Design
写真撮影・編集
写真撮影設定 - 「シャッタースピード」の決め方写真撮影設定 - 「絞り」の決め方写真撮影設定 - 「ISO」の決め方写真編集 - デジタル現像には必須の写真編集ソフト【Photoshop】 - 解像度を維持したまま画像を書き出す方法【Photoshop】 - 編集画面の背景を変更する方法
動画撮影・編集
動画撮影【フリッカー対策】動画編集【基礎知識編】
動画編集アプリ【Adobe】
Adobe Premiere Pro【エフェクト編】Adobe After Affects【エフェクト編】
動画投稿
Social Network【YouTube編】Social Network【Instagram編】
撮影ツール
撮影ツール【手ブレ補正編】撮影ツール【映り込み防止編】カメラ周辺機器【メディア SDカード編】
アクションカメラ
アクションカメラ【人気・プロ 仕様編】アクションカメラ【お手頃編】アクションカメラ【360度カメラ編】
GoPro
GoPro MAX【手動アップデート編】GoPro【アクセサリー編】GoPro【アクセサリー 水中撮影編】
ジンバルカメラ
撮影機材【ジンバルカメラ 「FIMI PALM」編】
デザイン素材
【Illustrator】- カラー設定「RGB」「CMYK」の決め方【Illustrator】- 縦書き文字を左から右に流す方法【Illustrator】- 編集画面外側背景カラーを変更する方法
画像素材
デザイン素材【画像素材を販売する方法編】デザイン素材【画像素材販売 売れるタイトルの付け方編】
音楽素材
デザイン素材【音楽素材を入手する方法編】









写真編集 - デジタル現像には必須の写真編集ソフト



フィルムカメラからデジタルカメラになって、
現像作業は、PCでの作業に移行しました。

現像作業では、

・画像の読み込み
・画像選定
・画像の現像作業
・画像の加工(合成など)
・画像の出力

といった作業を行います。
編集ソフトによっては、
画像の読み込みから加工・出力までをすべて対応している編集ソフトもあります。



プロ仕様の写真関連ソフトウェアを提供する「Adobe」

現在使用している編集ソフト「Adobe社 LightRoom」も、
画像の読み込みから加工・出力までをすべて対応しているソフトウェアの一つです。
同じAdobe社には、合成なども行える本格的な写真加工ソフト「Photoshop」もあるので、
「LightRoom」では不十分な修正も、
「Photoshop」で修正することも可能です。

Adobe(アドビ)
Adobe(アドビ)社は、デザイン系のソフトを総合的に開発していて、写真・イラスト・動画などの編集ソフトも勢揃いで、使いやすく、強力。プロ使用の編集ソフトが揃っています。デザイン系の人は、ほとんどが「Adobe」のソフトを使用している感じです。
【Adobe】LightRoom
画像を読み込み・整理・現像・出力を担う、写真を扱う窓口的なソフト。現像ソフトという位置付け。
【Adobe】Photoshop
写真を切り抜いたり、加工するのに使用する画像編集ソフトの定番。操作は難しい部分もありますが、画像の編集では必須。

世界的にも有名な「Adobe」社で、プロ仕様のソフトウェアでもあります。
初心者の人でも、操作しやすいインターフェイスなので、
写真を本格的に始めてみたい人にはおすすめです。



Top



簡単に本格的なフォトグラフィックが作成できる「Luminar 4」


偶然見つけた画像編集ソフト「Luminar 4」。
簡単にフォトグラフィックが制作できるらしく、
宣伝動画では、綺麗な画像が制作されていたのが印象的。

まだ使用したことがないが、
期待度は高いソフトウェアの一つです。
機会があったら使ってみようと思っています。


Luminar 4
簡単に写真編集ができる仕様になっている様子。背景を空や宇宙などに変えるような作業が簡単とのこと。AIが搭載されているバージョンでは、画像の部分選択をAIが行ってくれるらしいので、編集作業がかなり簡単になるとのこと。気になる写真編集ソフトです。



Top