RenojiStock IT Design 旅メモ DIY Diary AboutUs
DIY
Topics
ネジ頭の溝が削れてしまった時の対処法 ノコギリの切断面を綺麗にする方法
素材
DIY素材【木材編】 DIY素材【木材 ベニヤ・合板・コンパネの違い編】 DIY素材【木材 仕上げ塗料編】 DIY素材【金属 シルバー編】 DIY素材【金属 真鍮編】 DIY素材【プラスチック編】
洗濯&掃除
過去のTopics【洗濯&掃除編】
Gardening
過去のTopics【ガーデニング編】
CarLife
過去のTopics【CarLife編】









DIY素材【木材 仕上げ塗料編】



陶磁器や木などで作られる製品は、
使い勝手をよくするためや、見た目を美しくするために、
素材にあった仕上げの表面加工をして完成させる。

食器などの場合は、主に「食品衛生法適合商品」の塗料を利用する必要がある。
基本的に、全て「食品衛生法適合商品」を利用しているのが無難。
室内や食器類など、肌に触れるものは注意が必要。


仕上げの表面加工によって、使い勝手や見た印象がかなり異なる。
木製製品の表面加工の仕上げ方法は、

・無塗装=木材のそのままの質感
・ガラス塗装=無塗装に近い状態を保ちつつ、汚れがつきにくい
・ウレタン塗装=樹脂でコーティングするのでお手入れが簡単だが使い捨てに
・ワックス(オイル・ミツロウ仕上げ)=汚れの染み込みと感想を防ぐ
・漆塗り=木材の質感はなくなるが、丈夫になり漆の綺麗な質感に
・アクリル塗装


食品衛生法適合商品の塗料

ワックス


着色・ステイン(水性塗料)


ニス(水性塗料)


ニス(油性塗料)






無塗装

何も塗装を施していない木の質感そのままの状態。

木材の持つ「調湿効果」や、杉や檜が持つ「抗菌作用」などを活かす場合に利用される仕上げ。
木材が持つ特性・力が、十分に活かされる。
香りも楽しめる仕上げの方法。
使い込んでいく過程で、木材の表情の変化が楽しめる。


無塗装の短所は、
・乾燥に弱い
・色や匂いが付きやすい
・中性洗剤を利用しない方が良い
などがある。
使用する前に、一度に付けると汚れや臭いが付きにくくなる。

抗菌作用のある木材は、
・檜
・杉
などがある。

ガラス塗装

ガラス塗料は、ガラスを常温で液体にしたものを木に染み込ませ、木を強化し汚れや傷を付きにくくする仕上げ。
見た目は、「無塗装」と変わらず。
表面をコーティングする塗装ではないので、「調湿効果」や「香り」なども楽しめる。
塗装が剥げることもなく、近年注目されている塗装。

その反面、食品の色移りや、傷がつくことはある。
取り扱いには注意が必要。
中性洗剤の使用は可能。


ワックス(オイル・ミツロウ仕上げ)

ワックスは、表面に「油分」を塗りコーティングすることで、
木の乾燥を防ぎ、反りなどを起こしにくくし、
汚れを染み込ませないようにするもの。
表面を完全にコーティングする塗装ではないので、
「調湿効果」などの木の特徴は活かされる。
中性洗剤は、使用可能。
使用すると徐々に効果が落ちてくるので、
定期的に塗り直しが必要。
食用油なので、1番安心できる塗料。
ウレタン塗料に比べると「耐久性」が落ちる。

使われる油分は、
・クルミ油
・アマニオイル
・エゴマ油
・オリーブオイル
・ミツロウ
などがある。
「乾性油」は、「クルミ」「エゴマ」などがあり、
塗った後に、乾きが早いのが特徴。
木材に深く染み込み、しっとりとした色合いになる。

