ITメモ
JavaScript
「Javascript」の基礎知識
「Javascript」の使い方【Javascript】エラーチェックをする方法【Javascript】変数【Javascript】配列(Array)【Javascript】「DOM(Document Object Model)」の使い方【Javascript】関数 / Function【Javascript】条件分岐・繰り返し【Javascript】イベントハンドラー(Event Handler)【Javascript】文字の操作方法【Javascript】文字の検索方法【Javascript】スコープ【Javascript】ファイルの操作方法【Javascript】画像の操作方法【Javascript】情報を出力・チェックする方法【Javascript】ヒアドキュメントの使い方【Javascript】Built-in Object(ビルトインオブジェクト)【Javascript】ライブラリー / Library
Library
「Ajax」の使い方
Library「jQuery」
【jQuery】とは【jQuery】の書式【jQuery】「Javascript」にリンクさせる方法【jQuery】「Javascript」に記述する方法【jQuery】のオブジェクト【jQuery】「CSS」を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」要素の情報を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」タグを追加する方法【jQuery】ユーティリティ関数【jQuery】イベントアクションを設定する方法【jQuery】イベントオブジェクト「.on」の使い方【jQuery】読み込み完了してから実行する「.ready」の使い方【jQuery】「Ajax」を使う方法【jQuery】「エフェクト」「アニメーション」を使う方法
Reference
数字
【Javascrpt】計算に誤差が出る時の解決方法
ファイル読み込み
【Javascrpt】「XMLHttpRequest」コンストラクタ - サーバーのファイルを読み込む方法
イベント
【Javascrpt】ページ読み込み時に「Javascript」を実行する方法【Javascrpt】画像読み込みが完了してから、次の処理を実行する方法【Javascrpt】「addEventListener()」の使い方 - イベントが発生したのを検知して実行する方法
要素情報
【Javascrpt】HTMLタグの「class」属性値を取得、変更する方法【Javascrpt】「querySelector()」の使い方 - HTML要素の情報を参照・設定する方法【Javascrpt】「querySelectorAll()」の使い方 - 要素内の指定した子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「classList」プロパティ - HTMLタグ属性値「class」の情報を参照・確認・追加・削除する方法【Javascrpt】「getElementById()」の使い方 - HTML要素の情報を「ID名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「getElemetnsByClassName()」の使い方 - HTML要素の情報を「クラス名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「Node.Childnodes」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「ParentNode.children」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】要素の配置位置を確認する方法
Style関連
スタイル属性(色・線・大きさなど)を参照・変更する方法【Javascript】「getPropertyValue」メソッド - 指定されたCSSプロパティの値などを取得する【Javascript】「getComputedStyle」メソッド - CSSを適用したスタイルを参照する
ページ関連
【Javascript】Webページのタイトルを変更する方法【Javascript】「モニター」情報を取得する方法【Javascript】「ブラウザ」情報を取得する方法【Javascript】「ページ」情報を取得する方法【Javascript】「イベント」情報を取得する方法【Javascript】「マウス」情報を取得する方法
サイズ関連
【Javascript】要素の縦・横サイズを参照・変更する方法【Javascript】「モニター」「ブラウザ」のサイズ情報を取得する方法
端末情報
【Javascript】スマートフォンからのアクセスを識別する方法





【querySelectorAll()】の使い方 - 要素内の指定した子要素を参照・設定する方法


「querySelectorAll」は、
ドキュメント全体、指定した要素に含まれる子要素を指定して、
情報を参照・設定することができる。



「querySelectorAll」の書式


ドキュメント全体から特定の「HTMLタグ・属性」を指定する書式

var 配列名 = window.document.querySelectorAll("HTMLタグ[属性名=値]");

特定の「HTMLタグ・属性」を指定する書式

var 配列名 = window.querySelector("#ID名").querySelectorAll("HTMLタグ[属性名=値]");

指定したタグの子要素だけを指定する

var Get_Childrens = window.querySelector("#ID名").querySelectorAll("iframe[name名]");
var Get_Childrens = window.querySelector("#ID名").querySelectorAll("HTMLタグ名[属性名]");
var Get_Childrens = window.querySelector("#ID名").querySelectorAll("HTMLタグ名[属性名=値]");

var Get_Childrens = window.document.getElementById('ID名').children("div");
var Get_Childrens = window.document.querySelectorAll("p");
var Get_Childrens = window.querySelector("#ID名").querySelectorAll("div.クラス名, div.クラス名");



「親要素.querySelectorAll('.クラス名')」で指定したクラス名の配列に、「イベントリスナー」を仕掛ける方法

「親要素.querySelectorAll()」で指定した要素に、
「addEventListener」を仕掛ける場合、
「forEach」プロパティを使用して仕掛ける。
「forEach」プロパティを使用せずに、
個別に「addEventListener」を仕掛けて機能しない。

let GetChild_Class = document.querySelector('#ID名').querySelectorAll('.クラス名');
GetChild_Class.forEach(function (Class_Element,i) {
Class_Element.addEventListener('click', function() {

クリックされた時に実行したいプログラムを記述。
引数「Class_Element」には、指定された「クラス」オブジェクトが渡される。
引数「i」には、渡された「Class_Element」が何番目かを示す数字が渡される。

});
});


Back