ITメモ
ITの基礎・共通知識




プロトコル

プロトコル







プロトコル

ネットワークデータを送受信する際の仕組みを「プロトコル」という。
プロトコルを同一のものを使用することによって、ネットワーク通信が可能となる。
プロトコルは、一つだけではなく、各階層、それぞれにプロトコルがあり、プロトコル群によってネットワーク通信が制御される。
現在、ネットワーク通信のデファクトスタンダード(標準プロトコル群)は「TCP/IP」となっている。
制定された標準規格ではないが、「TCP/IP」を使用する機器が圧倒的に多いため、標準規格のようになっている。



プロトコルデータユニット(Protocol Data Unit:PDU)

データとデータを送るために必要なものがまとまった状態を「プロトコルデータユニット(Protocol Data Unit:PDU)」という。
各レイヤー(階層)によって、必要な情報が付け加えられることで、「プロトコルデータユニット」が完成する。



OSI参照モデルを基にしたカプセルの詳細
プロトコルデータユニット(Protocol Data Unit:PDU)
カプセル=フレーム
レイヤー呼び名中身
ユーザー データ 送受信したいデータ
レイヤー7PDU
レイヤー6PDU
レイヤー5PDU
メッセージ データを通信用に変換したものとレイヤー7ヘッダー
レイヤー4PDU セグメント
データグラム
メッセージとレイヤー4ヘッダー
レイヤー3PDU データグラム セグメント・データグラムとレイヤー3ヘッダー
レイヤー2PDU フレーム データグラムとレイヤー2ヘッダー(レイヤー2トレーラー)
レイヤー1 信号 フレームを伝送媒体で運ぶための信号に変換して送信。



OSI参照モデル

カテゴリ階層階層名用途
内容表現 第7層 アプリケーション層 ユーザーにネットワークサービスを提供する。
内容表現 第6層 プレゼンテーション層 データの形式を決定する。
内容表現 第5層 セッション層 データのやり取りの順序などを管理する。
伝送物 第4層 トランスポート層 信頼性の高い、エラーの少ない伝送を行う。
伝送物 第3層 ネットワーク層 伝送ルートやあて先の決定を行う。
伝送 第2層 データリンク層 隣接機器へのデータ伝送を制御する。
伝送 第1層 物理層 電気・機械的な部分の伝送を行う。