Design
写真撮影・編集
写真撮影設定 - 「シャッタースピード」の決め方写真撮影設定 - 「絞り」の決め方写真撮影設定 - 「ISO」の決め方写真編集 - デジタル現像には必須の写真編集ソフト【Photoshop】 - 解像度を維持したまま画像を書き出す方法【Photoshop】 - 編集画面の背景を変更する方法
動画撮影・編集
動画撮影【フリッカー対策】動画編集【基礎知識編】
動画編集アプリ【Adobe】
Adobe Premiere Pro【エフェクト編】Adobe After Affects【エフェクト編】
動画投稿
Social Network【YouTube編】Social Network【Instagram編】
撮影ツール
撮影ツール【手ブレ補正編】撮影ツール【映り込み防止編】カメラ周辺機器【メディア SDカード編】
アクションカメラ
アクションカメラ【人気・プロ 仕様編】アクションカメラ【お手頃編】アクションカメラ【360度カメラ編】
GoPro
GoPro MAX【手動アップデート編】GoPro【アクセサリー編】GoPro【アクセサリー 水中撮影編】
ジンバルカメラ
撮影機材【ジンバルカメラ 「FIMI PALM」編】
デザイン素材
【Illustrator】- カラー設定「RGB」「CMYK」の決め方【Illustrator】- 縦書き文字を左から右に流す方法【Illustrator】- 編集画面外側背景カラーを変更する方法
画像素材
デザイン素材【画像素材を販売する方法編】デザイン素材【画像素材販売 売れるタイトルの付け方編】
音楽素材
デザイン素材【音楽素材を入手する方法編】









写真撮影設定 - 「絞り」の決め方



写真撮影設定の「絞り」は、
写真レンズの穴の大きさを決める設定です。


写真撮影の基本設定は、

・シャッター速度
・絞り
・ISO

があります。
この3つの設定で、写真を撮影します。


「絞り」は、基本設定の中で、
レンズの穴の大きさを調整する設定値です。
「F値」という言い方もします。
レンズの種類に「F2.8 - F5.6」などと表記されているのが、
レンズの「絞り」性能を示した表示です。

「F2.8」=光を取り入れる穴が大きい
「F22」=光を取り入れる穴が小さい



「絞り(F値)」の大小によって、光の量を調節するので、

シャッター速度が早いと、
絞りで光を補うので、
F値が小さく(穴を大きく)する必要がある。

シャッター速度が遅いと、
絞りで光を制限するので、
F値が大きく(穴を小さく)する必要がある。

といった「シャッター速度」との関係がある。


絞り(F値)」には、
被写界深度というボケ感を調整する機能もある。
「F2.8」 = 光を取り入れる穴が大きい = ボケ感のある写真
「F22」=光を取り入れる穴が小さい = 広い範囲にピントが合った写真
というような、写真に影響力する効果も持っている。



Top




「絞り」の特徴

「絞り(F値)」には、
もう一つ特徴があります。
「絞り(F値)」によって、写真の焦点が合うエリアが小さくなったり大きくなったりします。

被写体以外の周辺がボケ気味の写真は、「絞り(F値)」が小さく、レンズの穴は大きくなります。
レンズの穴が大きいと焦点が合う奥行が狭くなるので、
遠くの背景と撮影者近くの背景がボケやすくなります。

逆に、レンズの穴が小さい「F値」の大きな設定の場合、
焦点の合う距離が長いので、背景と手前の風景がぼけにくく、
写真全体に焦点があって、くっきりとした写真が撮影できます。



「絞り」は、光を取り入れる穴の大きさです。
・絞りが小さい = ピントが合う範囲が広く、全体的にキリッとした写真。
・絞りが大きい = ピントが合う範囲が小さく、背景がボケた写真。


「絞り(F値)」の値によって、

・「F2.8」 = 絞りが大きい = 光を取り入れる穴が大きい = ピントが合う範囲が小さい = 背景がボケた写真
・「F22」 = 絞りが小さい = 光を取り入れる穴が小さい = ピントが合う範囲が広い = 全体的にキリッとした写真

ということが言えます。



Top



絞りの比較

絞り大きい絞り小さい絞り
F値F2.8F22
レンズ穴の大きさ大きい小さい多い
必要な光量少ない多い
被写界深度浅い深い
ピントが合うエリア少ない多い
背景のボケ感多い少ない
写真の雰囲気幻想的キリッと感



Top