ITメモ
JavaScript
「Javascript」の基礎知識
「Javascript」の使い方【Javascript】エラーチェックをする方法【Javascript】変数【Javascript】配列(Array)【Javascript】「DOM(Document Object Model)」の使い方【Javascript】関数 / Function【Javascript】条件分岐・繰り返し【Javascript】イベントハンドラー(Event Handler)【Javascript】文字の操作方法【Javascript】文字の検索方法【Javascript】スコープ【Javascript】ファイルの操作方法【Javascript】画像の操作方法【Javascript】情報を出力・チェックする方法【Javascript】ヒアドキュメントの使い方【Javascript】Built-in Object(ビルトインオブジェクト)【Javascript】ライブラリー / Library
Library
「Ajax」の使い方
Library「jQuery」
【jQuery】とは【jQuery】の書式【jQuery】「Javascript」にリンクさせる方法【jQuery】「Javascript」に記述する方法【jQuery】のオブジェクト【jQuery】「CSS」を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」要素の情報を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」タグを追加する方法【jQuery】ユーティリティ関数【jQuery】イベントアクションを設定する方法【jQuery】イベントオブジェクト「.on」の使い方【jQuery】読み込み完了してから実行する「.ready」の使い方【jQuery】「Ajax」を使う方法【jQuery】「エフェクト」「アニメーション」を使う方法
Reference
数字
【Javascrpt】計算に誤差が出る時の解決方法
ファイル読み込み
【Javascrpt】「XMLHttpRequest」コンストラクタ - サーバーのファイルを読み込む方法
イベント
【Javascrpt】ページ読み込み時に「Javascript」を実行する方法【Javascrpt】画像読み込みが完了してから、次の処理を実行する方法【Javascrpt】「addEventListener()」の使い方 - イベントが発生したのを検知して実行する方法
要素情報
【Javascrpt】HTMLタグの「class」属性値を取得、変更する方法【Javascrpt】「querySelector()」の使い方 - HTML要素の情報を参照・設定する方法【Javascrpt】「querySelectorAll()」の使い方 - 要素内の指定した子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「classList」プロパティ - HTMLタグ属性値「class」の情報を参照・確認・追加・削除する方法【Javascrpt】「getElementById()」の使い方 - HTML要素の情報を「ID名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「getElemetnsByClassName()」の使い方 - HTML要素の情報を「クラス名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「Node.Childnodes」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「ParentNode.children」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】要素の配置位置を確認する方法
Style関連
スタイル属性(色・線・大きさなど)を参照・変更する方法【Javascript】「getPropertyValue」メソッド - 指定されたCSSプロパティの値などを取得する【Javascript】「getComputedStyle」メソッド - CSSを適用したスタイルを参照する
ページ関連
【Javascript】Webページのタイトルを変更する方法【Javascript】「モニター」情報を取得する方法【Javascript】「ブラウザ」情報を取得する方法【Javascript】「ページ」情報を取得する方法【Javascript】「イベント」情報を取得する方法【Javascript】「マウス」情報を取得する方法
サイズ関連
【Javascript】要素の縦・横サイズを参照・変更する方法【Javascript】「モニター」「ブラウザ」のサイズ情報を取得する方法
端末情報
【Javascript】スマートフォンからのアクセスを識別する方法





【Javascript】画像・ファイル操作









Javascript外部ファイルとHTMLファイルをリンクさせる方法


Javascript外部ファイルにリンクさせる場合、
最初に呼び込みさせて動作させるために「head」タグの間に記述する。


Javascript外部ファイルとHTMLファイルをリンクさせる方法


<head>
<script type="text/javascript" src="./ファイル名.js"></script>
</head>



Back



関数「MLHttpRequest」でファイルを読み込む方法


XMLHttpRequest (XHR) は、非同期なデータの通信を実現するための API。


関数「MLHttpRequest」の書式


MLHttpRequest.open(HTTPメソッド , アクセス先のURL , 非同期実行 , ユーザー名 , パスワード)



「ファイル読み込み」のサンプルコード

//XMLHttpRequest オブジェクトを作成する。
var xmlHttp = new XMLHttpRequest();

//アクセス先を指定する。
xmlHttp.open("GET", "test.csv", false);

xmlHttp.send(null);
document.getElementById(id).value = xmlHttp.responseText;






関数「MLHttpRequest」の引数

第01引数String HTTP メソッドを指定する。
・GET
・POST
・HEAD
・PUT
・DELETE
・OPTIONS
など。
第02引数Stringアクセス先 の URL を指定
第03引数Boolean(略可)非同期実行なら「ture」、同期実行なら「false」、デフォルトは「true」。
第04引数String(略可)ユーザー名
第05引数String(略可)パスワード
戻り値Voidなし



Back



「Javascript」から「PHP」スクリプトを呼び出す方法


「javascript」からPHPスクリプトを呼び出す方法がある。
正確には、「Ajax」を使用して、phpスクリプトページを呼び出す。



「javascript」コード


$.ajax({
type: "POST",
url: "sample.php",
data: "PostValue01=TestWord01&PostValue012=TestWord02",
success: function(DataPHP){
alert(DataPHP);
}
});


type: "POST"通信形式の指定。「POST」「GET」を指定。
url: "sample.php"PHPスクリプトURLを指定。
data: "PostValue01=TestWord01&PostValue012=TestWord02" PHPスクリプトに渡す値を指定。
PHP側での値取得は、 「$_POST['PostValue01'] 」で取得できる。
success: function(DataPHP){
alert(DataPHP);
}
PHPスクリプトから出力された値を実行する関数。変数「DataPHP」にPHPスクリプトで出力された値が代入される。変数「DataPHP」の名前は任意。


Back



「blob()」メソッドでファイルを作成して保存する方法




「blob()」メソッドの書式

let blob = new Blob(['ファイル内容'],{ファイルタイプ"});
let blob = new Blob(['ファイル内容テキスト'],{type:"text/plan"});

//HTMLタグ「a(リンク)」を作成
let link = document.createElement('a');

//作成した「a」タグのリンク先URLを作成してリンク先を指定。
link.href = URL.createObjectURL(blob);
//リンクを実行してファイルがダウンロードされる時のファイル名を指定。
link.download = '作ったファイル.txt';

//リンクをクリックして実行するコード
link.click();



Back