像ファイルなどの読み込み完了のタイミングで、処理を実行できる。


サンプルコード
var GetImg = new Image();
GetImg.src = "読み込みたい画像のURL";
GetImg.onload = function() {
alert("画像ファイル読み込み完了");
}
document.body.appendChild(GetImg);


var GetFile = document.createElement('Script');
GetFile.src = "スクリプトファイル名";
GetFile.onload = function() {
alert("スクリプトファイル読み込み完了");
}
document.body.appendChild(GetFile);


Back