ITメモ
JavaScript
「Javascript」の基礎知識
「Javascript」の使い方【Javascript】エラーチェックをする方法【Javascript】変数【Javascript】配列(Array)【Javascript】「DOM(Document Object Model)」の使い方【Javascript】関数 / Function【Javascript】条件分岐・繰り返し【Javascript】イベントハンドラー(Event Handler)【Javascript】文字の操作方法【Javascript】文字の検索方法【Javascript】スコープ【Javascript】ファイルの操作方法【Javascript】画像の操作方法【Javascript】情報を出力・チェックする方法【Javascript】ヒアドキュメントの使い方【Javascript】Built-in Object(ビルトインオブジェクト)【Javascript】ライブラリー / Library
Library
「Ajax」の使い方
Library「jQuery」
【jQuery】とは【jQuery】の書式【jQuery】「Javascript」にリンクさせる方法【jQuery】「Javascript」に記述する方法【jQuery】のオブジェクト【jQuery】「CSS」を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」要素の情報を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」タグを追加する方法【jQuery】ユーティリティ関数【jQuery】イベントアクションを設定する方法【jQuery】イベントオブジェクト「.on」の使い方【jQuery】読み込み完了してから実行する「.ready」の使い方【jQuery】「Ajax」を使う方法【jQuery】「エフェクト」「アニメーション」を使う方法
Reference
数字
【Javascrpt】計算に誤差が出る時の解決方法
ファイル読み込み
【Javascrpt】「XMLHttpRequest」コンストラクタ - サーバーのファイルを読み込む方法
イベント
【Javascrpt】ページ読み込み時に「Javascript」を実行する方法【Javascrpt】画像読み込みが完了してから、次の処理を実行する方法【Javascrpt】「addEventListener()」の使い方 - イベントが発生したのを検知して実行する方法
要素情報
【Javascrpt】HTMLタグの「class」属性値を取得、変更する方法【Javascrpt】「querySelector()」の使い方 - HTML要素の情報を参照・設定する方法【Javascrpt】「querySelectorAll()」の使い方 - 要素内の指定した子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「classList」プロパティ - HTMLタグ属性値「class」の情報を参照・確認・追加・削除する方法【Javascrpt】「getElementById()」の使い方 - HTML要素の情報を「ID名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「getElemetnsByClassName()」の使い方 - HTML要素の情報を「クラス名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「Node.Childnodes」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「ParentNode.children」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】要素の配置位置を確認する方法
Style関連
スタイル属性(色・線・大きさなど)を参照・変更する方法【Javascript】「getPropertyValue」メソッド - 指定されたCSSプロパティの値などを取得する【Javascript】「getComputedStyle」メソッド - CSSを適用したスタイルを参照する
ページ関連
【Javascript】Webページのタイトルを変更する方法【Javascript】「モニター」情報を取得する方法【Javascript】「ブラウザ」情報を取得する方法【Javascript】「ページ」情報を取得する方法【Javascript】「イベント」情報を取得する方法【Javascript】「マウス」情報を取得する方法
サイズ関連
【Javascript】要素の縦・横サイズを参照・変更する方法【Javascript】「モニター」「ブラウザ」のサイズ情報を取得する方法
端末情報
【Javascript】スマートフォンからのアクセスを識別する方法





【querySelector()】の使い方 - HTML要素の情報を参照・設定する方法



「querySelector()」は、
「JavaScript」で、「HTML」の要素を指定して、情報を取得することができるメソッド。
簡単に指定して、「HTML」要素を取得できるので、使いやすい。

JavaScriptには以前から、
・getElementById()
・getElemetnsByClassName()
などの「HTML」要素を取得できるメソッドがありましたが、
「querySelector()」は、「id属性値」「class属性値」などを意識せずに、
「HTML」要素をセレクタ指定することが可能なので、ちょっと便利です。
「querySelector()」メソッドの書式は簡単で、
「CSSセレクタ」を指定することで、簡単にHTML要素の情報を取得できるが、
複数存在するHTMLタグを指定した場合には、最初に合致したHTML要素の情報のみを取得します。
同じHTMLタグの要素すべてを取得したい場合は、「querySelectorAll()」メソッドを使う。
「querySelectorAll()」メソッドの使用方法は、「querySelector()」メソッドと同じ。



「querySelector()」の書式


「querySelector()」の記述方法

document.querySelector( CSSセレクタ )

「ID名」で指定する方法

let 変数名 = document.querySelector('#ID名');

「クラス名」で指定する方法

let 配列名 = document.querySelector('.クラス名');

「タグ名」で指定する方法

let 配列名 = document.querySelector('タグ名');



let Size_Height=window.document.querySelector("#要素のID名").clientHeight;
let Size_Width=window.document.querySelector("#要素のID名").clientWidth;
let Contents_Width=window.document.querySelector('.クラス名').offsetWidth;
let Contents_Height=window.document.querySelector('.クラス名').offsetHeight;

let Style-Width=window.document.querySelector("#要素のID名").style.height;
let Style-Height=window.document.querySelector("#要素のID名").style.width;

let Style-Width=window.document.querySelector("body").style.height;
let Style-Height=window.document.querySelector("body").style.width;



要素の情報を変更する方法


window.document.querySelector('#ID名').プロパティ名 = "希望の指定値";
let 配列名 = window.document.querySelector('.クラス名');
配列名[key].プロパティ名 = "希望の指定値";

window.document.querySelector("要素のID名").プロパティ名 = "希望の指定値";



window.document.querySelector("要素のID名").style.height = "100px";
window.document.querySelector('.クラス名').style.width = "100px";


Back