Design
Topics
【Design Knowledge】「模様」「文様」「紋様」の違い
写真撮影・編集
カメラの露出設定方法【Photoshop】 - 解像度を維持したまま画像を書き出す方法【Photoshop】 - 編集画面の背景を変更する方法
撮影ツール
撮影ツール【コンパクトカメラ SONY DSC-RX100M7】撮影ツール【手ブレ補正編】撮影ツール【映り込み防止編】Adobe Lightroom【プレビューを最新に更新する方法】
動画撮影・編集
動画撮影【4K動画撮影を始めるには】動画撮影【フリッカー対策】動画編集【基礎知識編】動画撮影ツール【ジンバルカメラ FIMI PALM】動画撮影ツール【ジンバルカメラ DJI [OSMO Pocket2]】
Adobe After Affectsエフェクト
Adobe After Affects【砂のようにオブジェクトが消えるエフェクト「Trapcode Particular」の使い方】
Adobe Premiere Proエフェクト
Adobe Premiere Pro【手振を補正するエフェクト「ワープスタビライザー」】Adobe Premiere Pro【画像の明るさや彩度を整える画質補正エフェクト「Lumetri カラー」】Adobe Premiere Pro【GoPro用の編集エフェクト「GoPro FX Reframe」】Adobe Premiere Pro【単一背景色を透明にするエフェクト「クロマキー合成(Ultra key)」】Adobe Premiere Pro【レンズの歪みを補正するエフェクト「レンズゆがみ補正(ディストーション)」】Adobe Premiere Pro【画像の不要な要素やゴミなどを他の場所の画像を使って消したりするエフェクト「トランスフォーム(ディストーション)」】Adobe Premiere Pro【ワイプ(小窓)を作るエフェクト「トラックマット(キーイング)」】
SNS投稿
SNS投稿【YouTube編】SNS投稿【Instagram編】
デザインアプリ
【Illustrator】- カラー設定「RGB」「CMYK」の決め方【Illustrator】- 縦書き文字を左から右に流す方法【Illustrator】- 編集画面外側背景カラーを変更する方法【Illustrator】- 「メッシュ」を解除する方法【Illustrator】- 選択したオブジェクトを「拡大・縮小」できなくなった時の解決方法【Illustrator】- キーボードで上下左右にオブジェクトの移動ができなくなった時の解決方法
画像素材
デザイン素材【画像素材を販売する方法編】デザイン素材【画像素材販売 売れるタイトルの付け方編】
音楽素材
デザイン素材【音楽素材を入手する方法編】





Adobe Premiere Pro【エフェクト編】



動画編集で必ず行うのが「手ブレ補正」。
動かない固定された場所での撮影でも、何かの衝撃で、画像がぶれることは頻繁にある。
なので、「手ブレ補正」は、毎回の作業の1つのようになっています。

最近は、カメラの「手振れ補正機能」が凄くて、手振れのない動画が撮影できるようにもなってきています。
ですが、わずかな「手ブレ補正」には必ず必要になってくる処理です。

「Adobe PremierePro」には、便利なエフェクト機能「ワープスタビライザー」で手ブレを強力に補正できるようになっています。
頻繁に使用するエフェクトなので、覚えておくと凄く便利です。



INDEX


手振れ補正

手振れを補正する方法【ワープスタビライザー編】
単一背景色を透明にする「クロマキー合成」【Ultra key】


Adobe Premiere Pro

手振補正「ワープスタビライザー」

画質補正「Lumetri カラー」

GoPro用の編集エフェクト「GoPro FX Reframe」


■ レンズゆがみ補正(ディストーション) - レンズの歪みを補正するエフェクト
■ トランスフォーム(ディストーション) - 画像の不要な要素やゴミなどを他の場所の画像を使って消したりするエフェクト
■ トラックマット(キーイング) - ワイプ(小窓)を作る




手振れを補正する方法【ワープスタビライザー編】


「Adobe PremierePro」で動画編集するのに、必ずとお世話になるのが、手振れ補正エフェクトの「ワープスタビライザー」。
動画撮影をすると、必ずセットになっているのが「手振れ」。三脚を立てて丁寧に撮影しても、ちょっとしった「手ブレ」が入ってしまう。
そんなときに役立つのが、Adobe PremierePro「ワープスタビライザー」です。
動画を選択して、「ワープスタビライザー」を選択して分析・適用をするだけで、時間はかかるが、自動的に編集してくれる。

「エフェクト」→「ビデオエフェクト」→「ディストーション」→「ワープスタビライザー」




Back



単一背景色を透明にする「クロマキー合成」【Ultra key】


「クロマキー合成」とは、
単一の背景色にして撮影した被写体を切り抜いて合成する合成手法で、
「キーイング」という画像や動画の一部を切り抜く技術の一種。

「Adobe Premire Pro」のエフェクト「Ultra key」は、
単一背景色を透明にして、被写体を切り抜くためのエフェクト。


「Ultra key」エフェクトの場所

「ビデオエフェクト」→「キーイング」→「Ultra key」


操作方法は簡単で、
「エフェクトコントロール」にある「Ultra key」の調整項目「キーカラー」を選択して、
「スポイトアイコン」を使って、背景色を指定するだけ。
グリーンスクリーンや、ブルースクリーンが良く使われていますが、
その他の色でも指定可能。
背景色は、被写体の色合いにも影響するので、撮影内容によって背景色は決定。


Back



手振補正「ワープスタビライザー」


動画編集するのに、必ずとお世話になるのが、手振れ補正エフェクトの「ワープスタビライザー」。
動画撮影をすると、必ずセットになっているのが「手振れ」。三脚を立てて丁寧に撮影しても、ちょっとしった「手ブレ」が入ってしまう。
そんなときに役立つのが、Adobe PremierePro「ワープスタビライザー」です。
動画を選択して、「ワープスタビライザー」を選択して分析・適用をするだけで、時間はかかるが、自動的に編集してくれる。


Adobe対応ソフト

■ Premiere Pro
■ After Affects



「ワープスタビライザー」の場所

「エフェクト」→「ビデオエフェクト」→「ディストーション」→「ワープスタビライザー」



Back



画質補正「Lumetri カラー」編】


「露出」「彩度」「色相」「輝度」「コントラスト」など、画像に関する調整が「数値」「トーンカーブ」などを利用して調整できる。
写真などの編集をしたことのある人にはわかりやすいエフェクト。
画像が暗かったり、明るかったり、明暗がはっきりしすぎたりしなかったり、色味が弱かったりした時など、 画像の調整をするのに使えます。



Back



GoPro用の編集エフェクト「GoPro FX Reframe」


アクションカメラ「GoPro MAX」の360度映像を編集するためのエフェクト。
360度カメラで撮影した画像は、 2つのカメラで撮影された映像を専用の現像ソフトで、 横長の平面画像に現像される。
その映像を「GoPro FX Reframe」で、編集して動きのある映像にすることができる。


Adobe対応ソフト

■ Premiere Pro
■ After Affects


「GoPro FX Reframe」のインストール

「GoPro FX Reframe」は、GoProのOfficialHPで「インストーラー」をダウンロードできる。
ダウンロード後に、「インストーラー」を実行する。
インストールが完了した後、ソフトを起動すると「Premiere Pro」「After Affects」共に、 エフェクトの一覧に、「GoPro FX Reframe」の文字が表示される。



Back