Design
写真撮影・編集
写真撮影設定 - 「シャッタースピード」の決め方写真撮影設定 - 「絞り」の決め方写真撮影設定 - 「ISO」の決め方写真編集 - デジタル現像には必須の写真編集ソフト【Photoshop】 - 解像度を維持したまま画像を書き出す方法【Photoshop】 - 編集画面の背景を変更する方法
動画撮影・編集
動画撮影【フリッカー対策】動画編集【基礎知識編】
動画編集アプリ【Adobe】
Adobe Premiere Pro【エフェクト編】Adobe After Affects【エフェクト編】
動画投稿
Social Network【YouTube編】Social Network【Instagram編】
撮影ツール
撮影ツール【手ブレ補正編】撮影ツール【映り込み防止編】カメラ周辺機器【メディア SDカード編】
アクションカメラ
アクションカメラ【人気・プロ 仕様編】アクションカメラ【お手頃編】アクションカメラ【360度カメラ編】
GoPro
GoPro MAX【手動アップデート編】GoPro【アクセサリー編】GoPro【アクセサリー 水中撮影編】
ジンバルカメラ
撮影機材【ジンバルカメラ 「FIMI PALM」編】
デザイン素材
【Illustrator】- カラー設定「RGB」「CMYK」の決め方【Illustrator】- 縦書き文字を左から右に流す方法【Illustrator】- 編集画面外側背景カラーを変更する方法
画像素材
デザイン素材【画像素材を販売する方法編】デザイン素材【画像素材販売 売れるタイトルの付け方編】
音楽素材
デザイン素材【音楽素材を入手する方法編】









【Photoshop】 - 解像度を維持したまま画像を書き出す方法



「Photoshop」で、
画像を書き出す時に、
Web用の書き出し方法では、
「jpg」だと自動的に「72dpi」にされます。


「DPI」をそのままに画像を書き出すには、
「別名で保存」で保存する。
保存時に、拡張子を「JPG」「PNG」などにすることで、
「DPI」をそのままに書き出すことができる。


解像度を維持する書き出し方法


画像の解像度のまま書き出すには、
「別名で保存」をすることで画像を書き出すことができます。

「ファイル」→「別名で保存」→「拡張子を指定」→「保存」

拡張子も色々と選択できるので、
色々なファイル形式で保存が可能です。



Top


「DPI」の確認方法


「Photoshop」で画像の解像度確認するには、
解像度を変更したり、画像のサイズを変更することも可能な、

「イメージ」→「画像解像度」→「解像度(pixel/inch)」

で確認できます。



Top


Web用の書き出し方法


Web用の書き出しは、
解像度を自動的に、
「Web」に最適な解像度に変換して、
「書き出し」保存をしてくれます。

「ファイル」→「書き出し」メニューの中にある方法

全てWeb用の書き出し方法なので、
自動的に「DPI」は、「72dpi(JPG)」に自動的に変換される。



Top