ITメモ
JavaScript
「Javascript」の基礎知識
「Javascript」の使い方【Javascript】エラーチェックをする方法【Javascript】変数【Javascript】配列(Array)【Javascript】「DOM(Document Object Model)」の使い方【Javascript】関数 / Function【Javascript】条件分岐・繰り返し【Javascript】イベントハンドラー(Event Handler)【Javascript】文字の操作方法【Javascript】文字の検索方法【Javascript】スコープ【Javascript】ファイルの操作方法【Javascript】画像の操作方法【Javascript】情報を出力・チェックする方法【Javascript】ヒアドキュメントの使い方【Javascript】Built-in Object(ビルトインオブジェクト)【Javascript】ライブラリー / Library
Library
「Ajax」の使い方
Library「jQuery」
【jQuery】とは【jQuery】の書式【jQuery】「Javascript」にリンクさせる方法【jQuery】「Javascript」に記述する方法【jQuery】のオブジェクト【jQuery】「CSS」を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」要素の情報を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」タグを追加する方法【jQuery】ユーティリティ関数【jQuery】イベントアクションを設定する方法【jQuery】イベントオブジェクト「.on」の使い方【jQuery】読み込み完了してから実行する「.ready」の使い方【jQuery】「Ajax」を使う方法【jQuery】「エフェクト」「アニメーション」を使う方法
Reference
数字
【Javascrpt】計算に誤差が出る時の解決方法
ファイル読み込み
【Javascrpt】「XMLHttpRequest」コンストラクタ - サーバーのファイルを読み込む方法
イベント
【Javascrpt】ページ読み込み時に「Javascript」を実行する方法【Javascrpt】画像読み込みが完了してから、次の処理を実行する方法【Javascrpt】「addEventListener()」の使い方 - イベントが発生したのを検知して実行する方法
要素情報
【Javascrpt】HTMLタグの「class」属性値を取得、変更する方法【Javascrpt】「querySelector()」の使い方 - HTML要素の情報を参照・設定する方法【Javascrpt】「querySelectorAll()」の使い方 - 要素内の指定した子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「classList」プロパティ - HTMLタグ属性値「class」の情報を参照・確認・追加・削除する方法【Javascrpt】「getElementById()」の使い方 - HTML要素の情報を「ID名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「getElemetnsByClassName()」の使い方 - HTML要素の情報を「クラス名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「Node.Childnodes」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「ParentNode.children」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】要素の配置位置を確認する方法
Style関連
スタイル属性(色・線・大きさなど)を参照・変更する方法【Javascript】「getPropertyValue」メソッド - 指定されたCSSプロパティの値などを取得する【Javascript】「getComputedStyle」メソッド - CSSを適用したスタイルを参照する
ページ関連
【Javascript】Webページのタイトルを変更する方法【Javascript】「モニター」情報を取得する方法【Javascript】「ブラウザ」情報を取得する方法【Javascript】「ページ」情報を取得する方法【Javascript】「イベント」情報を取得する方法【Javascript】「マウス」情報を取得する方法
サイズ関連
【Javascript】要素の縦・横サイズを参照・変更する方法【Javascript】「モニター」「ブラウザ」のサイズ情報を取得する方法
端末情報
【Javascript】スマートフォンからのアクセスを識別する方法





【Javascript】エラーチェックをする方法


「Javascript」で開発をする時に、
ブラウザが用意してくれている開発ツールでエラーチェックをすることができます。






エラーチェックをするためのツール


「Javascript」のエラーをチェックできる「開発ツール」は、
各ブラウザごとに用意してくれています。
「CSS」のレイアウトチェックにも使える機能も含まれているので、
レイアウトデザインの「CSS」をコーディングするときにも使えます。


「開発ツール」で、「Javascript」のエラーチェックなどを行うのに使用するのは、
「コンソール」画面を多く使います。
「Javascript」に用意されている「console.log()」メソッドは、
ブラウザの「コンソール」に表示するためのメソッドなので、
「console.log("Hello!!");」と「Javascript」に入力して実行すると、
ブラウザのコンソールには、「Hello!!」と表示されます。
「Javascript」を実行した結果も「コンソール」に表示してくれて、
問題のある個所を表示してくれたりと、
開発には、何かと便利に教えてくれるのが「コンソール」です。


他にも、
内容をブラウザに表示するメソッドもあるので、
使い分けて、内容をチェックしながら「Javascript」の開発を進めていきます。

メソッド説明
console.log()ブラウザに付属しているコンソールに情報を出力できる。
document.write()Webページに情報を出力できる。
document.writeln(); Webページに情報を出力できる。
出力内容の後に、「改行」文字を一緒に出力してくれる。
alert()ポップアップしてくるアラート画面に、情報を精細する。
blob()情報をファイルに出力する。


「FireFox」ブラウザの開発ツールを開く方法

FireFoxの開発ツールは、
・ショートカット「Ctrl + Shift + K 」
・「トップメニュー」→「ツール」→「ウェブ開発」→「開発ツールを表示」
などの方法で開くことができます。

「Internet Explorer」ブラウザの開発ツールを開く方法

Internet Explorer では F12 キーで開きます。

「Mac OS X」ブラウザの開発ツールを開く方法

Mac OS X では ⌘ + ⌥ + I キーで開きます。

その他のブラウザの開発ツールを開く方法

ほとんどのブラウザでは、
「Ctrl + Shift + I」
で開発ツールを開くことができるらしい。

「Chrome」=「メニュー ➤ その他のツール ➤ 開発者ツール」
「Safari」=「開発 ➤ Web インスペクタ」
「Opera」=「開発者用ツール ➤ Web インスペクタ」


Back



「console.log()」メソッドの使い方


「console.log()」メソッドは、「コンソール」に出力ができるメソッド。
「コンソール」は、Webブラウザの機能の1つで、
開発の色々なチェックなどに使われる機能の1つ。
「Windows」の「コマンドプロンプト」の参照用タイプのWebブラウザ版みたいなもの。


「console.log()」メソッドの書式


console.log("出力したいテキスト");
console.log(変数);
console.log(変数 + "出力したいテキスト" + 変数);



Back



情報を出力してチェックできるメソッド


「Javascript」では、
情報を出力して、チェックできる方法がある。

出力ができる関数
console.log()ブラウザに付属しているコンソールに情報を出力できる。
メソッド説明
document.write()Webページに情報を出力できる。
document.writeln(); Webページに情報を出力できる。
出力内容の後に、「改行」文字を一緒に出力してくれる。
alert()ポップアップしてくるアラート画面に、情報を精細する。
blob()情報をファイルに出力する。


Back