Design
写真撮影・編集
写真撮影設定 - 「シャッタースピード」の決め方 写真撮影設定 - 「絞り」の決め方 写真撮影設定 - 「ISO」の決め方 写真編集 - デジタル現像には必須の写真編集ソフト 【Photoshop】 - 解像度を維持したまま画像を書き出す方法
動画撮影・編集
動画撮影【フリッカー対策】 動画編集【基礎知識編】
動画編集アプリ【Adobe】
Adobe Premiere Pro【エフェクト編】 Adobe After Affects【エフェクト編】
動画投稿
Social Network【YouTube編】 Social Network【Instagram編】
撮影ツール
撮影ツール【手ブレ補正編】 撮影ツール【映り込み防止編】 カメラ周辺機器【メディア SDカード編】
アクションカメラ
アクションカメラ【人気・プロ 仕様編】 アクションカメラ【お手頃編】 アクションカメラ【360度カメラ編】
GoPro
GoPro MAX【手動アップデート編】 GoPro【アクセサリー編】 GoPro【アクセサリー 水中撮影編】
ジンバルカメラ
撮影機材【ジンバルカメラ 「FIMI PALM」編】
デザイン素材
画像素材
デザイン素材【画像素材を販売する方法編】 デザイン素材【画像素材販売 売れるタイトルの付け方編】
音楽素材
デザイン素材【音楽素材を入手する方法編】









カメラ周辺機器【メディア SDカード編】






INDEX




SDカードの規格


SDカードのサイズ規格は、
・「SDカード」サイズ規格
・MicroSDカード」サイズ規格
がある。


SDカードの性能を見分ける規格表示は、 ・転送速度(読み取り・書き込み) = ○○MB/s
・UHSスピードクラス = コップの中にある数字で、「UHSスピードクラス1」「UHSスピードクラス3」がある。
・スピードクラス = 「CLASS 2」「CLASS 4」「CLASS 6」「CLASS 10」
・バスインターフェーススピード = 「ノーマルスピード」「ハイスピード」「I」「II」「III」
・ビデオスピードクラス = 「V6(6MB/秒)」「V10(10MB/秒)」「V30(30MB/秒)」「V60(60MB/秒)」「V90(90MB/秒)」
・容量 = ○○GB
などがある。


写真は、「書き込み速度」が重要。
動画は、「書き込み速度」も重要だが、「UHSスピードクラス」「スピードクラス」など、全体の性能が重要。
フルHD動画を撮るなら、CLASS 10以上が必須。


「SD」 = 0GB〜2GB
「SDHC」 = 4GB〜32GB
「SDXC」 = 64GB〜2TB


UHSスピードクラスは、SDアソシエーションで定められたUHSバスインターフェイス製品向けの速度規格で、 データ書き込みの最低保証速度を規程。SDカードと使用機器の両方がUHSスピードクラスに対応している必要がある。
・「UHSスピードクラス1」 = 10MB/秒
・「UHSスピードクラス3」 = 30MB/秒


スピードクラスは、SDアソシエーションで定められた速度規格で、データ書き込みの最低保証速度を規程。
・「CLASS 2」 = 2MB/秒
・「CLASS 4」 = 4MB/秒
・「CLASS 6」 = 6MB/秒
・「CLASS 10」 = 10MB/秒


バスインターフェーススピードは、新しく追加された「UHS(Ultra High Speedの略)モード」。 ・「ノーマルスピード」
・「ハイスピード」
・「UHS-I」 = 最高104MB/秒
・「UHS-II」 = 最大312MB/秒
・「UHS-III」 = 最大624MB/秒

スピードクラス「10」=「ハイスピードモード」以上
UHSスピードクラス「U1」「U3」=「UHS-I(SDR50/DDR50)」以上
ビデオスピードクラス「V60」「V90」=「UHS-II」以上


ビデオスピードクラスは、スピードクラスやUHSスピードクラスと同様に最低速度を保証する規格で、4K8Kなどの高画質・高品質映像記録の要求に応える規格として策定され、「3D NAND」などの次世代フラッシュメモリーにも対応。データ書き込みの最低保証速度を示している。
・「V6」 = 6MB/秒
・「V10」 = 10MB/秒
・「V30」 = 30MB/秒
・「V60」 = 60MB/秒
・「V90」 = 90MB/秒


アプリケーションパフォーマンスクラスは、スマートフォンアプリ向けの規格で、スマートフォンアプリなどを利用するのに必要ような「ランダム読込/書込の最低処理速度」「シーケンシャル最低処理速度」が定められた規格。
・「A1」=「ランダムリード最低処理速度 1500IOPS」「ランダムライト最低処理速度 500IOPS」「シーケンシャル最低処理速度 10MB/sec」
・「A2」=「ランダムリード最低処理速度 4000 IOPS」「ランダムライト最低処理速度 2000 IOPS」「シーケンシャル最低処理速度 10MB/sec」



Back