「ミツロウ」は、木材の表面をコーティングし、サラッとした仕上がりになる。


ワックスの使用方法は、ウエスにつけて木に刷り込むだけ。
自然由来成分の油は、独自の臭いは数日で消える。
注意が必要なのは、使用した油が染み込んだウエスは、放置すると発火する可能性があるので注意。
定期的な塗り直しが必要。


蜜蝋ワックスには、食器にも使えるタイプもある。
だが、明確に「食品衛生法適合商品」という表記ないので、食器などに直接使う場合は注意。
木製の食器などには、食用で使われる油「オリーブオイル」などを使うのが無難。


ウレタン塗装

食用の食器などにも使える、透明樹脂で全体をコーティングする塗装。
塗装によってツヤが出るのが特徴。
表面からの色移りなどの染み込みを防げ、耐水性もある。
「色」「におい」移りの心配も少なく、お手入れも簡単

短所もあって、
使用していると塗装が薄くなり、裂け目ができると効果は薄れるが、
ウレタン塗装は、塗り直しが難しい。
消耗品の使い捨てにするのが無難。
長時間、水に浸すのはNG。

完全にコーティングしてしまうため、木材の「調湿効果」などはなくなる。
塗装直後は、ウレタン塗装特有の臭いがあるため、
風通しのいい場所で数日間置いておくと落ち着く。


ウレタンには種類があり、「塗膜を張るタイプ」と「浸透性のタイプ」 の2つがある。
「塗膜を張るタイプ」 のウレタンは、木の表面に硬い塗膜を張り、耐久・耐水性を加える。
表面は、「ツルツル」で撥水性も高く、光も反射してキラキラする。
木材と言うより「プラスチック」の質感に近い仕上がりになる。
食品衛生法をクリアした耐久性のあるウレタン塗料もある。
塗装後に手入れすることもないので便利。

「浸透性のタイプ」 のウレタンは、木に浸透し、木材の「耐久・耐水性」をアップさせる。
仕上がりは、薄らと塗膜が残るが、木の質感をあまり損なわない塗料。
何度も塗り重ねると、表面に塗膜を作ることができる。


漆塗り

伝統的な自然塗料である「漆(うるし)」の樹液でコーティングする塗装。
「漆」は、「耐水性」に加え、「耐酸・耐アルカリ性」にも優れる。
「抗菌作用」もあり、食材の腐敗を防ぐ。
昔から食用の重箱やお弁当箱などに使われてきた。
「色・におい移り」の心配も無い。
ご飯をよそった時の「米離れ」も良いので実用的。

漆塗りは、木材の質感は感じなくなるまで重ね塗りをするので、漆の器になる。
「漆」の光沢は、ほかの仕上げにはない独特の美しさ。
中性洗剤の使用が可能で、お手入れも簡単。


ラッカー塗料

ラッカー塗料は、木の表面に塗膜を張って水や汚れを弾く塗装だが、
ウレタン塗料より耐久性がなく、熱に弱い。
衝撃や擦れで塗膜が剥げてしまう。
ラッカー塗装後に、ニスなどでコーティングすると耐久性が補える。


ステイン(着色)(水性・油性)

ステインは、着色を目的とした塗料。
ニスのようなコーティング材ではないので、保護機能は低い。
ステインで着色して、ニスでコーティングするのも一般的。
水性と油性では、着色の雰囲気が異なる。
しっとりとした雰囲気は「油性」。
カラッと着色は、「水性」。
あとは、水で洗えるのが「水性」だが、「油性」は専用液で洗わないと落ちないので、後片付けが面倒。
ステインは、着色剤は定番の茶色系が多いが、パステルカラーもあるので、華やかな色も選択できる。
ステインだけでは、色落ちはする。
長い年月では塗り直しも必要になる。
ニスでコーティングすると色落ちも防げる。



樹脂の種類

樹脂耐久性;
アルキド樹脂 耐久性:1〜2年
アクリル樹脂 耐久性:2〜3年
ウレタン樹脂 耐久性:3〜4年
シリコン樹脂(アクリルシリコン樹脂) 耐久性:4〜5年