Design
写真撮影・編集
写真撮影設定 - 「シャッタースピード」の決め方 写真撮影設定 - 「絞り」の決め方 写真撮影設定 - 「ISO」の決め方 写真編集 - デジタル現像には必須の写真編集ソフト 【Photoshop】 - 解像度を維持したまま画像を書き出す方法
動画撮影・編集
動画撮影【フリッカー対策】 動画編集【基礎知識編】
動画編集アプリ【Adobe】
Adobe Premiere Pro【エフェクト編】 Adobe After Affects【エフェクト編】
動画投稿
Social Network【YouTube編】 Social Network【Instagram編】
撮影ツール
撮影ツール【手ブレ補正編】 撮影ツール【映り込み防止編】 カメラ周辺機器【メディア SDカード編】
アクションカメラ
アクションカメラ【人気・プロ 仕様編】 アクションカメラ【お手頃編】 アクションカメラ【360度カメラ編】
GoPro
GoPro MAX【手動アップデート編】 GoPro【アクセサリー編】 GoPro【アクセサリー 水中撮影編】
ジンバルカメラ
撮影機材【ジンバルカメラ 「FIMI PALM」編】
デザイン素材
画像素材
デザイン素材【画像素材を販売する方法編】 デザイン素材【画像素材販売 売れるタイトルの付け方編】
音楽素材
デザイン素材【音楽素材を入手する方法編】









GoPro アクセサリー






INDEX


保護ツール

レンズカバー
保護フレーム

撮影ツール

エクステンションポール
ミニ三脚

ウェラブルツール

ネックレス式マウント
アームマウント
■クリップマウント

ドライブツール

サクションカップ(吸盤)


Accessories Link
Gallery




レンズカバー


写真は、「GoPro MAX」のレンズカバーだが、 レンズが傷つかないようにしておくのは、1番大切。
レンズが汚れたり、傷がつくと、何を撮影しても、どうしようもなくなってしまう。
もともと傷つきにくいようにできているが、それでも大切しておきたい。
GoProの中でも「GoPro MAX」は、前後にレンズがついているので、 どうしても傷つきやすいため、レンズカバーは必須かもしれない。


Back



保護フレーム


ハードに使うなら必須の「保護フレーム」。
アクションカメラを保護するために、フレームが太く補強されていて、 見た目のゴツさがアップしますが、激しい衝撃からも守ってくれそうです。


Back



エクステンションポール


あると便利な「エクステンションポール」。
「自撮り棒」「伸縮棒」「延長ポール」「セルカ棒」などと呼ばれることもあります。
アクションカメラの性能が上がって、「エクステンションポール」を使うと、 楽しい映像が多く撮影できるようになりました。
広角レンズと高画素数になったことで、視野の広い映像が気軽に撮影できるので、 「エクステンションポール」で高い位置にアクションカメラをあげるだけで、 今まで以上の映像が撮影できます。
360度映像やパノラマ映像も楽しむのに必須の「エクステンションポール」です。


「エクステンションポール」は、色々な種類があるので、
使用目的にあった、「長さ」「伸縮性」「防水性」などを考慮して、選ぶと良いです。


Back



ミニ三脚



小型のミニ三脚は、アクションカメラでは、なかなか便利なツール。
卓上に置いて撮影するときなどにも使えます。

ミニ三脚には、色々な種類があって、折りたたみ式のものは、ハンディグリップとしても使えるミニ三脚が多いです。
自由自在に、足を曲げることができるタイプもあり、色々な場所に足を絡めて撮影することもできます。


Back



ネックレス式マウント


ネックレス式のマウントで、両手が開くので、スポーツや作業時の撮影に使える撮影ツール。
首部分が開くようになっているので、ストラップとしても利用しやすい。
落ちやすくもあるので、首部分に固定するオプションも売っている。

トレッキング・山登りなどに使いやすい。


Back



アームマウント


色々な用途に使える便利なマウント。
棒状のものに固定するのにも使えるし、
腕に着けてスポーツ中の撮影にも便利。
工夫しての定点撮影に便利な必須マウント。


Back



クリップマウント


帽子やバックパックに簡単に取り付けられる「クリップマウント」。
定点撮影、ドライブ動画などにも役立つことが多いマウント。
持っていると、役立つことがあるマウントの一つ。


Back



サクションカップ(吸盤)


ドライブ動画の必須アイテム。
ガラス部分などに、吸盤を使って固定できる便利なアイテム。
弱点があって、ザラザラした面などでは、吸盤が密着できなので、張り付かないケースがあるので注意。


Back



Accessories Link




Gallery