ITメモ
ITの基礎・共通知識




DHCP【 Dynamic Host Configuration Protocol 】

DHCP
【 Dynamic Host Configuration Protocol 】







DHCPとは

DHCP【 Dynamic Host Configuration Protocol 】とは、
インターネットなど、ネットワークに接続するコンピュータに、IPアドレスなど、ネットワーク接続に必要な情報を自動的に割り当てるプロトコル。
自動的にネットワーク設定を行ってくれるので、簡単にネットワークに接続できる。
多くのクライアントを簡単に管理することが可能となる。


DHCPで、ネットワークに接続する設定情報を提供する機能を持ったコンピュータやネットワーク機器をDHCPサーバという。
DHCPサーバーには、
  • ゲートウェイサーバーやDNSサーバーのIPアドレス
  • サブネットマスク
  • クライアントに割り当てるIPアドレスの範囲
  • ネットワーク接続に必要な情報
などが設定されている。
接続されたクライアントに、情報を提供して、簡単にネットワークに接続できるようにしている。
ネットワーク接続を終了すると、自動的にIPアドレスを回収し、新たに接続されたクライアントに割り当てる。


企業ネットワークなどでは、サーバコンピュータが他のネットワーク管理機能などと共に、DHCPサーバとして稼動している場合が多い。
家庭のインターネット接続環境ではブロードバンドルータなどが、DHCPサーバ機能を内蔵している場合が多い。