RenojiStock IT 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs
ITメモ
Topics
【アクセス情報】IPアドレスの確認チェック 【アクセス情報】PCとスマートフォンの判定 【アクセス情報】取得できる情報【Javascript編】
ITグッズ
PC周辺機器【キーボード編】 自作PC【必要な部品編】 自作PC【CPU(プロセッサー)の選び方編】 自作PC【マザーボードの選び方編】 自作PC【電源の選び方編】 自作PC【グラフィックカードの選び方編】 自作PC【CPUクーラーの選び方編】
Programming / プログラミング
基礎知識 Web制作の知識 Google Map / グーグルマップ 正規表現 / Regular Expression HTML CSS Javascript PHP C言語 C++ C# Makefile / メイクファイル Java ObjectiveC Python [ パイソン ] マイクロコントローラ
ShellScript / シェルスクリプト
ShellScript / シェルスクリプト Bash / バッシュ Command Prompt / コマンドプロンプト
Server / サーバー
WebServer(ウェブサーバー)の設定方法
OS(Operating System) / オペレーティングシステム
Mac(Macintosh) Windows CentOS Kali Linux Android【スマートフォン】
Application / アプリケーション
ブラウザ アプリケーション
BrowserApp「Internet Explorer」 BrowserApp「FireFox」 BrowserApp「Safari」
メール アプリケーション
MailApp「ThunderBird」







自作PC【CPUクーラーの選び方編】



CPUクーラーは、
・空冷ファンタイプ
・水冷ファンタイプ
のタイプがある。


PCが高性能になるにつれて、水冷タイプが主流になってきている様子。
水冷とは言っても、専用冷却水(クーラント)なので、水道水ではない。
液漏れなどの危険性はかなり低いらしいが、数年ごとにメンテナンスが必要らしい。


CPUクーラーの種類


タイプ特徴
水冷ファン 液体を循環させて、熱を回収し、その液体をファンで冷却するタイプ。
周囲の気温が高温でも、冷却能力が維持される。
空冷ファン 空気の流れで放熱するタイプのCPUクーラー。
熱伝導の高い金属に熱を伝導させて、面積を広くし空気と接する面積を上げ、 空気を循環させることによって、空間に熱を放熱し、CPU温度を下げるようになっている。
周囲の気温が高いと放熱が難しくなるので、部屋は冷房などで冷やしておくと冷却効率が良くなる。
夏は注意が必要。