Design
写真撮影・編集
写真撮影設定 - 「シャッタースピード」の決め方写真撮影設定 - 「絞り」の決め方写真撮影設定 - 「ISO」の決め方写真編集 - デジタル現像には必須の写真編集ソフト【Photoshop】 - 解像度を維持したまま画像を書き出す方法【Photoshop】 - 編集画面の背景を変更する方法
動画撮影・編集
動画撮影【フリッカー対策】動画編集【基礎知識編】
動画編集アプリ【Adobe】
Adobe Premiere Pro【エフェクト編】Adobe After Affects【エフェクト編】
動画投稿
Social Network【YouTube編】Social Network【Instagram編】
撮影ツール
撮影ツール【手ブレ補正編】撮影ツール【映り込み防止編】カメラ周辺機器【メディア SDカード編】
アクションカメラ
アクションカメラ【人気・プロ 仕様編】アクションカメラ【お手頃編】アクションカメラ【360度カメラ編】
GoPro
GoPro MAX【手動アップデート編】GoPro【アクセサリー編】GoPro【アクセサリー 水中撮影編】
ジンバルカメラ
撮影機材【ジンバルカメラ 「FIMI PALM」編】
デザイン素材
【Illustrator】- カラー設定「RGB」「CMYK」の決め方【Illustrator】- 縦書き文字を左から右に流す方法【Illustrator】- 編集画面外側背景カラーを変更する方法
画像素材
デザイン素材【画像素材を販売する方法編】デザイン素材【画像素材販売 売れるタイトルの付け方編】
音楽素材
デザイン素材【音楽素材を入手する方法編】









写真撮影設定 - 「シャッタースピード」の決め方



写真にとって、
「シャッター速度」は、大きな影響を受ける要素の一つです。


・シャッター速度
・絞り
・ISO
が、写真撮影の基本設定になります。


「シャッター速度」は、

早い「シャッター速度」での撮影 → ブレ感の少ないキリッとした写真
遅い「シャッター速度」での撮影 → ブレ感を感じる滑らかな写真

といった特徴があります。
この特徴を利用して、どのような写真にするか考えて、
「シャッター速度」を決定します。

写真は、
「シャッター速度」「絞り」「ISO」の3つのバランスをとって、
撮影を行うことになります。



シャッター速度の意味

「シャッター速度」は、光を取り入れる時間をコントロールする調整項目です。
シャッター速度を遅くすると、多くの光を取り入れ、明るい写真を撮ることができますが、ブレの多い写真になる可能性がある。
シャッター速度を早くすると、取り入れる光は少なく、暗い写真になりやすいですが、ブレのない写真になります。



シャッター速度の比較

シャッター速度特徴
シャッター速度が遅い ・ブレの多い写真になりやすい
・明るい写真になりやすい
・滑らかな写真に見える
・手振れが多い
・三脚が必要
・少ない光でも撮影可能
・動きやスピードを感じる
シャッター速度が早い ・ブレの少ない写真になりやすい
・暗い写真になりやすい
・堅そうに見える
・手振れが少ない
・手持ち撮影がしやすい
・多くの光が必要



Top