Design
写真撮影・編集
写真撮影設定 - 「シャッタースピード」の決め方写真撮影設定 - 「絞り」の決め方写真撮影設定 - 「ISO」の決め方写真編集 - デジタル現像には必須の写真編集ソフト【Photoshop】 - 解像度を維持したまま画像を書き出す方法【Photoshop】 - 編集画面の背景を変更する方法
動画撮影・編集
動画撮影【フリッカー対策】動画編集【基礎知識編】
動画編集アプリ【Adobe】
Adobe Premiere Pro【エフェクト編】Adobe After Affects【エフェクト編】
動画投稿
Social Network【YouTube編】Social Network【Instagram編】
撮影ツール
撮影ツール【手ブレ補正編】撮影ツール【映り込み防止編】カメラ周辺機器【メディア SDカード編】
アクションカメラ
アクションカメラ【人気・プロ 仕様編】アクションカメラ【お手頃編】アクションカメラ【360度カメラ編】
GoPro
GoPro MAX【手動アップデート編】GoPro【アクセサリー編】GoPro【アクセサリー 水中撮影編】
ジンバルカメラ
撮影機材【ジンバルカメラ 「FIMI PALM」編】
デザイン素材
【Illustrator】- カラー設定「RGB」「CMYK」の決め方【Illustrator】- 縦書き文字を左から右に流す方法【Illustrator】- 編集画面外側背景カラーを変更する方法
画像素材
デザイン素材【画像素材を販売する方法編】デザイン素材【画像素材販売 売れるタイトルの付け方編】
音楽素材
デザイン素材【音楽素材を入手する方法編】









写真撮影設定 - 「ISO」の決め方



写真撮影の基本設定

■ シャッター速度
■ 絞り
■ ISO

のうち、
「ISO」は、センサー感度の値を意味します。
世界共通の感度基準で、「ISO」と表示されています。
数値が低いほど、「ISO」感度(センサー感度)は低く、光を多く必要としますが、綺麗な画質になります。
数値が高いほど、「ISO」感度(センサー感度)が高く、光が少なめでも明るく撮影できますが、ノイズが発生しやすく、粗い画質になります。



「ISO」の低い数値は、「ISO 100」ほどが主流で、
綺麗な写真を撮影したいときは、「ISO 100」に設定することが多いです。


逆に「ISO」の高い数値は、
ひと昔前までは、「ISO 3200」ほどが一番高かったのですが、
現在は、「ISO 136000」以上の「ISO」感度が開発されていて、
暗い状況でもかなり綺麗な写真が撮影できるようになっています。



「ISO」感度の設定上限

個人的には、「ISO」感度の許容範囲は、
現在のところ「ISO 1600」ぐらいまでにしています。
ISOを高くして撮影した方が良いこともあるので、
これは個人的なボーダーラインになります。
これ以上は、ノイズが多すぎるような気がして、
原寸での利用は、「ISO 1600」ぐらいが限界で、

縮小して使う画像であれば
「ISO 1600」以上の「ISO」感度でも
キレイな画像で利用できます。



街中・旅先での「ISO」設定

街中や旅行先では、「ISO 400」ぐらいに設定しておいて、
オールマイティに対応できるようにするのも良いかもしれません。
その時々で設定を変更するのも良いです。

外出先では、天気や日陰など光量が安定しないので、
「ISO」感度に余裕を持たせておくのも一つの手段です。
「シャッター速度」「絞り」を自動調節にして対応するのも良いですし、
「ISO」を範囲指定して自動調節させるのも良い。



撮影としての「ISO」設定

撮影として「ISO」を設定するときは、
極力「ISO 100」あたりにします。
撮影後に、ノイズを加えることも可能なので、
撮影時は、できるだけ綺麗な画質を心がけています。
光量が不足しているときは、
ストロボなどの補助光源での調節や、
三脚に固定しての長時間露光などで対応します。





Top