ITメモ
JavaScript
「Javascript」の基礎知識
「Javascript」の使い方【Javascript】エラーチェックをする方法【Javascript】変数【Javascript】配列(Array)【Javascript】「DOM(Document Object Model)」の使い方【Javascript】関数 / Function【Javascript】条件分岐・繰り返し【Javascript】イベントハンドラー(Event Handler)【Javascript】文字の操作方法【Javascript】文字の検索方法【Javascript】スコープ【Javascript】ファイルの操作方法【Javascript】画像の操作方法【Javascript】情報を出力・チェックする方法【Javascript】ヒアドキュメントの使い方【Javascript】Built-in Object(ビルトインオブジェクト)【Javascript】ライブラリー / Library
Library
「Ajax」の使い方
Library「jQuery」
【jQuery】とは【jQuery】の書式【jQuery】「Javascript」にリンクさせる方法【jQuery】「Javascript」に記述する方法【jQuery】のオブジェクト【jQuery】「CSS」を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」要素の情報を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」タグを追加する方法【jQuery】ユーティリティ関数【jQuery】イベントアクションを設定する方法【jQuery】イベントオブジェクト「.on」の使い方【jQuery】読み込み完了してから実行する「.ready」の使い方【jQuery】「Ajax」を使う方法【jQuery】「エフェクト」「アニメーション」を使う方法
Reference
数字
【Javascrpt】計算に誤差が出る時の解決方法
ファイル読み込み
【Javascrpt】「XMLHttpRequest」コンストラクタ - サーバーのファイルを読み込む方法
イベント
【Javascrpt】ページ読み込み時に「Javascript」を実行する方法【Javascrpt】画像読み込みが完了してから、次の処理を実行する方法【Javascrpt】「addEventListener()」の使い方 - イベントが発生したのを検知して実行する方法
要素情報
【Javascrpt】HTMLタグの「class」属性値を取得、変更する方法【Javascrpt】「querySelector()」の使い方 - HTML要素の情報を参照・設定する方法【Javascrpt】「querySelectorAll()」の使い方 - 要素内の指定した子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「classList」プロパティ - HTMLタグ属性値「class」の情報を参照・確認・追加・削除する方法【Javascrpt】「getElementById()」の使い方 - HTML要素の情報を「ID名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「getElemetnsByClassName()」の使い方 - HTML要素の情報を「クラス名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「Node.Childnodes」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「ParentNode.children」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】要素の配置位置を確認する方法
Style関連
スタイル属性(色・線・大きさなど)を参照・変更する方法【Javascript】「getPropertyValue」メソッド - 指定されたCSSプロパティの値などを取得する【Javascript】「getComputedStyle」メソッド - CSSを適用したスタイルを参照する
ページ関連
【Javascript】Webページのタイトルを変更する方法【Javascript】「モニター」情報を取得する方法【Javascript】「ブラウザ」情報を取得する方法【Javascript】「ページ」情報を取得する方法【Javascript】「イベント」情報を取得する方法【Javascript】「マウス」情報を取得する方法
サイズ関連
【Javascript】要素の縦・横サイズを参照・変更する方法【Javascript】「モニター」「ブラウザ」のサイズ情報を取得する方法
端末情報
【Javascript】スマートフォンからのアクセスを識別する方法





【Javascript】ヒアドキュメントの使い方



「Javascript」だけでなく、
プログラミンで、記述したものをそのまま出力できる仕組みが「ヒアドキュメント」という機能。
各プログラムで、「ヒアドキュメント」が使えるようになっていますが、
「Javascript」でも使えます。

ですが、「Javascript」では、専用のメソッドは用意されていないようなので、
既存のメソッドなどを組み合わせて使用するようです。






ヒアドキュメントとは


「ヒアドキュメント」というのは、
「改行」「スペース」などを含めたものが、
記述した書式のまま、変数などに格納する技術で、
そのまま画面などに出力することも可能。

文字コードなどを駆使して、一行に記述することもで来ますが、
記述したままの状態で出力ができたら本当に便利です。


「Javascript」では、「ヒアドキュメント」は実装されていないので、
自分で、既存のメソッドなどを組み合わせて「ヒアドキュメント」を実現している。


Back



「Javascript」のヒアドキュメントの書式


「Javascript」の「ヒアドキュメント」は、
専用のメソッドではなく、
既存のメソッドを組み合わせて、「ヒアドキュメント」を実現しています。



「Javascript」の「ヒアドキュメント」サンプルコード

「function」を使用した「ヘアドキュメント」

const HereDoc = function() {/*
Hello
This is Here Document Sample!!
*/};

console.log(HereDoc);


出力結果
/*
Hello
This is Here Document Sample!!
*/


上記の出力結果から、「/*」「*/」を取り除けば、
「ヒアドキュメントとして成立するので、
下記のようなコードになる。


var HereDoc = (function () {/*
<div>
<h1>ページタイトル</h1>
</div>
*/}).toString().match(/(?:\/\*(?:[\s\S]*?)\*\/)/).pop().replace(/^\/\*/, "").replace(/\*\/$/, "");


const HereDoc = function() {/*
Hello
This is Here Document Sample!!
*/};

console.log(HereDoc);
const HereDoc_Result = HereDoc.toString().match(//*([sS]*)*//).pop();
console.log(HereDoc_Result);


「script」タグを使った「ヒアドキュメント」

「script」タグ内に記述して、Webに表示されないようにしておき、
「Javascript」で、テキスト呼び込んで出力することもできる。

<script type="text/plain" id="HereDocText">
このテキストは、「script」タグ内に記述されたテキストです。
「head」タグ内に記述しておいてもOK。
</script>

const HereDoc = document.getElementById('HereDocText').textContent;
console.log(HereDoc);


ES6のJavaScriptから利用できるようになったテンプレートリテラル

const text = `
サンプルテキスト
サンプル
サンプル サンプル`;

console.log(text);

サンプルテキスト
サンプル
サンプル サンプル


const HtmlDoc = `
<div>
<h1>こんにちは!</h1>
</div>
`;
document.getElementById('ID名').innerHTML = HtmlDoc;



Back