Design
写真撮影・編集
写真撮影設定 - 「シャッタースピード」の決め方写真撮影設定 - 「絞り」の決め方写真撮影設定 - 「ISO」の決め方写真編集 - デジタル現像には必須の写真編集ソフト【Photoshop】 - 解像度を維持したまま画像を書き出す方法【Photoshop】 - 編集画面の背景を変更する方法
動画撮影・編集
動画撮影【フリッカー対策】動画編集【基礎知識編】
動画編集アプリ【Adobe】
Adobe Premiere Pro【エフェクト編】Adobe After Affects【エフェクト編】
動画投稿
Social Network【YouTube編】Social Network【Instagram編】
撮影ツール
撮影ツール【手ブレ補正編】撮影ツール【映り込み防止編】カメラ周辺機器【メディア SDカード編】
アクションカメラ
アクションカメラ【人気・プロ 仕様編】アクションカメラ【お手頃編】アクションカメラ【360度カメラ編】
GoPro
GoPro MAX【手動アップデート編】GoPro【アクセサリー編】GoPro【アクセサリー 水中撮影編】
ジンバルカメラ
撮影機材【ジンバルカメラ 「FIMI PALM」編】
デザイン素材
【Illustrator】- カラー設定「RGB」「CMYK」の決め方【Illustrator】- 縦書き文字を左から右に流す方法【Illustrator】- 編集画面外側背景カラーを変更する方法
画像素材
デザイン素材【画像素材を販売する方法編】デザイン素材【画像素材販売 売れるタイトルの付け方編】
音楽素材
デザイン素材【音楽素材を入手する方法編】









GoPro【アクセサリー 水中撮影編】



「GoPro」のアクションカメラは、最新モデルの場合は、基本的に防水。
水深10mほどの深さまでの防水設計がされているので、プールぐらいであれば、 防水ケースがなくても、そのまま水中撮影ができてしまう。
水深10m以上の深さでは、防水ケースなどの防水対策が必須になる。
個人的には、水関連の場合は、水深10m以内でも、防水ケースを着用するようにはしている。
安心して撮影できるスタイルがベスト。

使用して良かったり、必要なもの、購入したいものをまとめてみました。



INDEX




防水ケース(ハウジング)


防水ケースは、ケースの品質によって、限界深度が異なるので注意が必要。
ダイビングをする人は、潜水する深度に注意。
通常のケースは、深度40mほどが一般的で、限界深度が深いほど、防水ケースも高価になる。


用途によっては、特徴的な防水ケースもある。
サーフィンなどの撮影などに便利そうな形。


Back



フロートグリップ

アクションカメラを水中で使用する場合に必須な「フロートグリップ」。
もし、水深の深い所や、視界が悪い水中で、アクションカメラを落としたら、 沈んでしまって見つけることができなくなります。
なので、身に着けるか、「フロートグリップ」の付けるかのどちらかの対策が必要です。

サーフィンなどを海中から撮影する時など、フロートグリップを使用することが多い。
手首につけるストラップが、結構便利。


Back



マウスピースマウント


サーフィンなどをしながらの撮影に使える「マウスピースマウント」。
1番のメリットは、両手が使えること。
首にかけるセーフティコードもあるので、口から落ちても失くならないので、凄く便利。

サーフィン以外の両手を比較的使うスポーツ・状況で使えるアイテムです。


Back



ダイビングマスク


「シュノーケリング」や「ダイビング」の時に便利なアイテム。
おでこの所に「GoPro」を取り付けるマウントが着いているので、両手が使えて便利。
一つ難点なのが、撮影された映像をリアルタイムでチェックができない所。
一度取り付けて、録画ボタンを押したら、角度がずれたり、録画が自動停止しても気づけないが、 「スマートリモート」を腕に装着しておけば、録画等のコントロールは「スマートリモコン」で操作ができる。



最近では、フルフェイスの「ダイビングマスク」も発売されていて、 使用したことはないが、視野が凄く開てそうで楽しそうなマスク。
同じくおでこ部分に、「GoPro」を取り付けるマウントが付いているものも販売されていました。


Back



アームマウント


腕につけて、両手の自由を確保できるのマウントアイテム。
視認性も良いので、操作がしやすい。
別売りのマウント併用すれば、取り外しを簡単にできるので、 カメラの離脱着もできるようにできる。
カメラの向きを360度変えられるタイプもある。

マジックテープでの固定なので、定点撮影時に、 様々な所に固定がしやすいのも魅力なマウント。


Back



Accessories Link


水中撮影ツール



Back



Gallery